Special
» 2017年07月07日 10時00分 UPDATE

ファーウェイ入魂のクラムシェルノート「HUAWEI MateBook X」徹底検証 (1/4)

ファーウェイが満を持して投入した薄型軽量のクラムシェル型ノートPC「HUAWEI MateBook X」は、スリムでコンパクトなファンレスボディーに高性能と高機能を詰め込んだプレミアムな製品だ(提供:ファーウェイ・ジャパン)

[PR/ITmedia]
PR

スマホの雄、ファーウェイが満を持して投入するクラムシェルとは?

 2016年に2in1デバイス「HUAWEI MateBook」でPC市場に参入したスマホ業界の雄、ファーウェイから、初のクラムシェル型ノートPC「HUAWEI MateBook X」が登場した。

ファーウェイ初のクラムシェル型ノートPC「HUAWEI MateBook X」は、13型の画面を搭載するノートPCとして世界最小クラスのフットプリントを実現。高精細な液晶ディスプレイの美しさ、Dolbyとの共同開発によるサウンドシステムも注目だ

 スマートフォンで高い実績を誇る同社が満を持して投入した本製品は、13型液晶ディスプレイを搭載しながらA4サイズを下回るフットプリントを実現したスリムかつコンパクトなボディーが大きな特徴。

 独自の冷却機構によるファンレス設計、Dolby社との共同開発による迫力のサウンドシステムを搭載するなど、同社ならではの魅力にあふれた製品となっている。これからその内容をじっくりと見ていこう。

見る者を魅了する美しいコンパクトボディー

 HUAWEI MateBook Xの大きな特徴が、スリムでコンパクトなボディーだ。具体的なサイズは、約286(幅)×211(奥行き)×12.5(高さ)mm。フットプリントはA4サイズの用紙(297×210mm)よりも小さく、13型の画面を搭載したノートPCとしては世界最小クラスの高いモビリティを実現している。

 これだけの小ささを実現できたのは、スマートフォンメーカーだからこそ。よりシビアな小型化、薄型化が求められるスマートフォンの開発で培ってきた高密度実装技術が大いに生かされている。メタル素材を高精度に組み合わせているため剛性感も高く、ツールとしての安心感も高い。

上質感があふれ出すメタルボディー

エッジをダイヤモンドカットするなどディティールに凝っており、ラグジュアリーな雰囲気を醸しだしている

 デザインの美しさも目を引く。精緻な表面仕上げで質感高く仕上げたメタル外装、エッジをダイヤモンドカットで面取りしたシルエットと、洗練されたデザイン要素を取り入れ、見る者を魅了するラグジュアリーなオーラを醸しだしている。

 ボディカラーは、高級感あふれる「プレステージゴールド」のほか、エレガントな「ローズゴールド」、ビジネスシーンにもフィットするシックな「スペースグレー」の3色が用意されている。

コンパクトながら同時にスリムも実現。厚さわずか12.5mmのすっきりとしたフォルムでバッグの中でも邪魔にならない。重量も1.05キログラムと軽量だ

フットプリントはA4サイズの用紙(297×210mm)よりも小さい約286×211mm(写真は本体の下にA4用紙をしいている)。13型の画面を搭載したノートPCとしては世界最小クラスを実現している

黒が締まり、色が映える、sRGB100%の広色域2K液晶ディスプレイ

 液晶ディスプレイの美しさも特筆できる。横幅を左右4.4mmまで切り詰めた狭額縁デザイン、継ぎ目のないフラットな実装はこれまたスマートフォンの開発で培った技術が生かされている。

 画面の表示解像度は、2160×1440ピクセル。広視野角のIPSパネルを採用しているため、斜めから見ても色味の破綻なくクッキリと美しい表示で全体を見渡せる。最大輝度は350カンデラと高く、明るいところでもしっかり視認性を確保できる。

13型液晶ディスプレイの表示解像度は2160×1440ピクセル。画素密度は約195ppiと高精細な表示だ。広視野角のIPSパネルを採用し、最大輝度350カンデラ、コントラスト比1000:1、sRGB比100%の広色域に対応と、実にぜいたくな仕様だ。狭額縁かつフラットな実装は、画面のコンテンツをより際立たせる効果がある。ここにもスマートフォンの開発で培った技術が生かされている

 さらに、コントラスト比は1000:1と高く、引き締まった黒の表現が可能。色域はsRGB100%の広色域に対応し、赤はより赤く、緑はより緑に、業界標準であるsRGBコンテンツを制作者の意図通りに完璧に再現することができる。Corning Gorilla Glassを採用して、キズやスレがつくにくい点も心強い。

sRGB比100%の液晶ディスプレイは色再現性に優れ、赤はより赤に、緑はより緑にと、メリハリの効いた鮮やかな表示が楽しめる

 実際の表示品質の高さは目視でもはっきり確認できる。Windowsのデスクトップ画面からしてもシャキッと気持ちのよい表示と感じるが、花の写真、森林などの写真や動画などを表示すると明らかに違いがわかり、メリハリが効いて実に鮮やかだ。これを見たあとで一般的なノートPCの画面を見ると、あっさりしすぎで色褪せたように見えてしまう。このほか、HUAWEI MateBook Xのディスプレイは目に有害とされるブルーライトカット機能も搭載。明るく鮮やかなだけでなく、長時間利用時の疲れにくさ、健康に配慮しているのも好印象だ。

横の非表示領域がわずか4.4mmしかない狭額縁ディスプレイによって、クラス最高峰のコンパクトボディーを実現している

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:華為技術日本株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2017年8月6日