「N900i」と「N900iS」の違いを見る
news099.gif
[国内記事] FOMAの普及機という位置付けで登場するのが「N900iS」。コミュニケーション機能を強化したこの端末は、「N900i」とどこが違うのか。[6/25]

ドコモ、「D900i」を6月23日に発売
news014.jpg
[国内記事] ドコモは、動画機能にフォーカスした三菱電機製のFOMA「D900i」を6月23日から発売する。[6/21]

「P900iV」「F900iT」、新規価格は4万円超
[国内記事] 6月19日に店頭デビューする「P900iV」と「F900iT」。新規の価格はいずれも4万円前後になる模様だ。[6/18]

F900i 記事一覧

「F900i」3月6日販売再開
[国内記事] 「F900i」が3月6日から販売再開。「ソフトウェア更新」は5日の13時から行える。[3/4]

「F900i」、“メガピクセルで撮った後”の機能は
news056.jpg
[国内記事] FOMAとしては初めてメガピクセルカメラが搭載された「F900i」。撮影時のインタフェース、撮った後の切り出しやリサイズ設定など、カメラ周りの機能をチェックした。
●「F900i」、携帯電話としての使い勝手を試す
●VGA撮影して送信──に適した「F900i」
●F900iに関するアレコレ
●「F900i」を5時間ほど使ってみました[2/17]

「F900i」では“まだ”ドラクエ、FFはできない?
[国内記事] [2/6]

「F900i」、新規価格は3万円前後
news045.jpg
[国内記事] 2月6日、900iシリーズのトップを切って登場するのが富士通製「F900i」。新規の価格は3万円前後になる見込みだ。F端末伝統の「隠し機能」も付いている。
●「F900i」、2月6日発売
●総合カタログに「F900i」「N900i」「P900i」登場[2/4]

コンセプトは“安心ケータイ”〜「F900i」
news101.jpg
[国内記事] FOMAとしては初めて指紋センサーを搭載した「F900i」。機能、認識精度ともに向上し、“気軽に使えるセキュリティ機能”にまた一歩近づいた。[1/27]

進化した指紋センサー付き「F900i」
FOMA初となる指紋センサーは、指を滑らせるスイープ型。設置面積が小さいだけでなく、認識率も向上した。カメラは128万画素CCDカメラと、11万画素CMOSカメラを備え、両側共にライトを搭載している。

Bluetoothにタッチパネル〜「F900iT」と「P900iV」 900iシリーズ5機種から少々遅れて、2004年春先には派生モデルとなる2機種が登場する。「F900iT」はタッチパネル液晶搭載のBluetooth内蔵モデル。「P900iV」は2Mピクセルカメラを搭載したムービースタイル携帯となる。

D900i 記事一覧

動画へのこだわりを極める〜「D900i」
news083.jpg
[国内記事] 「D900i」は、動画まわりの機能にこだわった端末。動画撮影モードは、iモーション準拠の3つのモードに加え、独自拡張の“超なめらか”と“大画面”を用意。スムーズな動きの動画を楽しめる。メーカーサイトには人気キャラ「で〜すけ」のキャラ電も……。[1/28]

撮った写真やムービーをテレビに出力〜「D900i」
質感を重視したアルミボディ、よりデジタルカメラのようになったデザイン──それが「D900i」だ。QVGAサイズのムービー撮影に対応、撮った写真やムービーは別売りのコンポジットケーブルでテレビに出力できる。

N900i 記事一覧

きれいな発色、カメラ起動に課題〜「N900i」
news067.jpg
[国内記事] 900iシリーズの中では最軽量の「N900i」は記録画素数200万画素の100万画素スーパーCCDハニカムを搭載してきた。歪みも少なく画質も良好で、白熱灯下では、赤みが見事に補正された写真が撮影できた。[3/12]

「N900i」にも〜再起動するバグ
[国内記事] 「F900i」に続き「N900i」にもソフトウェアのバグ。本日から「ソフトウェア更新」機能で対応できる。販売は継続している。[3/9]

刀の銀、黒髪の黒、艶やかな着物のオレンジ〜デザイナーが語る「N900i」
news001.jpg
[国内記事] PDCでは頑ななまでに“スタンダードな折りたたみ型スタイル”を守り抜いてきたN端末。しかし「N900i」では、折りたたみ型ながらアークラインが印象的な全く新しいスタイルへと進化した。担当デザイナーに、色や形、コンセプトなど、デザイン面のこだわりを聞いた。[3/2]

「N900i」の悩ましさ
news003.jpg
[国内記事] この数日間、購入した「N900i」をメイン端末として使っているが、なかなか悩ましい端末である。話題の「ドラクエ」ができる(現在のところ)唯一の携帯。NECやドコモらしからぬ、斬新なデザイン。カメラも出力200万画素……。魅力はたっぷり、そして気になるところもいくつか。レビュー第1回は、ボディ全体とテレビ電話についてチェックしてみる。[2/25]

売り切れ続出「N900i」、新規3万円前後
news001.jpg
[国内記事] 900iシリーズ第2弾のNEC製「N900i」が発売になった。入荷数の問題もあり、各店舗には長蛇の列。ほぼ午前中で売り切れている。
●FOMA「N900i」 出足好調、2万3000台
●「N900i」、2月22日発売[2/22]

“刀”をイメージした最軽量端末〜「N900i」
900iシリーズは、デザインに注力したことがウリ。中でもN900iは、その名も「ARCLINE」という美しい曲線が印象的な折りたたみ型端末に仕上げられた。カメラには100万画素スーパーCCDハニカム(記録画素数200万画素)を採用している。

P900i 記事一覧

P900i、「P50xユーザーが注意すべき点」は?
news038.jpg
[国内記事] PDCでは“N”と人気を二分し、リピーターも多い“P”端末。「FOMAにするならP900i」と考えるP50xユーザーも多いはずだ。パナソニックモバイル製のPDC端末と比較しながら、P900iで何が変わっているか見ていこう。[3/12]

「ボス電FOMA」のヒミツをサントリーに聞く
news018.jpg
[国内記事] 3年ぶりに登場したサントリーの「ボス電」は、P900iベースの豪華版。ボス電誕生のいきさつや、ボス電FOMAに隠されたヒミツをサントリーの企画担当者に聞いた。
●カスタムジャケットが2枚も〜“ボス電”の中身が明らかに[3/10]

総じて彩度が高く鮮やか、AFも効果大〜「P900i」
news069.jpg
[国内記事] 900iシリーズの中で、オートフォーカス機能を備えたカメラを搭載するのは「P900i」と「SH900i」の2モデル。今回は絞り機能を備えた128万画素CCD搭載の「P900i」の画質をチェックする。
●機敏な動作、撮った後も快適な「P900i」[3/9]

「P900i」、発売初日は2万9000台
[国内記事] パナソニックモバイル製の「P900i」が出だし好調。初日の販売台数では、「N900i」を抜いた。店頭ではほぼ売り切れており、カスタムジャケットも入手困難だ。
●「P900i」発売 3万円前後
●FFプリインストールの「P900i」、2月29日発売
●「P900i」のカスタムジャケットは、“ここ”でも手に入る[3/1]

ワンプッシュオープン+カスタムジャケット〜「P900i」
パナソニックモバイルのFOMA、「P900i」は、ビス止めのカバーを好みの柄に変えられる「カスタムジャケット」と、ワンプッシュオープンが特徴。別売りカバーのバリエーションは7タイプ用意される。カメラはオートフォーカス機構付きの128万画素CCDだ。

Bluetoothにタッチパネル〜「F900iT」と「P900iV」 900iシリーズ5機種から少々遅れて、2004年春先には派生モデルとなる2機種が登場する。「F900iT」はタッチパネル液晶搭載のBluetooth内蔵モデル。「P900iV」は2Mピクセルカメラを搭載したムービースタイル携帯となる。

SH900i 記事一覧

「SH900i」、新規は3万円前後
news011.jpg
[国内記事] 900iシリーズ4モデル目の端末「SH900i」が3月20日に店頭にデビューした。新規の価格は3万円前後。
●200万画素AFの「SH900i」、3月20日発売[3/22]

A5504TにTK41、SH900iとD900iも 〜未発売端末が揃う会場
[国内記事] 移動体製品を中心とするIT総合見本市、「第3回ケータイ国際フォーラム」が、3月17日から18日にかけて開催されている。会場には、未発売の端末が多数出展され、一般ユーザーも気軽に手にとって機能を試せる。[3/18]

目指したのはドイツ車のような質実剛健〜「SH900i」
news104.jpg
[国内記事] AF機能付きの202万画素CCD、ExcelやWordファイルをそのまま閲覧できるドキュメントビューワ、シンプルな中に存在感のあるデザイン──。「SH900i」は、ドイツ車の質実剛健さを目指した端末だ。[1/27]

Excel、PDFの閲覧も〜「SH900i」
SH900iは、シリーズ最大の202万画素AF付きCCDカメラを搭載。「505i」譲りの操作性をFOMAで実現した。大きな特徴は、ExeclやPDFなどのビジネス文書ファイルを、変換なしでそのまま閲覧できることだ。Excelの複数シートなどにも対応している。


900i 5機種のiアプリ速度を比較する〜Javaベンチマーク
news050.gif
[国内記事] 900iシリーズの最大の目玉は、「ドラクエ」「FF」に代表されるゲーム。容量も増加し、専用機に近いゲームが楽しめる。しかしそのスピードはどうか。恒例のJavaベンチマークを、900iシリーズ5機種について行った。[3/26]

FF、「SH900i」に対応、Fは対応の目処がたたず
[国内記事] [3/19]

900iは、いつ“旋風”を巻き起こすのか
[国内記事] 900iシリーズの登場で2月の純増数に注目が集まったが、結果はauの圧勝だった。累計では56%と依然高いシェアを持つドコモだが、auに5カ月連続純増シェア1位を譲ったのは危険な兆候だ。[3/8]

FOMA、26日時点で223万突破
[国内記事] [2/27]

N、P以外でもドラクエやFFで遊べる〜3月1日から
news012.jpg
[国内記事] 3月1日から、どの900iシリーズでもドラクエとFFを遊べるようになる──。スクウェア・エニックスが公式サイトをオープンする。料金は毎月500円。[2/23]

夏野氏が明かした「900iシリーズ」誕生秘話
[国内記事] iモードチームが初めて手がけたFOMA──900iシリーズ。発売時期を伸ばしても、究極の“マルチメディア端末”を作ろうとした背景には、最後の集大成……という思いがあったのかもしれない。[2/20]

900iシリーズが勢ぞろい、FeliCa端末のデモも
news075.jpg
[国内記事] Java Technology Conference 2004には、ドコモがブースを出展、900iシリーズやFeliCa端末のサービスイメージをアピールした。
●FeliCa携帯「506i」では“勝手FeliCa”も可能に
●900iの深謀遠慮〜ドコモ榎氏[2/18]

PかNか? 900iのインタフェースには注意
news044.jpg
[国内記事] 「F900i」に続き、残り4社の900iシリーズの登場も迫っている。これを機に、50xシリーズなどから乗り換えを考えているユーザーも多いだろう。しかし、50xとは大きく操作感が変わってしまっているメーカーもある。[2/17]

900iの「デコメール」、PC宛てに送ってみると
news057.gif
[国内記事] 900i端末同士で、HTMLメールの送受信を可能にするのが新機能の「デコメール」。PCからHTMLメールを送信すると900iシリーズで受信できるのだろうか。
●ケータイにHTMLメールは受け入れられるか〜「デコメール」[2/17]

900iシリーズ、ゆっくりと船出〜初日約5700台
[国内記事] 初号機となる「F900i」が発売されたが、販売の初速は今ひとつ伸びていない。NECやパナソニック モバイルなどの人気端末の発売が控えていることや、900i用の人気コンテンツのサービスがまだ始まっていないことから、“様子見”が多いと見られる。
●900iは全機種ツインCPU構成へ
●900i、5機種のソフトを比較する
●さらに伸びた待受時間〜900iのスペック変更点
●900iシリーズはどこまで伸びるか[2/9]

オリコントップ10の音楽は着モーションで聞ける?
[国内記事] F900iの発売と同時に提供される着モーションは、「アーティストの公式サウンドなど3万曲以上」だとドコモ。オリコントップ10の楽曲は、着モーションで提供されているのだろうか。
●レーベルモバイルが900i向け「着うた」スタート[2/6]

900iシリーズにプリセットされるのは、“こんな”キャラ電
news057.jpg
[国内記事] 900iシリーズで新たに採用されたのが、テレビ電話で自分の代わりに好きなキャラクターを表示できる「キャラ電」。各社の端末にプリセットされるキャラ電キャラクターをチェックした。
●900iシリーズの「キャラ電」でできること
●「動きの滑らかさを見てください」〜タカラ+Kラボの“キャラ電”[2/5]

天外魔境、シレン、メガテン、パワプロ――900i用ゲームは“ここ”が面白い
news024.jpg
[国内記事] ビッグタイトルが目白押しの900iシリーズ用ゲーム。それぞれのゲームは家庭用ゲーム機版とどこが違うのか、どこに携帯らしさが生かされているのか──。6つのビッグタイトルのゲーム内容を紹介しよう。
●カッパやはにわがイソウロウ?〜「ケータイポストペットDX」が900iに対応
●900iシリーズで「ネットゲーム」の土壌が生まれる
●900i用「テイルズ」は、シミュレーションRPG+リニアモーションバトル
●リアルのJリーグと連動――900i専用「サカつく」は“変化する”ゲーム
●900i、DQとFF以外のiアプリはどんなものがある?[2/5]

地図と一緒にパノラマ写真〜「ゼンリン携帯マップ」が900iに対応
[国内記事] ゼンリンデータコムとサイバードは2月6日から、地図情報サイト「ゼンリン携帯マップ」を900iシリーズに対応させる。地下鉄出口の景色をパノラマ画像で閲覧できる「パノラマモード」などが追加された。[2/4]

ドコモ、FOMA契約目標上方修正 3月末240万に
[国内記事] 第3四半期決算発表の席で、今期末のFOMA契約者数目標が今期2度目の上方修正。900iシリーズは従来同様インセンティブを積み増し、505iS並の価格で投入、3月末240万契約を目指す。業績は計画通りで修正はなかった。[2/4]

究極のiモード〜FOMA「900i」5機種が発表
2004年2月には、FOMAの新シリーズ「900i」が登場する。カメラや端末の重さ、待受時間などさまざまな面で、ムーバと同等の仕様とし、コンテンツなどのサービス面では505iを上回る。
◆ソニー・エリクソン、東芝のFOMAはどうなった?
◆“本気”のFOMA「900i」発表
◆「900iシリーズ」のイメージキャラに長谷川京子さんと坂口憲二さん ◆ドコモ、「900i」新機能の仕様とツールを公開 ◆「900iシリーズ」のイメージキャラに長谷川京子さんと坂口憲二さん

FOMA「900i」を買うべきか
50xシリーズに代わるドコモのメインストリームを担う役割を持ったFOMA「900iシリーズ」が発表された。ドコモユーザーは果たして900iに乗り換えるべきなのだろうか。待受時間など基本スペック、新サービス、端末などを、auやボーダフォンの端末とも比較しながら考えてみる。
◆900iシリーズは「505i」にどこまで追いついたか

テイルズもサカつくもパワプロもシレンも信長も 「900i」は強力ゲームマシン
アプリ容量を拡張した「900i」では、ネットワーク対応サカつくやガンダムの3Dゲーム、テイルズオブシリーズ新バージョン、パワプロなどといった人気ゲームが楽しめる。
◆イマジニア、サンリオキャラクターを採用した900i向けサービスを開始
◆Kラボとタカラ、着せ替え人形「リカちゃん」の「キャラ電」を配信
◆フォークから最新ヒット曲まで5000曲の音源を配信「着信!MUSIC」
◆ハドソン、「900i」対応「天外魔境」を発表
◆「ドワンゴセブン」と「シーマン」も「900i」対応に
◆「900i」の大容量で「パイロットになろう!」がよりリアルに
◆ケータイポストペットが「900i」対応
◆いろメロミックス、「着モーション」対応コンテンツの配信を開始
◆ジョルダン、「乗換案内NEXT」で「900i」向けに地下鉄路線図を配信

“au買うのはちょっと待って”とドコモ、榎氏
このところ純増数が落ちこんでいるドコモ。この事態をよほど気にしているのか、iモード事業本部長の榎啓一氏は、“キャリア替えは来年2月のFOMAを見てからにしてほしい”とコメントした。

次期FOMA「x900i」は“イケてる”端末
来年頭に登場する次期FOMAは、これまでの4桁型番から現行iモード同様に型番も変更。機能的にPDCを上回るだけでなく、デザインにも注力する。イメージは「クラウンじゃなくてアルファロメオ」──“高級”から“カッコイイ”を目指す。
◆年明け発売。次期FOMAの概要明かされる
◆スクウェア・エニックス、次期FOMAにドラクエ、ファイナルファンタジーを完全移植




Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!