News 2002年9月19日 06:01 PM 更新

富士写、スタイリッシュで高性能な小型デジカメ「FinePix F402」

富士写真フイルムが、有効210万画素・単焦点のコンパクトデジカメ「FinePix F402」を発表した。スーパーCCDハニカムIIIと新開発レンズ、高密度実装技術によって“高画質”と“小型・軽量化”を両立している

 富士写真フイルムは9月19日、スーパーCCDハニカムIIIを採用した有効210万画素・単焦点のコンパクトデジカメ「FinePix F402」を発表した。10月13日から発売する。価格は5万円。


スタイリッシュなコンパクトデジカメ「FinePix F402」

 FinePix F402は、今年5月に発表されたFinePix F401の姉妹機にあたる。「光学ズームがないのと連写機能の違い、メディアの変更以外は、F401とほぼ同じ性能」(同社)。スタイリッシュなF401のスタイルを継承しながら、単焦点の身軽さを生かし、ボディの小型・軽量化に磨きをかけた。

 1/2.7型スーパーCCDハニカムIIIを搭載。ハニカム信号処理システムによって有効210万画素ながら、記録画素数は400万画素相当(最大2304×1728ピクセル)の画像を撮影できる。ISO感度は最大1600相当(1メガモード時)で、ろうそくの明るさでもストロボなしで撮影が可能だ。

 光学系は新開発の単焦点スーパーEBCフジノンレンズを採用し、最大約6センチの接写が可能なマクロ撮影機能をもつ。デジタルズームは画質劣化が少ないハニカムズームによって、最大で3.6倍(640×480ピクセル時)のズーム撮影が行える。

 「スーパーCCDハニカムIIIと新開発レンズ、そして高密度実装技術によって、“高画質”と“小型・軽量化”を両立した」(同社)。その薄型スクエアボディは、サイズが77(幅)×22(奥行き)×69(高さ)ミリで重さが125グラム。ちょうど、コンパクトデジカメとして人気のミノルタDiMAGE X(84.5×20×72ミリ、約135グラム)と、ほぼ同じサイズだ。


“高画質”と“小型・軽量化”を両立したコンパクトボディ

 F402のコンパクトボディには、同社が今年7月に発表した新メディア「xD-Picture Card」が大きく貢献している。「小型のメディアスロットのおかげで設計に余裕が生まれた。作ろうと思えばカシオのEXILIMより小さなデジカメも可能」(同社)。

 同社電子映像事業部営業部長の青木良和氏によると、開発途中のモックアップの段階では、EXILIMのようなカードサイズまで検討していたという。「最終的には、当社デジカメの基本コンセプトである“写真画質”という性能条件をクリアした上で、“より小さく、より薄く”を求めた結果、このサイズになった」(青木氏)。


新開発レンズなどにより22ミリの厚さを実現

 ボディはアルミニウム製で、本体前面に装備されたブルーイルミネーションが外観上のアクセントになっている。このブルーLEDは、電源投入時/セルフタイマー作動時/クレードル充電時に発光(点滅)する。


充電とPC接続が行える別売りのクレードル(5000円)

 静止画はExif 2.2をサポート。長寿命設計により、最大約4000枚、連続155分の静止画撮影が可能だ。動画は最大320×240ピクセル/毎秒10フレームのMotion JPEGを撮ることができる。記録メディアとして16MバイトのxD-Picture Cardが付属する。液晶ディスプレイは1.5型低温ポリシリコンTFTカラー液晶を採用した。


液晶ディスプレイは1.5型低温ポリシリコンTFTカラー液晶を採用

 「日本のデジカメ市場は、画素競争から小型でスタイリッシュを目指す方向に変わり、超小型のデジカメが人気を博している。その意味で今回のF402はいいタイミングで市場に投入できた。現在、販売店によってはF401が1位、A303が2位となっているところもあるという。これにF402が加わって、1、2、3フィニッシュといきたい」(同社電子映像事業部長の加藤典彦氏)。

 なお、新発売を記念した購入時特典として先着3万人に、xD-Picture Cardが2枚入って鏡も付いた「FinePix F402 xD スタイリッシュアルミケース」が店頭でプレゼントされる。


メディアが2枚入り、鏡も付いた「FinePix F402 xD スタイリッシュアルミケース」

FinePix F402の主な仕様は以下の通り。

製品名FinePix F402
撮像素子有効210万画素1/2.7型スーパーCCDハニカム(原色フィルター採用)
記録画素数2304×1728/1600×1200/1280×960/640×480ピクセル
記録方式静止画:JPEG(Exif2.2/DCF/DPOF対応)、動画:Motion JPEG
レンズスーパーEBCフジノン単焦点レンズf=6ミリ(35ミリカメラ換算で39ミリ相当)、F3.2/8.0(自動切換え)
電子ズーム最大3.6倍
感度設定ISO 200/400相当(1メガモード時 800/1600)
ファインダー実像式光学ズームファインダー
液晶ディスプレイ1.5型低温ポリシリコンTFTカラー液晶(11.7万画素)
記録メディアxD-Picture Card(16Mバイト同梱)
電源付属専用リチウムイオンバッテリ(NP-40)
サイズ77(幅)×22(奥行き)×69(高さ)ミリ
重さ約125グラム(本体のみ)、約145グラム(撮影時)
価格5万円
発売時期10月13日

関連記事
▼ 富士写、新メディア採用デジカメ3機種発表
▼ 富士写が新メディアを出す理由
▼ オリンパスと富士写、デジカメ用超小型メモリカード規格「xD-Picture Card」を開発
▼ 富士写、"ブルーに光る"コンパクト機と、レンズ交換式一眼レフデジカメ

関連リンク
▼ 富士写真フイルム

[西坂真人, ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -