Windows How-To
Windows How-Toでは,マイクロソフトのWindowsファミリーであるWindows 98/98SE/Me/2000を対象として,それぞれの活用方法を紹介していく。また「Windows Developer How-To」では,管理者,開発者を対象とした記事を紹介している

▼WindowsXP  
全1回:「WindowsXPのファイアウォール機能を検証する」
ついに次期OSである「WindowsXP」が発売された。カーネルがWindows2000ベースのものになるなど,ひさびさのメジャーバージョンアップであるが,OSに「ファイアウォール機能」を搭載したことも注目に値する。WindowsXPのファイアウォール機能は果たして十分に効果のあるものなのだろうか
(2001年9月12日更新)
WindowsXP/2000Tips
Windows2000/XPに関するTipsを紹介(by Windows Tips
ページトップへ

▼連載  
全11回:Windows 2000時代のDNS展開作法
本連載では,DNSの技術解説と実際の設定方法について詳しく解説してゆく。読者諸氏がWindows 2000をスムーズに導入するための指針になれば幸いである。
(2000年4月12日更新)
全8回:Windows 2000ビジネスアプリケーション構築ガイド
この連載では,Visual Basicのユーザーを対象に,Windows 2000で搭載されたCOM+1.0を使って,どのようにして堅牢なクライアント/サーバーアプリケーション(n階層アプリケーション)を構築すればよいのかについて説明する
(2000年10月19日更新)
全2回:NTドメインからActive Directoryドメインへの移行〜概要編〜
最終的にNTドメインをActive Directoryドメインに移行させてゆくことは,おそらく間違いない。そのタイミングが,早いか,遅いかの違いだけである。そこで今回から数回にわたって,NTドメインからActive Directoryドメインへの移行について解説してゆく
(2000年8月29日更新)
全3回:新規導入!Active Directoryドメインへの最短街道
本稿では,一刻も早くActive Directoryドメインを構築し,評価・検証し,実環境に導入したいというユーザーのために,Windows 2000 Serverをインストールしたあと,Active Directoryを新規導入する方法について詳説する
(2000年8月29日更新)
全1回:NTドメインとワークグループでここまでできる
本稿では,「Windows 2000 ServerまたはWindows 2000 Professionalを既存のWindows NTドメインに参加させ,Windows 2000の新機能を活用する方法」について,具体例を挙げて紹介する
(2000年8月29日更新)
全2回:検証値に基づくActive Directoryドメインの設計
今回は,MicrosoftがBeta版で検証したデータを元に「Active Directoryのディレクトリ容量の見積もり」、「Active Directoryの複製トラフィックの分析から見たドメインコントローラの配置」といった点からActive Directoryドメインの設計指針を示す
(2000年8月29日更新)
全7回:真・ディレクトリサービス入門
ディレクトリサービスに対する注目が集まっている。マイクロソフトがWindows 2000に新しいディレクトリサービスとしてActive Directoryを搭載していることも理由の1つだが,それだけではない。なぜ,いまディレクトリサービスなのだろうか―
(2000年8月29日更新)
ページトップへ


▼レビュー  
Windows 2000 Server
本稿では,Windows 2000 Serverの機能概要を紹介したあと,RC2に基づいて主要な機能の利用方法についても紹介する
(2000年8月29日更新)
Windows 2000 Professional
ここでは,Windows 2000 Professional 日本語版 RC2(ビルド2128)をもとに,個人ユースを前提として,主な特徴や注意点などを取り上げることにする
(2000年8月29日更新)
ページトップへ
この記事についてのご感想 【必須】
役に立った 一部だが役に立った 役に立たなかった
コメント


Special

- PR -

Special

- PR -