Special
» 2020年07月16日 10時00分 公開

建設・リフォーム現場に慣れ親しんだ「紙とペンのままデジタル化」で業務改善

[PR/ITmedia]
PR

 働き方改革の急速な浸透によって、これまで紙で行っていた業務をペーパーレス化し、業務を効率化する動きが進んでいます。しかし、アナログにはアナログのメリットがあるのも事実。紙は一覧性が高く、文字や図をスムーズに描ける上、そのまますぐに受け渡すこともできます。

 また、業態によっては紙の業務を完全にデジタル化するのが難しいケースもあります。例えば建設業法内では、契約書だけでなくお客さまとの打ち合わせ記録などの営業に関する書類も10年間の保管が義務付けられています。法令順守はもとより、有事の際に適正に業務を行っていたという証明のためにも、書類管理は重要な業務の1つであり、そのためにコストと時間を費やしているのが現状です。しかし、昨今の働き方改革を受けて、書類管理に関しても法令を順守しつつ、業務の効率化が求められています。

 そんな「紙の業務が当たり前」の建設・リフォーム業界で、東急Re・デザインはアナログとデジタルの融合によって上記の課題に対応しているといいます。課題解決のために導入したツールは、紙にペンで書いた書類をそのままデジタル化できるワコムの「Bamboo Slate(バンブースレート)法人モデル(以下、Bamboo Slate)」。

 Bamboo Slateでは、普段使用している帳票に専用ペンで手書きをすると、アプリケーションと連携して情報が電子化され、手書き文字も自動でテキストデータ化されてシステムに取り込めるため、既存のワークフローを変えずに紙の業務を効率化できるのが特徴です。

東急不動産ホールディングスグループで住宅のリフォーム・新築、施設リノベーションを行う東急Re・デザイン。アナログとデジタルの融合で紙業務の課題に取り組む現場を取材しました

 Bamboo Slateでどのような取り組みを行っているのか。紙の利便性を生かしつつデジタル化を推進している事例について、東急Re・デザイン経営企画部イノベーション推進チームのマネージャーである蓮沼一貴氏と、同チームの黒木奈津子氏に話を聞きました。

紙のワークフローを変えずにデジタル化を実現

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ワコム
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2020年8月15日