PR
Special

成功するベンチャーと失敗するベンチャーの違いは? カギを握る「経営数値管理」を解説!

成功するベンチャーと失敗するベンチャーの違いはなんだろう? そのカギを会計的側面から解説する無料セミナーが開かれる。一線の実務担当者からITベンチャーに必要なことを直に聞けるチャンスだ。
2010年06月01日 15時00分 更新

 成功するベンチャーと失敗するベンチャー。その違いはなんだろう? ビジネスプラン、アイデア、技術力などはもちろんのこと、実は「経営数値管理」も重要──ベンチャーの成功に欠かせない、経営上の数値管理を解説する無料セミナーが7月2日に開かれる。


photo

 セミナーは、ITベンチャー支援活動「BizSpark」を展開するマイクロソフト株式会社と、会計ソフト大手の弥生株式会社が共同で開催。ITベンチャーの担当者や個人事業主、起業家が対象で、参加費は無料だ。

 セミナーのテーマは「成長する会社と失敗する会社−-経営数値管理の観点から−」。税理士法人トップ会計事務所代表で税理士・中小企業診断士の増山雅久氏が講師を務め、、「経営数値管理・資金繰りの重要性・コツ」「失敗するベンチャーのパターン」「銀行・投資家が気にするポイント」──という、スタートアップのベンチャーが気になる3点を中心に、成功するベンチャーに必要なものを会計の観点から解説する。

 立ち上げた事業が軌道に乗り、黒字が出ているのに運転資金が突然ショートして「黒字倒産」──といったこともありえないことではない。ベンチャー経営で知っておきたい会計的な知識を、一線の会計実務担当者から直に聞けるチャンスを、ぜひ活用してほしい。

セミナー詳細

・「成長する会社と失敗する会社−経営数値管理の観点から−」

  • 日時:7月2日(金)午後5時〜午後7時
  • 場所:マイクロソフト 初台オフィス
  • 講師:税理士法人トップ会計事務所 代表 増山雅久氏
  • 定員20名(達し次第締め切り)

講師プロフィール

増山雅久氏

税理士法人トップ会計事務所 代表社員

税理士、中小企業診断士

昭和17年10月18日川崎市生まれ

昭和40年 慶應義塾大学工学部管理工学科卒業

昭和52年 税理士登録、増山雅久税理士事務所(現、税理士法人トップ会計事務所)開設

昭和62年 株式会社トップマネジメントサービス(現、株式会社トップコンサルティング)開設

中小企業に対し、税務面のみならず、経営全般にわたる指導を展開

現在、税理士法人トップ会計事務所代表社員 株式会社トップコンサルティング代表取締役社長

税理士・中小企業診断士・川崎商工会議所議員・ロータリークラブ会員

著書「税理士業勝ち残り戦略」他。


[PR/ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2010年6月30日


インフォメーション



Microsoft BizSparkは、創業間もないITベンチャー、法人化を目指す個人事業主、起業家にマクロソフトの統合開発環境やソフトウェアを3年間無償で提供するプログラム。Visual StudioやWindows Server、SQL Serverなどを利用できるほか、技術サポートも提供する。ベンチャーのスタートアップをソフトウェアで支援する。