ニュース 2002年9月30日 03:03 AM 更新

TTC、スペクトル管理問題の議事録を公開

情報通信技術委員会(TTC)は9月30日、第16回第四部門委員会第六専門委員会の議事録を公開した。事業者間の対立もあったようだが、どのような話し合いがもたれたのだろうか

 情報通信技術委員会(TTC)は9月30日、第16回第四部門委員会第六専門委員会(WG4-6)の審議内容をホームページ上で公開した。TTCでは従来、審議を非公開としていたが、スペクトル管理問題でビー・ビー・テクノロジーが動議を提出したことに伴い、“注目が集まる中、混乱を避けるため”公開に転じた(これまでの経緯は別記事参照)。

 公開されたのは、議事録および会議に提出された寄書(各社の資料や意見)。ただし、専門委員会の承認をえた第16回(8月29日)の議事録、および起案者が同意した寄書のみの公開となった。

改定案は“WG4-6に提案できず”

 議事録を見て、まず気が付くのが第四部門委員会第六専門委員会サブワーキンググループ5(SWG465)が「今回のWG4-6には、JJ-100.01改定案(=「TTC標準」第2.0版)を提出できなかった」と記録されている点。

 議事録には理由として、「8月19日に全ドラフトを全面改訂する新提案が出されたこと、その後、7月31日の議論を否定する意見がメンバから提出されたことで、SWG465のコンセンサスが得られなかった」ことなどが挙げられている。

 7月31日のSWG465で話し合われた改定案とは、イー・アクセスが参考として提案した、ビー・ビー・テクノロジー(BBT)の提供する12Mbps Annex A.exを“標準外”とするものを指す。これがWG4-6に提案できなかったということは、改定案の採用が延期あるいは棚上げされたことを意味する。8月30日にBBTが「ドラフト(新分類案)はいったん取り下げになったと認識している」とコメントしているのは(記事参照)、これを指すと思われる。

 もっとも、アッカネットワークスは「7月31日の会合出席者の合意に基づいたドラフトを、WG4-6に付議すべき」と表明したことが記録されている。どうやらまだ、事業者間で議論がくすぶっているようだ。

サブワーキンググループは当面開催せず

 議事録では、SWG465についても記載がある。それによれば、「SWG465はJJ100.01の改版を進めるべきでないとの意見がBBTから提出され、その結論が出ていないため、当分の間、開催しない」とのこと。

 WG4-6で議論するためのたたき台は、今後TTC事務局が提案し、各社のコンセンサスにより決定する。記録によれば、これに参加者全員が合意したという。

 SWG465に関しては、そのあり方を議論するために、できるだけ早くWG4-6を開催することを参加者全員が確認した。BBT側は会議中「SWG465は適性を欠いたメンバーで構成された委員会である」と発言しているが、このあたりの組織体制がどうなるかは、引き続き議論の対象となるようだ。

合意に至った内容は少ない

 今回、公開された内容を見ると、全体に合意に至った事項が少ない印象を受ける。BBTの異論を受けて、とりあえずTTC標準改訂版の採用を見送り、SWG465の活動を休止した。また、議事録公開のルールを決めた、といった合意がなされただけで、そのほかの議題の結論を出すのはは今後に持ち越されたようだ。

 その後、9月26日に第17回WG4-6が開催されているが、こちらはまだ、審議内容が“速報”としての扱いで、明らかにされている情報量が少ない。10月17日には、既存の議題などを審議するため、再びWG4-6が開催される予定だ。



関連記事
▼ 「TTC標準には致命的な欠陥がある」──BBTが動議を提出
 Yahoo!BBを運営するBBTが、TTCのDSLスペクトル管理標準を廃止するよう動議を提出。同社の孫正義社長は記者会見を開き、「ありえない条件に基づいており、われわれはむしろ被害者だ」と主張した

▼ TTC、近く12Mサービスを含むDSLスペクトル管理標準に関する審議内容を公開
 社団法人情報通信技術委員会(TTC)は、電話回線で使用できるDSLの種類を定める標準、JJ-100.01「メタリック加入者線伝送システムのスペクトル管理」について、近く審議経過の「正式な」議事録を公開すると発表した

▼ BBT、“TTCへの動議は理解された”
 ADSLサービス「Yahoo!BB」を運営するビー・ビー・テクノロジー(BBT)は8月30日、TTCに対して提出した動議に基づき、Annex A.exを“標準外”とする分類案などが再検討されることになったとの認識を発表した

▼ スペクトル管理 〜これまでの経緯
 国内の“スペクトル管理”のあり方について、議論が続いている。議論の意味を理解するためにも、これまでの経緯を一度確認しよう

▼ 平均1Mbpsアップ、収容局距離7キロでも接続──Yahoo!BB 12M詳細
 ソフトバンクグループが12Mbpsサービスの説明会を開催した。高速化に加え、収容局距離が遠くて利用できなかったユーザーにも常時接続を提供できるメリットを強調。同サービスが他社ADSL回線に干渉するとの指摘には「影響がないことを実証実験で確認している」と反論した


関連リンク
▼ 情報通信技術委員会(TTC)

[杉浦正武, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!