ソニー,新エアボードを発表――ホームゲートウェイ機能を強化

ソニーが,TVとインターネットをワイヤレスで楽しめるパーソナルITテレビ“エアボード”の新製品を発表した。10BASE-T/モデムポートを装備し,PCの無線LANアクセスポイントやプリンタサーバ代わりになるなど,ブロードバンド時代に向けた「ホームゲートウェイ」機能を強化したのが特徴だ。

【国内記事】 2001年12月12日更新

 ソニーは12月12日,TVとインターネットをワイヤレスで楽しめるパーソナルITテレビ“エアボード”の新製品「エアボード IDT-LF2」を発表した。今回は,ブロードバンド時代に向けた「ホームゲートウェイ」機能を強化したのが特徴だ。発売は2002年1月25日。価格はオープンで,実売予想価格は13万円前後だ。


ホームゲートウェイ機能を強化した新エアボード

 昨年12月に登場した新コンセプト商品“エアボード”。今年9月に受注生産というかたちで10BASE-Tポート搭載モデルを発売したが,新製品ではベースステーションに10BASE-Tポートとモデムポート(56Kbps)の両方を装備した。ワイヤレス通信方式はIEEE 802.11b準拠の無線LANで,テレビやビデオなどの動画は,MPEG-2形式へリアルタイムでエンコードしてモニタに伝送する。

 ビデオ入出力端子も入力3系統(ビデオ×2,S端子×1),出力1系統(ビデオ×1)と充実,ビデオデッキやDVD,BSデジタルなどを接続し,ワイヤレスで映像を楽しめる。赤外線経由でAV機器を操作できるAVマウス端子が2系統用意されており,モニタから再生/停止やチャンネル切り替えなどの操作ができる。


10BASE-Tとモデムの両方をサポート。ビデオ入出力端子やAV機器を操作できるAVマウス端子を装備

 また今回のベースステーションは,モニタ以外に無線LANカードを利用してPCとも接続できる「ワイヤレスLANアクセスポイント」も装備している。1台のベーステーションに対して,モニタ以外に15台のPCが接続可能だ。

 新製品では,印刷機能もサポートした。ベースステーションに装備されたUSBに接続するだけで,プリンタのメーカーや機種を自動識別する。印刷はモニタ上部の印刷ボタンを押すだけだ。対応機種は,同社製(MPR-501)のほか,エプソン(PM-730C/830C/890C),キヤノン(BJ S300/S500/S700),日本ヒューレット・パッカード(Deskjet 845c/948c/990cxi)各社3機種ずつ計10機種がアナウンスされている(12月現在)。

 接続されたプリンタは,無線LANのアクセスポイントに設定してあるPCからも利用できる。つまり,ベースステーションがプリントサーバにもなるというわけだ。


USBでプリンタと接続。プリントサーバとしてPCからも利用できる

 モニタのサイズは368(幅)×242(高さ)×52(厚さ)ミリと前モデルより一回り大きくなり,重さも約2.1キロとなって600グラムほど増えている。これは,液晶パネルを10.4インチから12.1インチにサイズアップしているためと,バッテリの容量アップによるものだ。「画面サイズだけでなく輝度も従来機の約2.5倍と明るくなっている。駆動時間は最大2時間となり,映画1本を鑑賞できるようになった」(同社)。


大きく明るい液晶。バッテリ容量アップで最大2時間駆動できる

 ただ,見やすさと長時間駆動の代償に,携帯性が犠牲になってしまったのは残念だ。実際に持ってみると,2.1キロのボディは結構重い。「片手にエアボードを持ち,スタイラスペンで操作する」という利用スタイルは,少々辛そうだ。同社でも,机やひざの上に置いて操作することを推奨しており,背面部には可倒式の簡易スタンドも用意されている。

 ベースステーションとは別に,充電機能を装備したクレードルが1基同梱され,別売りでも用意。各部屋にクレードルを置けば,バッテリ切れの心配をせずにワイヤレス環境を楽しむことができる。


モニタ背面部には可倒式の簡易スタンド。充電機能を装備したクレードルが1基同梱される

 モニタにはメモリースティックスロットを備えており,デジタルカメラで撮影した画像をアルバム化して閲覧したり,電子メールの受信簿やアドレス帳を個人ごとに管理できる。インターネット機能では,HTML 3.4相当のWebブラウザと電子メール機能を搭載している。

 主な仕様は以下の通り。

製品名 IDT-LF2
TV機能 NTSC方式,VHF 1〜12ch/UHF 13〜62ch/CATV C13〜C35
液晶パネル 12.1型TFT(800×600ピクセル)
ベースステーション 10BASE-Tポート×1/アンテナ端子(F型)×1/ビデオ入力×2,同出力×1/S映像入力×1/モジュラージャック×1/AVマウス出力×2
モニタ側インタフェース メモリースティックスロット×1/ヘッドホン端子×1/キーボード端子(PS/2)×1
無線通信変調方式 DS-SS(IEEE 802.11b準拠)
通信距離 約30メートル(屋内)
モデム 56Kbps(V.90準拠)
ブラウザ HTML3.2相当(HTML4.0の一部機能を含む,フレーム対応,JavaScript,SSL),Flash Ver.5.0,画像(GIF/JPEG/PNG)
ユーザーメモリ 約8Mバイト
電源 ベースステーション:ACアダプター,モニタ:リチウムイオン充電池(駆動時間:最大約2時間)
サイズ ベースステーション:260(幅)×170(奥行き)×130(高さ)ミリ,モニタ:368(幅)×52(厚さ)×242(高さ)ミリ
重量 ベースステーション:約1.2キロ,モニタ:約2.1キロ(付属バッテリー含む)
付属品 クレードル×1,ACアダプタ(ベースステーション用×1/クレードル用×1),リチウムイオンバッテリ×1,AVマウス×1
価格 オープン(実売13万円前後)

関連記事
▼ ソニー「エアボード」にブロードバンド対応モデル登場,受注生産で価格は13万円弱
▼ 「エアボードネット」はオープンな「iモード」?
▼ ソニーとジャスト,「エアボード」専用ネットサービスを共同開発
▼ 「PCではなく,TVでもない」ソニーの「エアボード」詳報
▼ 家中どこでもテレビとネット,ソニーの"パーソナルITテレビ"「エアボード」
▼ ソニーの新コンセプト商品「エアボード」登場

関連リンク
▼ エアボード専用サイト
▼ ソニー

[西坂真人,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!