リビング+:ニュース 2003/09/02 02:40:00 更新


ソニーの“エアタクトシステム”、開発の意図

ソニーが8月4日に発表した新しい「プラズマ<ベガ>HZシリーズ」は、ハイエンドAV機器であり、またストリーミング動画や無線LAN、「エアタクト」といった新しい要素を取り込んだ挑戦的な製品でもある。その開発コンセプトとエアタクトの仕組みを、ソニープロジェクションディスプレイカンパニー商品技術部の高田信司統括部長に聞いた。

 ソニーが8月4日に発表した新しいプラズマ<ベガ>「HZシリーズ」は、2面性を持つ製品だ。単に、プラズマディスプレイ(以下PDP)とワイヤレス液晶TVの2画面を持つという意味ではない。ハイエンドAV機器であり、またストリーミング動画や無線LAN、「エアタクト」といった新しい要素を取り込んだ挑戦的な製品でもある。その開発コンセプトとエアタクトの仕組みについて、ソニープロジェクションディスプレイカンパニー商品技術部の高田信司統括部長に聞いた。

photo

製品ラインアップは2つ。50V型の「KDE-P50HZ1」(10月10日発売、140万円)と42V型の「KDE-P42HZ1」(9月10日発売、115万円)

 HZシリーズの特徴は、本体のPDPよりもむしろ、付属品の「パレットディスプレイ」にある。7型のワイドVGA液晶(800×480ピクセル)を搭載したパレットディスプレイは、同社のワイヤレス液晶TV「エアボード」を小型化したようなデバイスだ。これ自体でTVの視聴、Webブラウズ、ストリーミング動画再生をこなし、側面のメモリースティックスロットを使ってデジカメ画像を閲覧することも可能。学習機能はないが、他社製のAV機器も操作できるマルチリモコンにもなる。

photo

ソニー、プロジェクションディスプレイカンパニー商品技術部の高田信司統括部長

 パレットディスプレイにTV画面を映せば、まるで「ピクチャー・イン・ピクチャー」の子画面が手元にあるような感覚でTVを視聴できる。高田氏によると、この状態が最初のコンセプトだったという。「ピクチャー・イン・ピクチャーは便利だが、子画面を表示すると全体の画を損なう。そこで、別のディスプレイを使って“ピクチャー・アウト・ピクチャー”を実現したかった」。

photo

メモリースティックスロットは側面。パレットディスプレイにはバッテリーも内蔵されており、クレードルから外しても2〜3時間は動作する。キッチンに持ち込み、Webサイトのレシピを見ながら料理するといった用途も

 もっとも、パレットディスプレイ自体にTVチューナーは搭載されていない。別きょう体の「メディアレシーバー」(BS/CS/地上波チューナー内蔵)がTV放送をH.263にリアルタイムエンコードし、IEEE 802.11a無線LANで送信する仕組みだ。コーデックや無線規格は異なるが、やはりエアボードと同じアプローチといえる。

photo

システム概要(クリックで拡大)

 パレットディスプレイ側では、内蔵のDSP(Advanced Broadband Codec Processorと呼ぶ)を使ってデコードする。このDSPは、H.263以外にも米On2 Technologiesの「VP4/VP6」、米RealNetworksの「RealMedia」をサポートしており、ストリーミング動画の再生にも対応。

「ブロードバンドコンテンツを大画面に出力する。これが2つめのコンセプトだ」(同氏)。

 なお、HZシリーズは既存のブロードバンドコンテンツサイトも視聴できるが、So-netはエアタクト搭載プラズマ<ベガ>を対象としたストリーミング配信サイトを、発売と同時(9月10日)にオープン。最新の映画情報やニュース、エンターテイメントコンテンツなどを300K〜1Mbpsのビットレートで提供する予定だ。

photo

。メディアレシーバーにつながるIEEE 802.11aのAPは、PC向け無線LAN製品でお馴染みの四角いデザイン

photo

メディアレシーバーの背面端子群(クリックで拡大)。PDPとメディアレシーバーはDVI接続、iLink端子も備え、BSデジタル放送をD-VHSなどに録画可能だ

エアタクトの操作法

 新しいユーザーインタフェース技術「エアタクト」は、パレットディスプレイのタッチパネルを利用して、ジェスチャーで直感的に操作するというもの。指やスタイラスを使い、画面の上をなぞるように動かすことで各種のオペレーションが可能になる。エアボードにも、画面上で左右にスタイラスを走らせるとチャンネルが切り替わる機能があるが、今回はさらに上下や斜めの動きも加わった。

 たとえば、タッチパネルを手前から上方向になぞると“スロウ”(投げる)の動作。パレットディスプレイで表示していた画面がPDPに移る。逆に、下方向に動かせば、“キャッチ”。PDPの画面を手元のパレットディスプレイに持ってくることができる。また、ディスプレイ上でVの字を書くように指を動かせば、パレットディスプレイとPDPの画面が入れ替わる“スワップ”だ。

photo

タッチパネルを手前から上方向になぞると“スロウ”(投げる)の動作

 エアタクトは機能は、TVの映像やストリーミング動画の視聴時、デジカメ画像の閲覧などに利用できる。たとえば、Webの閲覧からコンテンツの選択までは手元のパレットディスプレイで行い、見たいコンテンツが決まったら“スロウ”、それまでパレットディスプレイに表示されていた動画がPDPに移動し、ストリーミングコンテンツが最初から再生される(途中であっても最初に戻る)。この場合は、本当に画面が移動したわけではなく、メディアレシーバー側で該当URLに接続し直し、改めて動画をPDPに出力する仕組みだ。

 写真の場合も操作は同様。左右に指を動かせば前後の写真に切り替わり、スロウの動作でPDPの大画面に映し出される。この場合は、エアタクトのコマンドと一緒に、パレットディスプレイからJPEGデータが無線LANで伝送される。コンテンツごとに内部処理は異なるが、ユーザーにはそれを意識させることなく、同じ操作性を提供する。

 「キーボードやマウスは敷居が高い。それに代わるインタフェースがエアタクトとタッチパネル付きディスプレイだ」。

photo

メモリースティック内の写真を一覧表示

photo

マルチリモコンの画面。登録されている機器は、他社製品を含むDVDプレーヤーやビデオデッキ、同社製の「CoCoon」チャンネルサーバー、AVアンプなど

“家電”のコダワリと“インフラ”の限界

 これまでにも、松下電器産業の「Broadnow」など、ストリーミング動画をリビングルームの大画面TVで視聴するためのデバイスは存在した。基本的な考え方は、ベガもそれらと同じだが、今回の場合はいくつかの点で、より“家電ナイズ”されている。

 たとえばHZシリーズは、PDPの画面でWebブラウザを使えない。これは「40〜50型の大画面で文字を読んでも、便利さよりも煩わしさが勝る。大画面では、迫力のあるエンターテイメントを提供するのが基本」(同氏)という考えによる。また、IEEE 802.11aではあるものの、付属のアクセスポイントにPCは接続不可能。高田氏によると、「無線LANは独自の機器認証やQoSを使用しているため、セットになるパレットディスプレイ以外は接続できない仕様になっている」という。

 PCユーザーの視点に立てば、これらの割り切りは少々残念だが、一方で多機能=使いやすいとは限らないのも事実だ。ハードディスクレコーダーのように、PC発の技術であっても、PCの色を払拭したほうが便利な例は多い。

 もっとも、それがハードウェア以外の部分になると、なかなか思うようにいかないようだ。「とくに今回こだわったのは、ストリーミング再生中に帯域不足が起こり、画面がフリーズする可能性を減らすこと」。

 大画面で鑑賞するストリーミング映像は迫力があるが、コマ落ちやフリーズが発生したときは落胆も画面サイズに比例してしまう。まして、非PCユーザーの場合は“TVがフリーズする”など完全な未体験ゾーンだ。140万円の高級PDPが動かなくなってしまったら、中にはパニックを起こすユーザーも出てくるかも知れない。そうした予想しうる状況に対応するため、発売時にはSo-netが主体となり、接続に関するユーザーサポートや出張設定サービスなども提供する予定だという。

 HD対応のPDPであれば、ストリーミング動画もHD画質を期待したいところだが、それにはまず、FTTHなど高速なブロードバンドインフラの普及を待たなければならない。高田氏が「HZシリーズは、あくまでTV」というように、ストリーミング対応は、まだまだ付加価値の域を出ていないのが現状だ。

 「日本のブロードバンドは8〜9割の世帯で1Mbps以上のスピードが出るといわれているため、コンテンツのビットレートは“1Mbps以下&VHS以上の画質”をターゲットにした。今後は、H.264のような標準規格が普及することを期待したい」(同氏)。

関連記事
▼ソニー、ワイヤレスLCD付属のPDP タッチパネルでジェスチャー操作
▼H.263(IT用語辞典)
▼「H.264」のパワーと不透明要素

関連リンク
▼ニュースリリース(ソニー)
▼ニュースリリース(So-net)

[芹澤隆徳,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!