特集
» 2012年09月13日 08時00分 公開

これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――BookLive!あなたに合った電子書店を見つけよう(3/5 ページ)

[鷹野 凌,ITmedia]

簡単に購入できるか?

 BookLive!の場合、立ち読みやカートへ入れる段階までは、会員登録は不要です。いざ電子書籍を購入という段階で、新規会員登録を行うプロセスになります。会員登録は、どの電子書籍ストアでも必要な工程で、最初のハードルです。入力が必要な項目が多いほど、手間だし面倒ですよね。

左図/カート画面。未登録・未ログインのままこの段階までは進むことができます。右図/[購入]をクリックすると、ログインを促されます。はじめて利用する場合は、下の[会員登録]をクリックしましょう
左図/メールアドレス、パスワード、ニックネーム、生年月日、性別を入力し、利用規約とプライバシポリシーに目を通したら、[利用規約とプライバシーポリシーに同意します。]の左をチェックし,[確認する]をクリックします。右図/すると、入力情報の確認画面になります。生年月日・性別は後から変更できませんので注意しましょう。[登録]をクリックすると、仮登録完了です。
左図/仮登録が完了すると、登録したメールアドレスに確認メールが送られます。右図/届いたメールに記載されたURLをクリックすると、パスワードの入力画面になります
左図/カートから[購入]というプロセスを踏んでいた場合は、購入内容の確認画面になります。右図/[購入]をクリックすると、支払方法の選択・入力画面になります。支払方法はポイントまたはクレジットカードです。クレジットカードは、日本国内で発行されたVISA・Master・JCBに対応しています。ポイントは1ポイント1円で、作品購入時にボーナスとして付いてくるだけではなく、あらかじめ購入しておいたり、デジタル図書券(クーポン番号)で加算できたりします
左図/ポイント購入には、毎月決まった額を購入する[月額ポイントコース]と、個別に購入する[個別ポイントコース]があります。どちらもボーナスポイントがつくので、かなりお得です。月額ポイントは、セーフサーチロックと合わせ、子どもに毎月お小遣いをあげる感覚で利用することができるのがいいと思います。右図/個別ポイント購入の場合は、電子マネーBitCashやWebMoneyが利用できるので、クレジットカードを持っていなくても利用可能です
左図/クレジットカード情報を入力して[新規クレジットカード追加]をクリックすると、カード情報が支払方法に追加されます。右図/[購入可確認]をクリックすると、購入内容の最終確認画面になります。ここで[購入]を押すと、もう取り消しや返品はできませんので注意しましょう。
注文完了画面。これで購入は完了です。

 支払方法は、Webブラウザのストアの場合はポイントまたはクレジットカードです。個別ポイント購入の場合は、電子マネーBitCashやWebMoneyが使えるので、クレジットカードを持っていない方でも利用できます(☆+0.5)。

 また、ドコモ・au・ソフトバンクの携帯キャリアによる決済にも対応しています。ドコモの場合、ケータイ払い専用アプリ「BookLive! for docomo」から、SPモード決済によるポイント購入が利用できます。auの場合、「auかんたん決済」への事前申込みが必要です。ソフトバンクの場合も、「ソフトバンクまとめて支払い」への事前申込みが必要です。

左図/BookLive! for docomo は、通常のBookLive!Readerとは別に用意されているアプリケーションですが、BookLive!アカウントは共通のものが使えます。docomoログインを使うと別のアカウント扱いになってしまうので気をつけましょう。中央図/SPモード決済が対応しているのは、ポイント購入のみです。右図/BookLive! for docomoからの購入は、ポイント支払いだけになっています
定期刊行している雑誌の場合、[購入][カートに入れる]ボタンの下に、定期購読の案内が表示されます。

 このほか、シリーズまとめ買いに対応しているのは良い点として挙げられます(☆+0.5)。ポイント購入は、ボーナスポイントが付いてくるのでお得です(☆+0.5)。ただ、有効期限がある(5カ月)ので注意しましょう。また、定期刊行されている雑誌の多くは、定期購読にも対応しています。海外からの購入に対応していないのは残念な点です(☆-0.5)。

 なお前述の通り、購入済みの書籍をストアで検索し詳細画面を開くと、[購入][カートに入れる]から[読む][レビューを書く]ボタンになります。同じ書籍を誤って買ってしまうことがないのは親切です。


評点:☆4.0

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる