特集
» 2014年03月31日 10時00分 公開

電子書店完全ガイド2013:「紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppy」を徹底解剖する (5/5)

[ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

購入した本はどうやって保管されるか?

 紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppyで購入した本にはDRMが掛かっていますので、バックアップコピーや移動はできません。ただ、購入した作品はクラウド本棚にバックアップされるので「有効期限」はありません(☆+0.5)。端末の故障によるファイル紛失などの心配はありません。

 また、紀伊國屋書店は、今年で創業87年を迎える歴史のある企業です。国内だけでなく海外にも拠点を持つ日本最大級のナショナルチェーンで、6期連続で黒字決算しています。事業の存続性という意味では、比較的安心感が持てる企業だと言えるでしょう。

評点:☆3.5

総括

 サービスは順当に進化していますが、“本の探しやすさ”だけは、ウェブストアもアプリストアも、リニューアル以前の方がよかった印象です。デザインが一新され、本棚共有などの機能が追加されたものの、検索関連の機能を中心に課題が残ります。

 マルチデバイス対応や高機能なビューワといった点では他店より優れているので、「探しやすさ」の改善を期待したいところです。

赤が前回の評点、青が今回の評点 赤が前回の評点、青が今回の評点

著者プロフィール:鷹野 凌

鷹野 凌

 フリーライター。「日本独立作家同盟」呼びかけ人で、「月刊群雛」編集長。ITmedia eBook USER、ダ・ヴィンチ電子ナビ、INTERNET Watch、マガジン航、ハフィントン・ポストなどに寄稿。ブログ「見て歩く者」で、電子出版、ソーシャルメディア、著作権などの分野について執筆。自己出版で『これもうきっとGoogle+ガイドブック』を1〜3巻まで配信中。

 Google+のアカウントはこちらTwitterのアカウントはこちら


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる