News 2003年11月27日 09:48 PM 更新

「Winny」で初の逮捕者 ゲームと映画を違法公開した2人

Winnyでついに逮捕者。ゲームソフトと映画を違法に送信可能化した疑いで19歳と41歳の2人。

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の発表によると、京都府警ハイテク犯罪対策室と五条署は11月27日、P2Pファイル共有ソフト「Winny」でゲームソフトなどを不特定のユーザーに送信しうる状態に置いたとして、松山市の無職少年(19歳)と群馬県高崎市の自営業男性(41歳)を著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで逮捕した。

 また同ソフト開発者宅も家宅捜索した。現在、同ソフト公式Webサイトは閉鎖されている。

 同ソフトのユーザーが逮捕されたのは初めて。ファイル共有ソフトによる逮捕は「WinMX」に続き2件目。

 調べでは、少年はネットに接続した自宅PCと同ソフトを使い、任天堂「スーパーマリオアドバンス」とハドソン「ボンバーマンストーリー」などのゲームソフトを不特定多数のユーザーに送信可能な状態にし、著作権者の公衆送信権(送信可能化権)を侵害した疑い。また男性は同様に映画「ビューティフル・マインド」などの映像ソフトを不特定多数に送信可能な状態にした疑い。

 ACCSによると、少年は「ゲームボーイアドバンス」用ゲームソフト57タイトルを圧縮した上で「(GBA ROM エミュ)0001-0100(J)」のファイル名で1つにまとめて送信可能な状態にしていた。京都府警は2社のソフト以外のソフトについても調べを進める。

 京都府警は2人の著作権侵害について捜査を進め、要請を受けたACCSは少年の送信可能化状況について調査。対象となったソフトが正規品と同一であることを確認した。

 Winnyはファイル転送に第三者を経由させるなど、匿名性が高いP2Pファイル共有ソフトとして人気を集め、ACCSの今年1月の調査では約22万5000人が同ソフトを使ったファイル共有を経験している。

 ファイル共有ソフトをめぐっては2001年11月、WinMXユーザー2人が京都府警に逮捕されている。



関連記事
▼ なぜ、“2人”のWinMXユーザーが逮捕されたのか?
「特に悪質だった」という2人のWinMXユーザーが逮捕された。だが、ACCSでは当初100人ものユーザーをマークしていたという。なぜ、この2人だけが逮捕されたのか? 理由は「悪質」だけではなかった。

▼ WinMXで逮捕の2人に罰金命令
▼ 「WinMX」にメス──ファイル交換ソフトで逮捕者
ファイル交換ソフト「WinMX」でビジネスソフトを交換していた疑いで2人の学生が逮捕された。捜査に協力したコンピュータソフトウェア著作権協会は、「日本の著作権保護法では、ファイル交換ソフトの著作権侵害行為を摘発することが可能だ」と強調した。

▼ “神”だけが逮捕されるとは限らない──ACCSが継続的な摘発を示唆
違法なWinMXユーザに“警告IM”を送るなど、啓蒙活動に熱心なACCSだが、「今度も継続的な摘発が行われるだろう」と話す。第2、第3の逮捕者も出るのだろうか?

▼ 「WinMXユーザー逮捕」は始まりにすぎない 関連リンク

関連リンク
▼ ACCSのニュースリリース

[小林伸也, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -