ニュース 2002年9月25日 06:13 PM 更新

NTTコム「ホットスポット」とNTT-BP「無線LAN倶楽部」、AP相互乗り入れを実験


 NTTコミュニケーションズとNTTブロードバンドプラットフォーム(NTT-BP)は9月25日、両社の無線LANインターネット接続サービスについて、アクセスポイントの相互乗り入れ実験を10月7日から始めると発表した。

 NTTコムの「ホットスポット」と、NTT-BPの「無線LAN倶楽部トライアル」のそれぞれのユーザーが、他方のアクセスポイントも利用できるようにする。ユーザーの利便性の向上がねらい。実験結果を検証し、将来は他事業者とのローミングにも取り組む。

 実験は約1カ月間の予定。各サービスのユーザーからモニター参加者約20人を募集する。対象アクセスポイントは、「ホットスポット」が「CAFE364JOURS 銀座7丁目店」、「無線LAN倶楽部トライアル」が全アクセスポイント。

関連記事
▼ NTT東系「無線LAN倶楽部」とNTT-ME「ネオモバイル」が相互乗り入れ
▼ NTTコム、月額1600円で“ホットスポット”を展開
▼ 「NTT-BP」設立――駅で無線LANサービス

関連リンク
▼ NTTコム「ホットスポット」
▼ NTT-BP「無線LAN倶楽部」

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!