Mobile:NEWS 2003年12月18日 06:25 PM 更新

ワンプッシュオープン+カスタムジャケット〜「P900i」

パナソニックモバイルのFOMA、「P900i」は、ビス止めのカバーを好みの柄に変えられる「カスタムジャケット」と、ワンプッシュオープンが特徴。別売りカバーのバリエーションは7タイプ用意される。カメラはオートフォーカス機構付きの128万画素CCDだ。

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P900i」は、折りたたみ式ながら個性を演出できる仕掛けが用意された。ビス止めされているアクリル製カバーを好みに合わせて別売りの7色から選べる「カスタムジャケット」だ。製品に取り付けられているカバーのビス部分を付属するドライバーで外せば取り替えられる仕組みだ。


基本はブラック×クリアホワイト、シルバー×ストライプレッド、シルバー×ドットブラックの3色


別売りのジャケットは当初7種類を用意。上段左から、サイクロンブルー、カムフラージュ、ストライプライム。下段左からピンクブロッサム、ブラックカムフラージュ、フレッシュミント、ZEN


カバーを外した状態(左)、4つのビスを専用ドライバーで外してカバーを取り替えられる(右上)、専用のドライバと外したビス(右下)

 別売りカバーは1000円程度で販売される見込み。強度面の調整が必要なことから、「基本的にはパナソニック モバイルコミュニケーションズが作ってドコモが販売する形」になるという。

 ボディデザインについては、前モデルのFOMA「P2102V」で採用されたユニークな形状が見送られた。これは最先端のデザインより、多くの人に受け入れられるデザインを──という理由からのようだ。“ヒューマンオリエンテッド”“デザインオリエンテッド”を意識したといい、「ジャケットに個人のメッセージを入れていきたい」と話している。

 こうした理由からか、ボディデザインは折りたたみ型に戻り、「P504i」から搭載された人気機能「ワンプッシュオープン」を採用。着信するとヒンジ部脇に装備されたボタンが光り、押すと端末が開いてそのまま通話することが可能だ。

 なお、P2102Vのような形状のFOMAは、ビジュアル機能を強化したハイエンドFOMA「P900iV」(12月18日の記事参照)に採用されるという。


メインメニュー画面(左)、テレビ電話時の画面(中)。インカメラとアウトカメラの切り替えを左ソフトキーで行える。オートフォーカスボタンを押したときの画面。(右)。中央の四角が緑になるとフォーカスがロックされる

カメラはオートフォーカス機構付きの128万画素

 「P900i」は、背面にオートフォーカス機構付きの128万画素CCD(記録画素数123万画素)、内側に11万画素CMOSカメラを搭載。アウトカメラで撮影可能なサイズはSXGA、VGA、QVGA、QCIF、CIFの5種類。

 ダイヤルキーにはフォトライト点灯やナイトモード切り替えなどの機能が割り当てられ、カメラ起動中に押すとそれぞれの機能を反映させられる。

 ダイヤルキー部分には専用のボタンが用意され、このボタンの半押しでフォーカスをロックする仕組みだ。


アウトカメラ(左)とダイヤルキー部分に新たに備えられたオートフォーカス用ボタン(右)


インカメラとアウトカメラの撮影可能なサイズ


カメラ利用時の機能。各メニューの右端についている番号は、ダイヤルキーへの割り当てを示す

ファイナルファンタジー1がプリインストール

 P900iは、「ファイナルファンタジー1」の完全移植版がプリインストールされるのにも注目だ。900iシリーズでは大容量化されたアプリが特徴の一つで、人気ゲームのドラゴンクエストやファイナルファンタジーを携帯向けに移植することが明かされていた(9月25日の記事参照)。


  • 主なスペック(予定)

機種名P900i
サイズ(幅×高さ×厚み)50×103×24ミリ
重さ130グラム
連続通話時間140分
連続TV電話時間90分
連続待ち受け時間300時間
アウトカメラAF128万画素CCD
インカメラ11万画素CMOS
外部メモリminiSD
メインディスプレイ2.4インチ6万5536色TFT液晶・QVGA
サブディスプレイ1インチ4096色STN液晶
ボディカラーブラック×クリアホワイト/シルバー×ストライプレッド/シルバー×ドットブラック



関連記事
▼ 特集:900iシリーズ登場
ドコモがムーバからFOMAへの移行の切り札として投入する「900iシリーズ」。2004年2月に投入される5機種が発表された。全機種メガピクセル、QVGA、メモリカード対応。そして505iを凌ぐ性能を持つ。

▼ 究極のiモード〜FOMA「900i」5機種が発表
2004年2月には、FOMAの新シリーズ「900i」が登場する。カメラや端末の重さ、待受時間などさまざまな面で、ムーバと同等の仕様とし、コンテンツなどのサービス面では505iを上回る。

▼ “本気”のFOMA「900i」発表
NTTドコモがFOMA「900iシリーズ」5機種を発表。iアプリやFlashが大容量化、全端末が有効100万画素以上のカメラを搭載するなど、505iシリーズを上回る“本気”の3G端末となった。

▼ Bluetoothにタッチパネル〜「F900iT」と「P900iV」
900iシリーズ5機種から少々遅れて、2004年春先には派生モデルとなる2機種が登場する。「F900iT」はタッチパネル液晶搭載のBluetooth内蔵モデル。「P900iV」は2Mピクセルカメラを搭載したムービースタイル携帯となる。

▼ Bluetoothにタッチパネル〜「F900iT」と「P900iV」
900iシリーズ5機種から少々遅れて、2004年春先には派生モデルとなる2機種が登場する。「F900iT」はタッチパネル液晶搭載のBluetooth内蔵モデル。「P900iV」は2Mピクセルカメラを搭載したムービースタイル携帯となる。

▼ スクウェア・エニックス、次期FOMAにドラクエ、ファイナルファンタジーを完全移植
スクウェア・エニックスは9月25日、ドコモが来春の発売を予定している次期FOMAに、「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」の第1作目を完全移植すると発表した。

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!