Rational Software Development User Conference 2004 Report

米国時間7月19日からテキサス州グレープバインで「Rational Software Development User Conference 2004」が開催する。IBMとの統合を終え、今まさにEclipseとの緊密な関係を築こうとするRatinal製品から、Javaの複雑さに対するひとつの解決策が示される。
新着記事
icon

データベースは医師の心を持つか? IBMの新たなセキュリティ対策の試み

IBMのアルマデン研究所では、ラケシュ・アグラワル氏を中心として、データベースに格納される情報にいわゆるウォーターマークに近いものを付加しようと研究を進めている。IBMの最先端の技術を追った。


icon

財宝は見つけることができるか? WebFountainの深淵を覗く

IBMのアルマデン研究所では、WebFountainと世ばれる次世代の検索技術の開発が行われている。Web上の構造化されていないデータからトレンドをつかむことができる同技術は、主に企業からその登場が熱望されている。


IBMアルマデン研究所、その扉の奥に隠された英知


「スタンダードを教育し、素地を作るのが狙い」IBM、教育機関向けの新プログラムを発表

米IBMは7月20日、教育機関に有償・無償の支援を提供する新プログラム「IBM Academic Initiative」を発表した。オンデマンドスキルを持った学生を教育していくのが狙いとなる。


icon

「2020年にはソフトに完全に依存した生活に」とブーチ氏、基調講演で

将来的な開発現場では、プログラムを知らない人も交えた開発スタイルとなる――ブーチ氏はこう語り、これまでのIBMの歩んだ道のりと、今後のソフト開発の重要性を説いた。


IBM、学生のオープン技術習得支援プログラム


IBM、「Lotus Workplace」用アドオン開発ツールの詳細を発表

米IBMのRational部門は、「Lotus Workplace」向けのアドオン製品市場を創出すべく、Lotus Workplaceと連動するアプリケーションを構築するためのプログラミングツールを開発している。


ソフトウェア開発でLinuxをサポートするメリットとは

テキサス州グレープバインで開催中の「Rational Software Development User Conference 2004」、プレス向けのグループインタビューでIBM Software Development Platform上でLinuxをサポートする意義を聞いた。


icon

Rational Software Development Users Conference開催、Eclipseをベースとしたコード統合が進む

テキサス州グレープバインで米国時間7月19日、「Rational Software Development User Conference 2004」が開幕。オープンスタンダードに準拠した開発ツールのプレビューが紹介された。


Eclipseでデスクトップを狙うIBM

米IBMは、テキサス州で開催されている「Rational Software Development Users Conference」において、Javaベースのソフトウェア開発ツールの強化をはじめいくつかの新発表を行った。


IBMほか各社、ソフトインストール時の設定容易化を目指す標準案をW3Cに提出

米IBMや米Novellなどが参加するグループが、企業ネットワークにアプリケーションをインストールする際の標準企画案をW3Cに提出した。




Special

- PR -

Special

- PR -