リビング+:ニュース 2003/11/11 23:58:00 更新


テレビ全チャンネル、まるごと1週間録画 〜斬新な発想の「Big Channel」

同じホームサーバを選ぶなら、ダブルエンコーダ搭載モデルで“2番組同時録画”を実現したいもの。しかし、これをはるかに上回る「6番組同時録画」を行える端末があると聞いたら、あなたはどう思うだろうか?

 同じホームサーバを選ぶなら、ダブルエンコーダ搭載モデルを選んで「2番組同時録画」を実現したいもの。しかし、この機能をはるかに上回る“6番組同時録画”を行える端末があると聞いたら、あなたはどう思うだろうか?

 日本電算機は12月から、地上波6チャンネルを同時録画可能なホームサーバ「Big Channel」を発売すると発表した。200GバイトのHDDを6つ搭載しており、地上波6チャンネルの全番組を、MPEG-2・2Mbpsで最大1週間録画できる。

 保存された番組は、1日ごとに次々と書き換えられる。USB2.0のポートを2つ備えるため、気にいった映像は外部HDDを接続して、保存することも可能。画質は、MPEG-2で13M/8M/4M/3M/2M/1Mbpsから選ぶことができる。

Photo

サイズは190×470×600ミリと、少々大きめ。テレビの横に置くイメージだという。「これで、テレビ放送を録画しなければというプレッシャーから、やっと自由になれる。究極のテレビ利用術だ」(日本電算機)

 「iBOX ブロードメディアサーバ」で使用されている、1GHzのCPU、128Mのメモリ、デュアルMPEG-2エンコーダ/デコーダを搭載したボードを、ブレードサーバのように3枚並べた構成。「負荷分散も考えた仕様になっている」(日本電算機)。ゴーストリデューサー、3次元Y/C分離回路も計6つ備える。

 DVD±R/RWに対応し、30倍速でのダビングが可能。端末自体はイーサネット接続するが、外部インタフェースとして、PCMCIAスロットや、VGA、IEEE1394インタフェースも備える。地上波、BSアナログ対応チューナーを内蔵しており、「今後は、地上デジタルにも対応していく予定」(同社)。

 気になる価格だが、さすがにスペック相応のものになる様子。オープンプライスだが、79万9800円程度を予想しているという。

Photo

サイズが大きい分、外見には配慮している。部屋のインテリアに合わせたスタイルシートを用意し、出荷時に選択できるという

Photo

背面。AV出力では、D1/D2端子を備える

月額2000円が別途必要

 ソフトウェア面では、Big Channelは同社の映像管理サービス「マトリックステレビ」(記事参照)をサポートした。EPGに沿って番組を録画することはもちろん、録画したニュース、ワイドショウのうち、“延べ放映時間”の長かった順に一覧表示し、その部分だけを再生できる。

 また、「マトリックスナビ」機能にも対応。録画映像のIn点とOut点を指定するだけで、好きなシーンのクリッピングが可能で、これをクリッカブルテキストのかたちで他人に告知、紹介することができる。

 ほかに、電子メール機能、ブラウザ機能を備え、番組情報のキーワードから気になったものを、ボタン一つでGoogle検索することもできる。ネットワーク経由のリモートメンテナンス、ソフトウェアバージョンアップも可能だ。

 注意しなければならないのは、これらの“基本情報サービス”の対価として、月額2000円を支払わなければならないこと。Big Channelでは一週間ぶんの全番組をまるごと録画するという“荒業”が可能だが、これを分かりやすく管理するため、「マトリックステレビ」の一覧表を別途作成する手間もかなりのものになる。こうした事情もあって、月額基本料をとることに決めたようだ。

 なお、同社は「全CM、新CMの検索が行えるサービス」「企業名でその企業に関する映像を探せるサービス」なども、オプションで提供する予定。この場合は、追加の月額料金が必要となる。

 端末自体の価格もさることながら、こうした月額料金も考慮に入れると、個人としてはなかなか手を出しにくい製品とも考えられる。しかし、日本電算機の石井孝利社長は「ダブルエンコーダーに慣れると、『もっと』という思いを持つもの。可処分所得の高い層は、乗っている車をワンランク下げても、欲しいと思うのでは」とコメント。企業のマーケティング担当者、広報など、より多くの情報を求めるビジネスユーザーにもニーズがあるのでは、とした。

Photo

同社は同日、「iBOX ブロードメディアサーバD」も併せて発表した。ダブルエンコーダを搭載し、160GバイトのHDDを搭載したモデル。既に市場で21万9800円程度で販売されている「iBOX ブロードメディアサーバK」の廉価版との位置付けで、DVDドライブがない代わりに、実売予想価格は14万9800円程度となっている

関連記事
▼“超多君”のためのホームサーバって?
▼「802.11g」を手に入れたiBOXサーバ
▼「iBOXサーバ」を強化――多彩な録画設定が可能に

関連リンク
▼日本電算機

[杉浦正武,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!