Special
2004/05/14 20:45 更新

レポート
Bluetooth経由のタブレットPCで開発してます ロボット専業メーカーZMPレポート

 nuvoは、ZMPの発表した家庭用小型ロボットだ。実はこのロボット、タブレットPCで動作パターン構築などを行っている。実際にタブレットPCで動かすところを見せてもらい、nuvoの開発コンセプトを聞いた。

我々は専業メーカー、短期的に事業化できなければ意味がない

―― ZMPはロボット専業メーカーだ。本業がある会社とは別の覚悟があると、株式会社ゼットエムピー(以下ZMP)社長の谷口恒氏は言う。

 ロボットというものは、メカトロの追求という感じがしますよね。モーターを良くするとか、コンピュータの性能をあげるだとか。そうやって最高のものを使っているのが、一般的なロボット開発だったりするわけです。でも、そうすると値段が高くなってしまって、なかなか商業化はできない。彼らは、家庭で使えるっていう目標は、10年〜10数年後に置いて研究しているわけで、必ずしも採算は考えていない。

 それはそれでいいと思うのですが、われわれは専業メーカーなので、1〜2年後とか3〜5年後とか、短期的中期的に事業になるものをやらなくてはならない。

ho_tani.jpg

株式会社ゼットエムピー・代表取締役社長の谷口恒氏

小型・軽量こそ、あまりやりたがる人がいない

―― 昨今各種のロボットがメディアをにぎわしているが、ZMPのロボットは一味違う。それは、小型・軽量という点に重きを置いていることだ。

 そこで考え出したのが「小型化」。10年以内に家庭に入れるロボットというのは小型化されたものしかないだろうと。

 理由は簡単で、(ロボットは)必ず転倒するからです。数10キロあるものが倒れると、そこに赤ちゃんが寝てたりすると、非常にあぶない。nuvoは39センチで2.5キロなので、これなら人の上に倒れても怪我はさせません。二足歩行をさせる限り現状の技術では転倒を絶対に防ぐことなど不可能ですので、倒れても安全っていうのは重要なのです。

 小型軽量にすることで部品代も安くなるのです。大きな部品はひとつ数十万円しますから、あまり使えませんね。また、携帯電話くらいに小さすぎても部品代が高価になります。私の夢は携帯電話サイズのロボットで、歩いて、電話もできる。でも、それは高くなってしまいます。

 また、大きいロボットは、そばに置いておくのがむずかしいですね。小さいのなら、気にしないでいられる。そうして、携帯電話みたいに気がついたら手放せないようなそういうものにしたいです。

 たとえば、他社で同じようなサイズのロボットがありますが、nuvoの3倍ぐらいの重さがあります。大部分が金属で構成されていますから。

 ロボット屋というのは金属を多用しガチガチに剛性を高めようとされます。薄い板がたわんだりすると計算が狂いますから。しかし結果重くなります。これに外装つけたらもっと重くなりますね。

 nuvoは金属をほとんど使っていないのです。ABS樹脂を使って、蟹の甲羅みたいに外骨格にして、それが構造材になっています。それで一気に軽くしました。

タブレットPCのポータブル性は魅力

―― nuvoの開発シーンで、タブレットPCには助けれられているという。

 nuvoのコントロールは、音声もOK、携帯電話でもいいし、携帯を赤外線リモコンとして使うのもいい。もちろんパソコンやタブレットPCでもOKです。ちなみに先日NTTドコモがヴィジュアルコントローラーを発表しましたが、そのときにnuvoを使って発表していただきました。5月11日から東京ビッグサイトで開催されたビジネスショー2004でも、ドコモのブースにnuvoコーナーを設け、来場者に実際にFOMAによるコントロールを体験していただきました。

 なかでもタブレットPCを使っていてよさを実感したのは、nuvoの開発プロセスです。ロボットの動きを早稲田大学と共同開発したパターンジェネレータで作るのですが、それはロボットに向かいながらの作業で、なかなかデスクに向かってという訳に行きません。ですのでポータブルなタブレットPCというのは、便利ですね。

 また、外でプレゼンテーションをするときなども、このポータブル性は魅力です。

ho_nuvod.jpg

nuvoの動作開発のプロセス

ho_sosa.jpg

ロボットはロボットじゃない業界とも組むことでブレイクスルーする

―― ロボット専業メーカーの社長にもかかわらず、冗談半分に「ロボット屋ではない」と谷口恒氏は笑う。

 私はもともとロボット屋ではないので、実を言うと、あんまりロボットらしくないほうが、好きなんです。ロボットはロボットじゃない業界とも組むことでブレイクスルーする。

 いままでのロボットというのは、ほとんど「ロボットを作りたい人」がやっていると思います。私はそうじゃない。少しはたから見ている。そうすると、なるべく客観的な視点で今の技術でいけるところというのがわかるんですね。

 モーターなどでも、この1〜2年では大きな飛躍はないだろうし、現状の制御をやっていたら、大きなブレークスルーはないだろう。そういうのが見えてくる。研究はされてても実現はもっと先だろう。それなら(専業メーカーとしては)やることは他にあるだろうと。

 私は、ソフト会社とかゲーム関係、またアーティストたちと仲良くて、遊びに行ったりしています。そこで例えばロボットをゲームの端末として利用できないかとか、ロボットに何をやらせるかとか、話をする。僕も、ロボットがいまできるのはこの程度だよ、このくらいしかできないよ、という情報を出して、それをいかに活用するかの方法を考える。

 ロボットやる人は、みんなメカトロへの知識が深いですね。新しいセンサーができたから載せたいとか。でも、それでちょっとは安定するでしょうけど、その程度です。だったら、もっと違う方法があると思っています。

 ロボットというのは人間をまねているものですから、人間をよく知っている人間工学のプロと組もうと考え、ミズノに行き、靴をはかせました。これで、だいぶ安定性やエネルギー効率が良くなり、電池の保ちが変わりました。振動や衝撃による部品のゆるみもなくなったので、耐久性も増しました。

 私のやることは、見かけ重視ブランド重視に見られがちのようなのですが、……半分くらいそうなのですけど……でも、ちゃんと性能もアップしていますよ。

ho_tani2.jpg

ミズノとの提携の経緯を熱く語る谷口氏

関連記事
▼ケータイで動くロボット兵?――ZMP、“50万円ヒューマノイド”発表
▼ZMP、携帯電話で操作できる小型ヒューマノイドロボットを開発
▼ROBODEX 2003:PINO、“ver.2”でマッチョに
▼“ヒューマノイド”ビジネスの可能性――ロボットベンチャー「ZMP」に聞く
▼六本木に秘密アジト? ロボットベンチャー企業「ZMP」に潜入!
▼ロボット社会の伝道師──その名は「PINO」

関連リンク
▼ZMP
▼マイクロソフト タブレットPC

[こばやしゆたか,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PICK UP

news010.jpg ベールを脱いだ“Origami”、MicrosoftとIntelがOrigamiことUMPCを披露
CeBIT 2006で、ついに“Origami”がベールを脱いだ。3月9日、MicrosoftとIntelはそれぞれプレス発表会を開催、OrigamiことUltra-Mobile PC(UMPC)デバイス戦略を明らかにした。

news015.jpg “Origami”命名者らが明かすUltra-Mobile PC構想
CeBIT 2006の目玉となった“Origami”ことUltra-Mobile PC(UMPC)。会場ではIntel、Samsung、ASUSなどのブースでUMPCを見ることができた。3月10日に催されたMicrosoft、Intel、Samsungの共同記者発表会の模様とあわせて、UMPCを検証してみよう。

news001.jpg 1キロを切る超小型・軽量のコンバーチブル型タブレットPC──富士通「FMV LIFEBOOK P8210」
富士通の企業向けノートPC「FMV LIFEBOOK」シリーズに、コンバーチブルスタイルのタブレットPC 2モデルが追加された。その中でも「FMV LIFEBOOK P8210」は、本体重量が約990グラムと非常に小型・軽量でありながらも、コンバーチブルスタイルを実現した意欲的なタブレットPCである。

news002.jpg これが“ThinkPad”クオリティのタブレットPCだ──レノボ・ジャパン「ThinkPad X41 Tablet」
性能面はもとより、耐久性や操作性なども含めたノートPCとしての完成度の高さで幅広いユーザーから支持されている「ThinkPad」シリーズ。そのThinkPadからコンバーチブルタイプのタブレットPCが登場した。それが「ThinkPad X41 Tablet」である。

news002.jpg デジタルクリエイター教育におけるTabletPCの可能性──デジタルハリウッド杉山学長インタビュー
デジハリEXは、TabletPCを使ったデッサン入門講座を6月に開講する。なぜTabletPCを教材に採用したのか? クリエイティブツールとしての可能性・将来性は? 日本のデジタルクリエイター教育の先駆者であるデジタルハリウッド大学・大学院の杉山知之学長に話を伺った。

1.jpg サラリーマンのためのタブレットPC使いこなしガイド 第1回:OneNoteの登場でタブレットPCがいっそう身近に(1)
ノートPCとPDAの中間――普段のWindowsアプリケーションが使え、PDAなみの軽快な操作性と携帯性を持つタブレットPC。メールやWebの閲覧はもちろん、企画書を作成して他社に営業に行き会議室でプレゼンを行う……そんな今回の企画にぴったりの人はもちろん、それ以外の人にもタブレットPCとOffice OneNote 2003などのアプリケーションを組み合わせた、きっと役に立つちょっとしたノウハウを今後数回に分けて展開していく。

news009.jpg マイクロソフト、次世代TabletPCのコンセプトモデルを初披露
マイクロソフトは都内で行われた開発者向けコンファレンス「WinHEC 2005 Highlights」で、次世代TabletPCのコンセプトモデルを本邦初公開した。スライド式の液晶タブレットを搭載し、ノートPCモードとピュアタブレットモードを瞬時に行き来できるのが特徴だ。

news020.jpg TabletPCの現在、そして未来を語る──モバイルプラットフォーム事業部GMインタビュー
TabletPCはノートPC市場のメインストリームに対して、フェーズに合わせて普及のターゲットを広げてきた。さらに将来的には、タブレットの機能はすべてのノートPCにも搭載されるようになるという。米マイクロソフト モバイルプラットフォーム事業部 ジェネラルマネージャーにTabletPCの現在と未来を聞いた。

news003.jpg ペンオペレーションでモバイルAVノートの魅力が変わる──富士通「FMV-BIBLO LOOX P70R」
富士通のモバイルAVノート「FMV-BIBLO LOOX」シリーズに、新モデルとなる「FMV-BIBLO LOOX P70R」が登場した。1キロを切る軽量ボディを実現しながらも、一般ユーザー向けとしては同社初のコンバーチブル型タブレットPCであるという意欲的な製品だ。

news005.jpg タブレットPCのプレゼンは、なぜ琴線を揺さぶることができるのか?
今や、ビジネスパーソンだけでなく、学生にもプレゼン能力が問われる時代。とはいえ、スライドと話術のみで受け手に強い印象を残すプレゼンを行うのは非常に難しい。しかし、タブレットPCを利用すれば、誰でも簡単に“勝てるプレゼン”が可能になるという。それはなぜか──。

news001.jpg コンバーチブル型を採用した企業ユースのメインストリームモデル──日本HP 「HP Compaq tc4200 Tablet PC」
日本HPから、同社初となるコンバーチブル型のタブレットPC「HP Compaq tc4200 Tablet PC」が登場する。利用シーンに合わせてスタイルを変更できるトランスフォーム型で脚光を浴びた同社製タブレットPCだが、新モデルはイメージを一新し、企業ユースの本流を狙う意欲的な製品に仕上がっている。

news001.jpg オフィスを狙った本格仕様の2スピンドルコンバーチブル型タブレットPC──富士通「FMV LIFEBOOK T8210」
「FMV LIFEBOOK T8210」は、携帯性を重視したB5サイズの2スピンドルコンバーチブル型タブレットPCだ。タブレットモード、ノートPCモードのどちらも快適に使用できるハイスペックを備えており、オフィスユースに適した魅力的なマシンに仕上がっている。

news003.jpg TabletPCでペーパーレス化や広告イメージの具体化・共有化を実現
アカウントマネージメントパーソンにとって、クライアントに関するあらゆる資料・情報は“ビジネスのなる木”だ。だが、それらをすべてため込もうとすると、今度はその量に飲み込まれて身動きができなくなってしまう……。マッキャンエリクソンに勤めるあるアカウントマネージメントパーソンは、TabletPCを使うことでその矛盾を克服した。

news002.jpg タブレットPC・ガールの旅日記Vol.8「東京ベイエリアに行きました」
KAORI(臼田 華織)、歌って踊れるキャンペーンガール&モデルユニット「IT GIRLS」のメンバー。所属はアトランティックス マネージメントです。柔らかな初春の日差しに誘われ、葛西臨海公園からパレットタウン、お台場海浜公園まで、東京ベイエリアをぐるっと回ってきました。