space
2001年10月17日更新-
space
セキュリティ:常時接続
第5回:「クッキーでホームページ訪問者は管理されている?」
-
インターネットで利用されている仕組みとして,クッキーはもはや必要不可欠のものになりつつある。しかし,クッキーを経由して,自分のプライバシーが漏れてしまったり,悪用される危険性はないのだろうか。今回はクッキーについて考えてみよう
space
space
space

 普段なにげなく閲覧しているホームページで,「ようこそ!あなたは3回目の訪問ですね」と,自分が何回そのホームページにアクセスしたか表示されたり,ショッピングサイトやオークションサイトなどで,自分のユーザーーIDを入力しなくても自動的に表示されていることがあるだろう。しかし,そのホームページを閲覧していないパソコン(たとえばインターネットカフェなどから)で同じホームページを見ても,自分がいつも入力している数字やIDを表示してくれるわけではない。

 これはそのホームページを閲覧した際に作成される「クッキー」というファイルを利用して,そのユーザーが何回訪問したか,またそのユーザーのIDは何かなどを表示させているわけだ。

OnePoint !!
クッキーを参照する
クッキーファイルはOSとブラウザ別に,以下のディレクトリなどに保存されている。

Windows
-

・Internet Explorer
Windows98の場合
photo
C:Windows:Cookies
Windows2000/XPの場合
photo
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Cookies
・Netscape6.1
photo 「編集」→「設定」→「プライバシーとセキュリティ」→「Cookie」

Macintosh
-
・Internet Explorer ・Netscape6.1
photo
「編集」→「初期設定」→「Cookie」
photo
「編集」→「設定」→「プライバシーとセキュリティ」→「Cookie」

space 1/5 NEXT


Special

- PR -

Special

- PR -