Special
» 2015年03月24日 10時00分 UPDATE

ダイソン「DC74」モニターお宅訪問<第4回>:腰の弱い人にはスティック型がオススメ!――忙しい主婦を助ける「ダイソン フラフィ」のパワー (1/2)

育ち盛りの子どもたちがいて、ペットも飼っているとなればお母さんの苦労は並大抵のものではない。さらに腰痛の不安を抱えていたら、掃除機選びも慎重になるというものだ。今回ご紹介するのは、ダイソンのコードレス掃除機「DC74」に毎日の家事を助けられているという主婦の豊田亜津子さん。

[PR/ITmedia]
PR

 掃除というのは日頃からこまめにしておかないと、色々なところにごみがどんどん溜まってしまうもの。育ち盛りの子どもたちがいて、ペットも飼っているとなればお母さんの苦労は並大抵のものではない。さらに腰痛の不安を抱えていたら、掃除機選びも慎重になるというものだ。

 ダイソンの「Dyson fluffy」(ダイソン フラフィ、DC74)は、コードレスにもかかわらずパワフルで、しかもスティック型なので取り回しがラク。そんな利点にひかれて「DC74」に注目していたのが、今回ご紹介する主婦の豊田亜津子さんだ。以前からレビューなどをネットで読み、購入を検討していたところ、ちょうど今回のモニター募集告知を知り、すかさず申し込んだという。果たしてその感想はいかに?!

ts_07dysonmon01.jpg 神奈川県にお住まいの豊田亜津子さん

腰が不安な人にはスティック型が最適!

ts_07dysonmon11.jpg タキシードを着た紳士のようなロイ。抱いているのは息子さん(撮影は豊田さんご家族)

 亜津子さんは、夫の康男さん、長男の昇吾くん、次男の頼生くん、そして白と黒の部分がはっきりと分かれた通称“タキシードキャット”のロイ(2)と一緒に神奈川県内のマンションで暮らしている。高校生と小学生という育ち盛りの男子に加えて猫もいるという環境だが、普段は忙しくてなかなか隅々まで掃除できないという。「普段は見えるところだけを掃除するくらいですね」と亜津子さん。

 しかも亜津子さんは腰が良くないため、キャニスター型の掃除機を使うのはけっこう辛い。「いちいち押し入れから出してきて、コンセントを入れて、というのが面倒でしたが、「DC74」ならコンセントを探さなくていいのでとても楽です。コンセントを挿すために腰を屈める必要もないので、腰が不安な人にはスティック型ですね」と語る。

 実は、豊田家はキャニスター型のほかに国内メーカー製のスティック型クリーナーも所有しているが、その吸引力には不満を感じていた。「今までは、『スティック型だからこんなものだろう』と思ってましたけど、DC74は全然違いますね。カーペットとか、何回かけても次から次へとどんどんホコリが取れるんですよ。『ホコリが出なくなることってあるのかな?』と思うくらい」と「ダイソン デジタルモーター V6」が生み出す強力な吸引力に満足気。「この吸引力なら、今使っているコード式の掃除機は必要ないんじゃないか、と思うほどですね。十分メインとして使えると思います」(亜津子さん)。

ts_07dysonmon06.jpg 無理のない姿勢で掃除ができるのもダイソンのコードレスクリーナーのメリット。重量バランスのとれた設計は人間工学に基づいたもの。コンセントの抜き差しで腰をかがめる必要がないところも気に入っている

 さらにお話を聞いていくと、豊田家は猫を除く全員がアレルギー持ちということも分かった。とくに亜津子さんと長男の昇吾くんはハウスダスト由来のアレルギーで、ホコリには気を使うという。「掃除のときは必ずマスクをしています。ホコリはアレルギーの大敵ですから、取れた大量のホコリを見ると気持ちいいです。まだDC74が来て2週間ほどなのですが、これからアレルギー症状にも何か変化が出てくるとうれしいですね」と亜津子さんは期待している。

猫も納得? 意外と静かな稼動音

 「DC74」が来てから掃除の頻度も増した。「一度やりだすと、『あそこも、ここも』ってすごくやりたくなってしまうんですよ。子ども部屋なども念入りにやってますが、本当にDC74はよく取れます」と亜津子さん。

ts_07dysonmon07.jpg ソファーにはミニモーターヘッド

 本格的に掃除をし始めると止まらないというだけあって、ときには「DC74」のバッテリーが掃除の途中で切れてしまったこともあった。「DC74が来る前は見えない場所にごみが溜まっていましたが、DC74があれば気軽にあちこちを掃除するようになるので、バッテリーのことはあまり気にしていませんね。連続で20分は保つので、床の埃を取るとか、日常的な掃除には十分だと思います」と亜津子さんは語る。

 稼動音の大きさについても、「意外とうるさくない」とのこと。「猫が驚いて遠くに逃げてしまうかと思ったのですが、慣れてしまったみたいで、意外と逃げないですね。あと、夜に掃除をすることもけっこうあるのですが、今のところ周りから何か言われたこともありません」と亜津子さん。人間にも猫にも好評のようだ。

ts_07dysonmon10.jpgts_07dysonmon09.jpg ロイは「DC74」と、その梱包用段ボールに興味津々(撮影は豊田さんご家族)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ダイソン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia LifeStyle 編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日

関連リンク