リビング+:ニュース 2003/10/07 23:24:00 更新

CEATEC JAPAN 2003
ビクター、H.264ベースの独自圧縮技術「MET」を展示

ビクターのブースでは独自の動画圧縮技術「MET」が展示されていた。同社が従来のハードディスクレコーダーなどで採用してきた、MPEG-2との画質比較を行っている。

 CEATEC JAPAN 2003会場で、日本ビクターのブースでは独自の動画圧縮技術「MET」が展示されていた。同社が従来のハードディスクレコーダーなどで採用してきた、MPEG-2との画質比較を行っている。

Photo

左がMPEG-2の2Mbps動画、右がMETを利用した2Mbps動画。動きが大きいシーンなどで、その差が歴然とする

 METとは、「MPEG Emotional Technology」の略。MPEGの「H.264/AVC」をベースに、独自開発した技術だという。予測効率を向上させることで、符号化率を改善。平均転送レート約2Mbpsの場合、720×480ピクセルの高画質な映像を扱えるという。

 「従来のMPEG映像では、2Mbpsで扱える映像は352×480ピクセル程度。METと同様のクオリティを目指そうとすると、4〜6Mbpsの帯域が要求されていた」(説明員)。

 この技術を利用すれば、ホームサーバやハードディスクレコーダーなどで長時間モードの高画質化が期待できる。ブロードバンド動画配信にも、もちろん利用可能だ。

 もっとも、具体的にいつから、どの製品に採用されてくるかは今のところ未定。今回の展示も“参考出品”との位置付けとのことだった。

関連記事
▼MPEG-2からMPEG-4、そしてH.264へ
▼なぜMPEG-4なのか?
▼「H.264」のパワーと不透明要素

関連リンク
▼特集:CEATEC JAPAN 2003

[杉浦正武,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!