ニュース 2002年10月24日 09:29 PM 更新

夢は“シームレス”〜NTTコムの「ホットスポット」

無線LANローミングをはじめ、ISPへの回線提供やコンテンツ協力など、他社との協業を進めるNTTコミュニケーションズの「ホットスポット」。「e-Drive 2002」の初日、同社の田部井俊幸担当部長が公衆無線LANサービスの現状と将来像を語った

 ブロードバンドビジネスのカンファレンス&展示会「e-Drive 2002」が品川プリンスホテルで開幕した。初日の10月23日、NTTコミュニケーションズ・ユーザアクセス部の田部井俊幸担当部長が公演を行い、公衆無線LANサービス「ホットスポット」の現状と将来像を語った。

 NTTコミュニケーションズは、大手ハンバーガーショップチェーンの「モスバーガー」と協力して、早い時期から実験サービス「Hi-Fibe」を展開してきた(昨年7月の記事を参照)。当時を振り返り、田部井氏は「Hi-Fibeの普及には、モスバーガーの力が大きかった」と語る。


NTTコミュニケーションズ・ユーザアクセス部の田部井俊幸担当部長

 というのも、実験サービスの開始当初、NTTコムはプレス発表を一切行っていなかったため。モスバーガーの尽力によって各種メディアに取り上げられるようになり、「あっという間に5000名のモニター応募が集まった」。また、ホテルやコンビニチェーンなどからの問い合わせも相次いだという。最終的には、モニターの数は8000名まで拡大している。

 一方、トラブルも経験した。ISMバンドの2.4GHz帯を使うIEEE 802.11bは、干渉による速度低下を懸念されるが、とくに、Hi-Fibeではミニストップとの提携によってコンビニエンスストアがホットスポットになっていた。コンビニには、弁当を温める電子レンジが付き物だ。

 「ある時、店舗から無線LANのスループットが低下したという報告を受けた。調査したところ、電子レンジのアースが抜けていたのが原因だった」。同社が“クリーンな”5.2GHz帯を使うIEEE 802.11aを他社より先に導入した背景には、こうした経験があったのかもしれない。

今後の展開と課題


国内のホットスポットサービス比較(クリックで拡大)

 Hi-Fibeから「ホットスポット」へと改称し、商用サービスとして公衆無線LANサービスを提供しているNTTコム(4月の記事を参照)。田部井氏によると、現在のユーザーは約1000人、スポットの数は約250カ所という。

 ただし、同社の特徴でもあるIEEE 802.11a/b両対応のスポットは「工事の関係」で約80カ所に止まっている。「基本的には、すべてのエリアで(デュアルバンドに)対応する方針だ。また、10月には大阪や横浜、札幌などに進出する計画で、その後は全国展開を図る」。なお、札幌は提携会社のワイコムが展開し、ローミングを可能にする(7月の記事を参照))。


ワイコムとのローミングは10月末に開始

 ワイコムの例に見られるように、NTTコムは他事業者との協業に積極的だ。それはローミングに止まらず、ISPへの回線提供やコンテンツ協力や端末メーカーとの共同開発にまで拡大している。

 既に公表されているものだけでも、「OCN」ユーザーを対象としたホットスポット実験、グループ会社のNTT-BP「無線LAN倶楽部」とのローミング、シャープとの協業による「SSTホットスポットサービス」(スポット周辺のエリア情報)、そしてソニー「VAIOノート」ユーザーに対するユーティリティ提供などがある。共通するコンセプトは、ユーザービリティの向上だ。


ソニーのネットワーク設定切り替えツール「SmartNetwork」にホットスポットの自動ログインツールを統合。1回目のログインではID/パスワードが必要だが、2回目以降は切り替えが容易になる。VAIOノートの秋モデル(505、SR、C1、U)に搭載されているほか、無料ダウンロードも可能だ(Windows XPのみ対応)

 「例えば、ヘビーユーザーならネットワーク設定の変更も苦にならないだろう。しかし、端末の操作性向上は重要だ。一般の人も使える端末をメーカーと組んで推進する」(同氏)。

 ローミングによってスポットを拡大する一方、ユーティリティの提供でPCの初心者にも利用できる環境を整える。さらに、IPv6対応のホットスポットや、5GHz帯を使ったNWA(ノマディック・ワイヤレス・アクセス)実験など、将来のサービスに対する投資にも積極的。まだ実験段階のものも多いが、これらはすべて1つの目標に向かう同一線上にあるようだ。

 「夢は“スポット”ではない。どこでも利用できる、“シームレスサービス”だ」(田部井氏)。


5GHz帯を使ったNWA(ノマディック・ワイヤレス・アクセス)のイメージ


“シームレスサービス”はユビキタスネットワークに通じる

関連記事
▼ NTT Com、OCNユーザー向けにホットスポットを年内無料提供
▼ NTTコム「ホットスポット」とNTT-BP「無線LAN倶楽部」、AP相互乗り入れを実験
▼ 夏休み・渋谷ハチ公前リポート「ホットスポットって知ってますか?」
▼ ワイコム、無線アクセス&ホットスポットの「Air11」
▼ NTTコム、5GHz帯屋外無線LANサービスに向け実験局免許を申請
▼ NTTコム、月額1600円で“ホットスポット”を展開
▼ NTTコムのハイファイブ、モスでのIPv6実験も含めて来春商用サービスに向けて接続実験を継続
▼ ハンバーガーと無線LAN

関連リンク
▼ ホットスポット(NTTコム)
▼ NTTコミュニケーションズ

[芹澤隆徳, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!