Special
» 2019年07月10日 10時00分 公開

戦略的与信管理ソリューション:その審査プロセス 、属人的な判断に偏ってない? 日本の与信戦略を変える「PowerCurve®」とは

属人的な判断に頼りがちになってしまう審査プロセスを、もっと合理的に、かつ正確に行えないものなのか……。主に日本の金融機関や流通機関が抱える課題を、エクスペリアンが戦略的与信管理ソリューション「PowerCurve®」シリーズで解決に導く。

[PR/ITmedia]
PR

 企業の継続的な成長にはビジネス環境や顧客ニーズの急激な変化を定量的に把握し、かつ迅速に対応することが求められる。そこで重要となってくるのが審査業務だが、依然として日本の金融機関や流通機関では属人的な判断に基づき審査プロセスが行われることが多いという。

photo (写真提供:ゲッティイメージズ)

 そして、この課題に取り組むのがインフォメーションサービスの世界最先端企業であるエクスペリアンだ。英国に拠点を置くエクスペリアンは、世界90カ国以上でビジネスを展開し、19カ国でクレジットビューロービジネスを行う。世界中のクライアントからその実績に高い信用を得ている。

 なぜ数ある情報サービスの中からエクスペリアンのソリューションが選ばれるのか? 今回はエクスペリアンが提供する、初期与信から途上与信、回収までの審査プロセスを一気通貫で支援する戦略的与信管理ソリューション「PowerCurve®」シリーズを紹介しつつ、その理由に迫る。さらに、政府が2025年までにキャッシュレス決済比率を40%まで高める目標を掲げている中で、与信戦略の重要性が高まっていく理由も解説する。

 動画ではPowerCurve®のデモンストレーションのほか、同サービスを実際に導入した企業に具体的にどのような課題を解決できたのかを聞くなど、現場の生の声を紹介している。是非お見逃しなく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:エクスペリアンジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2019年8月9日