Mobile:NEWS 2003年1月27日 02:48 PM 更新

200万画素カメラにFeliCaリーダ機能〜プレステージCLIE「PEG-NZ90」

ソニーは、200万画素カメラを内蔵、非接触ICカードの読み取り機能を備えたプレステージCLIE「PEG-NZ90」を発表した。2月8日から発売される

 ソニーは、200万画素カメラとSuicaやEdyの読み取り機能を搭載、Bluetoothを内蔵したプレステージCLIE「PEG-NZ90」(以下「NZ90」)を2月8日から発売する。価格はオープンプライスで、市場予想価格は8万円弱。

ビジネス向け機能を強化〜プレステージCLIE「NZ90」

 「NZ90」は、PXA250/200MHz、Palm OS 5を搭載したカメラ内蔵CLIE「PEG-NX70V」(10月2日の記事参照)の上位モデル。ハードウェア、ソフトウェア両面から機能の強化が図られている。


「PEG-NZ90」。ディスプレイは透過率が向上したバックライト付き半透過型TFT液晶を搭載。3月21日発売予定の「メモリースティックPro」(1月10日の記事参照)に対応している

 内蔵カメラは、「NX70V」の31万画素CMOSからフラッシュ付きの200万画素CCDになり、1600×1200ピクセル、1600×1072ピクセルなど7種類の解像度での静止画撮影に対応(動画は160×112ピクセル)。撮影した画像はCLIE用付属ソフト「Image Upload Utility」でインターネット上のアルバムサイト「ImageStation」にアップロードできる。新しくなったクレードルに搭載されたUSBポートやAVポートを使えば、インクジェットプリンタから直接プリントアウトしたり、テレビやプロジェクターに出力することも可能だ。


本体左側面にはカメラの撮影用ボタン、ヘッドフォン端子、リムーバブルバッテリースロット、ホールドボタン、電源ボタン、メモリーカードスロットが、右側面にはジョグダイヤル、バックボタン、ボイスレコードボタン、リセットボタンがある。スタイラスは液晶部分の横に、CFカードスロットは本体底面に搭載される。液晶を回転させたターンスタイルでの利用時にもアプリケーションボタンを使えるように、液晶上部(ターン時は下になる)にアプリケーションボタンが搭載された。シリアル部は背面のカメラの下にある

発売時の対応プリンタはエプソンのPM-730C/740C/830C/870C/890C/3700C

 キーボード下のエリアには、SuicaやEdyの残高を確認できるFelicaリーダ機能を搭載。近日中にはSuicaの利用履歴を表示させるソフトウェアも提供される予定だ。


Felicaリーダに、CLIEロゴにかからないようにSuicaやエディカードをかざすと、残高が表示される。対応する読み取りアプリケーションはSuica用とエディカード用があり、それぞれをあらかじめ起動させてからカードを読み取らせる。クレードルにはUSBポートとAV出力用ポートがある


「SFC Viewer」アプリを起動してSuicaをかざすと、残高が表示される

 バッテリーはリムーバブルタイプのリチウムイオン充電池を採用、これまでパーセント表示されていたバッテリー残量が分単位での表示に対応した。通常使用で約10日間利用でき、オーディオ連続再生時間はHOLDスイッチON/ディスプレイ消灯時で4時間、動画連続再生時間はバックライト消灯時で約3時間。

 また、これまでオプション対応となっていたBluetooth機能が本体に内蔵された。従来のCLIEで可能だったワイヤレスHotSyncやデータ通信のほかに、付属ソフト「Remote Camera」でBluetooth内蔵のデジタルカメラ「DSC-FX77」のリモートコントロールが可能。CLIEで「DSC-FX77」のファインダー画面をチェックしたり、離れたところからCLIEでシャッターを押したりできる。

 新たに搭載されたソフトウェア「Picsal Viewer for CLIE」はWord、Excelデータのほか、Power PointやPDF、HTML、プレーンテキストの表示に対応。TrueTypeフォントを利用して約100倍にズームしてもクオリティが損なわれることなく文字が表示される。メール添付されたファイルもメモリースティックに一度保存することで閲覧することが可能だ。


バッテリーは別売りのものを追加購入できる。市場予想価格は8000円弱。デザインも一新されたクレードル(右)

  • スペック

型番PEG-NZ90PEG-NX70V(従来機種参考)
OS日本語版Palm OS 5(Ver5.0)
CPUIntel XScale PXA250/200MHz
メモリDRAM:16Mバイト/ROM:16Mバイト
ディスプレイバックライト搭載TFTカラー液晶
表示解像度/表示色320×480ピクセル/6万5536色
撮像素子1/2.7型インタレーススキャン方式CCD有効200万画素(総画素数211万画素)1/5.5型プログレッシブスキャンCMOS有効31万画素(総画素数37万画素)
最大記録画素数1600×1200ピクセル640×480ピクセル
電源リチウムイオンポリマー充電池(リムーバブル)リチウムイオンポリマー充電池(内蔵)
外形寸法75(W)×141(H)×22.2(D)ミリ(クローズスタイル時)72.3(W)×136.0(H)×23.5(D)ミリ(クローズスタイル時)
重量約293グラム(スタイラス含む)約220グラム(スタイラス含む)



関連記事
▼ ソニー、カメラ重視の新型CLIEを披露
ソニーは8日、200万画素のカメラを内蔵した新CLIEをプレス向け内覧会で公開した。デジタルイメージングに重点を置いたモデルで、2月末に北米で発売される予定

▼ ソニー、カジュアルなCLIE「SJ30」を発表〜9月14日発売
ソニーはCLIEシリーズに新モデル「SJ30」を追加した。PDA初心者や若者をターゲットとした製品で、オプションのゲームパッドも合わせて発売される

▼ 新型CLIE発表、Palm OS 5+XScale/200MHz搭載
新OSと高性能CPUを搭載したCLIEがついに登場。CFスロットを標準装備し、PHSカードも装着できる

▼ ソニー、新世代の「メモリースティックPRO」を発表
容量が1Gバイト、転送速度が160Mbpsに達する「メモリースティック PRO」が登場。これを利用できない従来製品向けに「メモリーセレクト」も投入する

▼ 最強のPalmデバイス「CLIE NXシリーズ」インプレッション
ソニーが満を持して投入したCLIEのフラッグシップモデル、NXシリーズ。新たに対応を果たした無線LAN、31万画素CMOSカメラの性能、刷新されたアプリケーション群を試した

▼ カジュアルCLIE「PEG-SJ30」〜ファーストインプレッション
カラーハイレゾ液晶で2万9800円という価格、小型化されたボディ……PDA初心者をターゲットに発売される「PEG-SJ30」の機能や使い勝手をさっそく試してみた

▼ ソニー、CLIE Tシリーズの新モデルを発表──音楽再生機能も
ソニーは、「CLIE PEG-T600C」の後継となる「PEG-T650C」を6月8日より発売する。CPUにはDragonball Super VZ 66MHzを採用、音楽再生機能が搭載される

▼ 「CLIE PEG-T650C」ファーストインプレッション
「薄型&軽量」がキャッチフレーズの「PEG-T600C」の後継機種には、さらに「音楽再生&高性能」という特徴が加わった。外見はT600Cそっくりだが、中にはCLIE NRシリーズと同じCPU/DSPを使用。高速な演算処理と、DSPを使った音楽再生や画像処理を実現している


関連リンク
▼ PDA Style

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!