Special
» 2013年07月25日 09時45分 UPDATE

ITmedia Mobile編集部の「Yahoo! JAPANアプリはこう使え!」:「Yahoo! JAPANアプリ」でアニメ視聴がさらに楽しく!――話題の番組をリアルタイム検索

Twitterを見ると、「ハッシュタグ」を使ってテレビ番組の感想をつぶやいているユーザーを見ることも多いのではないだろうか。「Yahoo! JAPANアプリ」を使えば、Twitterで盛り上がっている番組やそのツイート内容がリアルタイムで一目瞭然。アニメ好きな筆者のおすすめコンテンツは、もちろんアニメだ。

[村上万純,PR/ITmedia]
PR

 ITmedia Mobile編集部記者がYahoo! JAPANアプリの使い方を伝授する連載もついに3回目。今回は期待の新人、紅一点・村上記者が登場する。

murakamiprofile.jpg

 テレビ番組を視聴中、思わず感想を口に出したり、心の中でツッコミを入れてしまったりすることはないだろうか。これまでは各家庭の中だけで完結していたが、今はTwitterで番組の感想をつぶやき、ツッコミを入れることが可能だ。そんな人々の心の声をリアルタイムに可視化するのが、「Yahoo! JAPANアプリ」の「Yahooo!検索」内にあるリアルタイム検索だ。1度ツイートをお供に番組を見ると、ツイートなしでの視聴に物足りなさや寂しさを感じる中毒性がある。また、ネットで盛り上がっている番組が一目で分かる「話題なう」もある。これらの機能は、すべてYahoo! JAPANアプリトップを起点として利用できる。

photo テレビを見るのがさらに楽しくなる、それが「Yahoo! JAPANアプリ」

リアルタイム検索では、TwitterやFacebookの投稿をリアルタイムで見ることが可能だ。テレビ番組は多くの人が視聴しているため、話題にしている人も多い。

IMAGE
IMAGE

 Twitterユーザーに人気のあるジャンルは「アニメ」だ。ヤフーが公開した2013年6月4日の調査結果では、5月27〜6月2日に放送されたテレビ番組で「分間最高つぶやき数」が最も多かったのは、分間1995件を記録した「ドキドキ!プリキュア」だった。そこで、ドキドキ!プリキュアと2013年春アニメ「フォトカノ」の最終回をYahoo! JAPANアプリを利用しながら視聴してみた。

体操服や水着姿のヒロインたちを容赦なく撮りまくる――「フォトカノ」

 「ファインダーの向こうのキミに・・・・・・恋をした」がキャッチフレーズの恋愛シミュレーションゲームをアニメ化したのが、「フォトカノ」だ。主人公が一眼レフカメラでヒロインたちの体操服や水着姿を学園内外で撮りまくるというフェティシズムあふれる作品になっている。

 先ほどの分間最高つぶやき数の調査結果でも、フォトカノ第9話は「ジャンル総合」で10位、「アニメ・特撮ジャンル」で4位を誇る人気番組だ。今回筆者が視聴したのは、6月28日TBSで1時59分から放送された最終回。

 まずは、話題なうでフォトカノの人気を見てみよう。Yahoo! JAPANアプリトップからキーワード検索をすると、右上のメニューに「リアルタイム」が表示され、そこをタップすると、話題なうを含むメニューバーが現れる。

photophoto Yahoo! JAPANアプリトップからキーワード検索をすると、右上のメニューに「リアルタイム」が表示される

 話題なうは、同時間帯のチャンネル別に、どの番組がインターネットで話題にされているかを可視化する機能だ。最終回だけの一時的な盛り上がりかどうかを確認するため、6月21日にも話題なうをチェックした。

photophotophotophoto 最終回前の6月21日2時の話題なうでは、他番組に比べて「フォトカノ」が圧倒的に話題にされていたことが分かる(写真=左端、左中)。6月28日同時間帯の最終回でも、やはり最も話題になっていた(写真=右中、右端)

 ご覧いただけただろうか、この圧倒的な赤色を。話題にされている度合いは棒グラフで表される。また、リアルタイム検索で「フォトカノ」やハッシュタグ「#photokano」などを検索すると、多くのつぶやきが確認できた。番組開始前から“待機列”ができるのも、アニメ実況ならではの特徴だ。

Yahoo! JAPANアプリトップから利用できる「話題なう」では、ネットで話題の番組が一目瞭然。いちいち番組表のチェックやザッピングをすることなく、ピンポイントで話題の番組にアクセスできる

IMAGE
IMAGE

 フォトカノ最終回は、主人公と妹「果音」との恋愛模様が描かれた。この時点で首をかしげる人もいるかもしれないが、開始早々2人の入浴シーンで盛り上がる視聴者にそんなことは関係ない。筆者もハッシュタグを付けて実況に参加したが、流れが速すぎてリアルタイム検索で見つけられなかった。筆者から見てもツッコミ所が多く、ほかのユーザーと“バーチャルお茶の間”で番組を視聴する感覚を味わえた。

photophotophotophoto 妹がメインヒロインとなる最終回は、入浴シーンから始まった。開始早々この盛り上がりだ(写真=左端、左中)。ツッコミのテンションもさまざまで、楽しみ方は人それぞれだ(写真=右中)。お互い恋心を持つ主人公と妹は、実は血がつながっていなかった! という衝撃(王道?)の展開(写真=右端)

Twitterに女児はいない! 不動の王者「ドキドキ! プリキュア」

 そしてTwitter実況といえば、毎週大きな盛り上がりを見せるのが“プリキュア”シリーズだ。本作は主人公の女の子たちがプリキュアに変身して、悪を企む敵に立ち向かう物語。

 筆者が視聴したのは、7月7日放送の第23話「愛を取り戻せ!プリキュア5つの誓い!」だ。日曜朝の7時から9時までの間は子ども向けアニメが放送される「ニチアサキッズタイム(以下、ニチアサ)」と呼ばれる時間帯で、リアルタイムのツイート数もかなり多い。

photophotophotophoto 8時〜8時30分の「仮面ライダーウィザード」(写真=左端、左中)に続き、8時30分〜9時の「ドキドキ!プリキュア」も話題なうでは圧倒的人気を誇る。番組名の下に、よくツイートされている内容が表示される(写真=右中、右端)

 フォトカノ同様、Yahoo! JAPANアプリトップからリアルタイム検索を利用した。放送が始まると、あまりに多くのツイートが雪崩のように流れ込んできたため、そのすべてをリアルタイムで確認するのは不可能だった。OPの歌詞に合わせて合いの手を入れる人、新キャラ「キュアエース」に言及する人など、内容もさまざま。かわいいキャラクターや声優陣で成人男性ファンをも魅了する、それがプリキュアだ。


 Yahoo! JAPANアプリトップから、ツイートがリアルタイムで流れる様子を眺めてみる。すると、ただTVを視聴するときとはまったく異なる体験ができる。とりわけ、アニメはTwitterとの相性が良いようだ。そんなときに強い味方になるのが、Yahoo! JAPANアプリだ。仕事で疲れた平日深夜、休日最後の日曜の朝、アニメ視聴で疲れを吹き飛ばそう。

photo

 Yahoo! JAPANアプリトップは、Yahoo! JAPANが備えるあらゆる機能の入口。このトップを起点に、リアルタイム検索、画像検索、知恵袋などの充実したコンテンツを活用できる


IMAGE
IMAGE

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ヤフー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2013年8月23日

スマホにかけてはツワモノ揃いのITmedia Mobile編集部記者がYahoo! JAPANアプリの使い方を連載で伝授。