ITmedia 総合 | ITmedia News | ITmedia Biz.ID | ITmedia エンタープライズ | TechTargetジャパン | ITmedia エグゼクティブ | ITmedia +D PC USER | ITmedia +D Mobile | ITmedia +D LifeStyle | ITmedia +D Games | ITmedia +D Shopping | ITmedia +D Style | ITmedia キャリア

トップ10

「液晶テレビ」販売ランキング(10月6〜10月12日)

今週は、東芝の2製品が順位を伸ばしている。そのうち、REGZA「32CV500」に注目しよう。

順位 前回 メーカー名 型番 発売年月日
1 1 シャープ LC-32D30 2008/2/9
2 2 シャープ LC-20D30 2008/2/9
3 3 パナソニック TH-32LX80 2008/2/15
4 5 パナソニック TH-17LX8 2008/2/15
5 4 シャープ LC-26D30 2008/2/9
6 7 シャープ LC-37EX5 2008/3/1
7 8 東芝 32CV500 2008/4/1
8 10 東芝 26C3700 2008/6/1
9 6 パナソニック TH-37LZ85 2008/4/20
10 9 ソニー KDL-40V1 2008/4/25

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

 ランキングに登場するラインアップに変化はないものの、順位に若干の変動あり。前回5位だったパナソニック・VIERAの17V型「TH-17LX8」が4位に浮上し、シャープ・AQUOS「LC-26D30」と入れ替わった。

 東芝・REGZA「32CV500」は7位へ上昇、前回のランキングで圏外から10位に食い込んだ東芝・REGZA「26C3700」は8位へとさらにランクアップ。替わりに、先週6位のパナソニック・VIERA「TH-37LZ85」が9位にランクダウンした。

 今回順位をのばしたREGZAの32CV500は、シンプルモデルながら高性能な映像エンジンを積む「Cシリーズ」の後継、「CV500」シリーズの32V型。画面解像度はWXGAで、映像エンジンには「新メタブレイン・プロ」を採用した。映像と音声をデジタルでやりとりするためのHDMI端子は3系統用意。チューナーは、BS・110度デジタル、地上デジタル、地上アナログをそれぞれ1個ずつ装備する。

photo REGZAのCV500シリーズ

 同シリーズでは、32V型に加えて37V型と42V型の3サイズを展開する。機能は同じだが、上位2サイズではIPS方式のフルハイビジョンパネルを採用している。

 同じシリーズでもパネルが違うことのある液晶テレビ。より、条件にあった製品を探すために、+D LifeStyleの記事もチェックしてみてほしい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.