リビング+:ニュース 2003/10/08 23:36:00 更新

CEATE JAPAN 2003
GI-POFがDVIケーブルを延長する

本多通信工業ブースでは、DVI(Digital Visual Interface)のケーブルを最大100メートルまで延長できる光ファイバーを参考出展している。

 最近は「ホームシアター」が流行だが、実際にホームシアターを作ろうとして映像ケーブルの長さが問題になることは多い。たとえば、機材は正面にあるがプロジェクターを後方に置かなければならないときなどだ。「CEATEC JAPAN」の本多通信工業ブースでは、DVI(Digital Visual Interface)のケーブルを最大100メートルまで延長できる光ファイバーを参考出展している。

photo

展示では約30メートルの光ファイバーを使っていた

 展示されたシステムは、AV機器と専用ユニットをDVIコネクタケーブルで接続し、ここで光に変換・伝送するというもの。同様の製品は既に市場にあるが、ユニット間を旭硝子のGI-POF「ルキナ」でつないでいる点が新しい。「従来のDVIケーブルで接続した場合、電気信号が届くのは7〜8メートルが限界。この部分にGI-POFを採用することで、最大100メートルまで延長できる」(同社)。

 GI-POFは、コアとクラッド(コアの周囲)に全フッ素光学樹脂を用いた屈折率分布型(GI:graded-index)のプラスチック光ファイバー。取り扱いが容易なうえ、安定した信号伝送が可能なため、主に映像を扱う宅内LANなどへの応用が期待されている(記事参照)。

photo

DDCセンスの電気信号はカテゴリ5のイーサネットケーブルを用いて伝送している

 ただし、今回はIP伝送ではなく、デジタル映像信号をスルーしているだけ。したがって、DVIで使用する4つの映像用信号(RGBおよびクロック)を4芯の光ファイバーにそれぞれ割り当て、さらにディスプレイの認識に使うDDCセンスの電気信号を別途カテゴリ5のイーサネットケーブルを用いて伝送していた。

 「来場者から、なぜイーサネットケーブルが必要なのか? とよくきかれる。製品化の際には、外観は一本のケーブルに見えるような工夫も検討していきたい」。

 同社によると、年末から2004年初頭の発売を予定しており、HDMI(High-Definition Multimedia Interface)版も提供するという。HDMIは、もともとPCディスプレイ用に開発されたDVIをAV機器向けにアレンジしたものだ(記事参照)。

 なお、製品価格は「ユニットとケーブルをセットで10万円程度」(同社)とちょっと高め。広いシアタールームを持っている人には安いのかもしれないが……。

関連記事
▼デジタルHDTVのインタフェースは「HDMI」に
▼ヒューマノイド“光化”計画
▼「ギガビット・アイランド」は次のステージへ
▼デジタルシネマを加速させるのはネットワーク
▼光ファイバーによる大容量伝送実験「ギガビット・アイランド」開始

関連リンク
▼本多通信工業

[ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!