ニュース
» 2004年02月17日 12時56分 UPDATE

900iの「デコメール」、PC宛てに送ってみると

900i端末同士で、HTMLメールの送受信を可能にするのが新機能の「デコメール」。PCからHTMLメールを送信すると900iシリーズで受信できるのだろうか。

[岩城俊介,ITmedia]

 文字の色や太さを変えたり、画像を挿入したりと、カラフルなメールのやり取りを可能にしたのが900iシリーズの新機能「デコメール」。PC用メールでいうところの「HTMLメール」にあたるデコメールを、PCやデコメール非対応端末に送信するとどうなるのか、またPCからHTMLメールを送信するのは可能なのか──を試した。

作成したデコメール F900iで作成したデコメール。レイアウトはどうあれ、とにかく使えるデコレーションメニューをほぼすべて使ってみた。

 まずはデコメールを、F900iからPCのメールアドレス宛てに送ってみると、下の画面のように表示された。

PCに届いたデコメール PCで受信したデコメール。よくあるHTMLと同様だ。ちなみに“あやちゃん”という文字列を「点滅」(HTMLタグの「BLINK」)に設定したが、受信したOutlook(およびInternet Explorer)では有効とならないタグのため、無視されている

 メールソースは改行なしの1行で記載され、単純なタグによる記述であることが分かる。

メールソースをテキストエディタで確認 メールソースをテキストエディタで確認した。テキストエディタ表示上での改行がないのは人間的にはやや見にくいが、HTML記述では関係ない。少しでもパケット数を減らすためなのでは、と好意的に判断した

 次に、デコメール非対応の「D505i」に送信した場合を見てみよう。

 HTMLタグがそのまま表示されたテキストで送られてくる……などということもなく、予想通りHTMLタグのみが省略されたプレーンな文章のメールが届いた。

 つまり、HTML表示対応のPC用メールソフトにはHTMLメールとして、非対応端末にはプレーンテキストが送られるようだ。

デコメール非対応端末に届いたデコメール デコメール非対応端末「D505i」で受信したデコメール。HTMLタグ部分が省略され、プレーンなテキストメールとして届いた

 最後にPCのメールソフトからHTMLメールを送信してみた。まずは手っ取り早く900iから届いたデコメールを引用、そのまま返信してみると、HTMLスタイルがすべて無視されたプレーンなテキストとして、引用部に配置してあった画像は単なる添付ファイルとして届いた。PCからHTMLメールを送信する場合、PCメールソフトにて“デコメール(HTMLメール)の引用”をしないほうがいいようだ。

届いたデコメールをそのまま返信 F900iから届いたデコメールをそのまま返信してみた。残念ながらその部分はタグが無視されたプレーンなテキストとなり、配置した画像は添付ファイルとして届いた。ただし内容が分かればいいだけのことが多い引用部分を(パケット代がその分増える)HTMLメールにする必要はない、という考え方もできる

 (2004年2月17日追記)

 PC宛てに届いたデコメールをそのまま引用返信すると、デコレートされたものが引用として届く場合がある、と読者の方からご意見をいただいた。詳細をドコモに確認してみた。

 結果は、

 「TEXTパートの本文サイズ、HTMLパートの本文サイズ、および添付ファイルのサイズの合計が“10000バイト”以上の場合、まずHTMLパートであるデコレーション部分が無効に、画像は添付ファイルとして届く。HTMLパートを除いても10000バイトを超える場合は、次に添付ファイルが削除される」(ドコモ)

 ということであった。上記で試したのは長文メールにデコレートたくさん、画像も2〜3個ほど配置させていたため、合計で10000バイト超となっていた。また、簡素なメール本文+デコレートのみを返信してみたが、HTMLパートを含めて10000バイト以内であったため引用返信時もデコレーションが有効となった。

 このため、デコレート付きで引用返信する場合には「合計10000バイト以内に」となる。ただし、メール本文やデコレート(HTMLタグ)部分、画像サイズや画像数を含めた容量を測る必要があるので、なかなか困難な作業となりそうだ。

 PC側で一から作成したHTMLメールを作成し送信する。こちらはしっかりHTMLメールとして届いた。

届いたデコメールをそのまま返信 PCメールソフトから“新規作成”でHTMLメールを作成。今度はしっかりデコメールとして届いた

 ただし、OutlookのHTMLメールではフォントサイズ指定の単位に“ポイント”を用いて細かく設定できるのに対し、デコメールでは“大、中、小”の3段階しかない(2004年1月28日の記事参照)ため、HTMLメールで指定した微妙な文字サイズの違いは表現できなかった。ちなみに、HTMLメール作成時にあまりに大きな画像を配置したり、デコメールで使用できないタグを用いた場合にはそれらのみが無効となるので注意したい。

 PCからHTMLメールの送信――基本的には900iシリーズにデコメールとして届く。ただし、細かな表現工夫をする際にはデコメールでその表現が無視されてしまわないよう、まずデコメールに有効なタグがどれかを簡単にでも確認しておくとよいだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.