特集
» 2015年08月18日 12時00分 公開

「コミックシーモア」を徹底解剖する電子書店完全ガイド(4/4 ページ)

[鷹野 凌eBook USER]
前のページへ 1|2|3|4       

読みやすさ

 最後に、読みやすさの検証です。

対応デバイス

 本棚アプリはビューワアプリと一体になっており、Windows(7または8、RTを除く)、Androidスマートフォン(Android 4.0以上)、Androidタブレット(Android 4.0以上)、iOS(iOS 6.0.1以上で、iPhone 3GS以降、iPod touch第3世代以降を推奨)に対応。いずれも無料でダウンロードできます。

 ブラウザビューワは、Internet Explorer 9以降、Firefox 7以降、Google Chrome 15以降、Safari 5.1以降に対応しています。ブラウザビューワならMacでも読むことができますが、小説などのリフロー作品はまだ非対応です。

 ここ1年ほどの間に、他の電子書店もマルチデバイス対応が進んでいます。特にブラウザビューワの普及は急速で、Linuxでの閲覧を公式にサポートするところや、リフロー対応しているところも出現していることを考慮すると、優位性は薄れています。


いまや当たり前となったマルチデバイス対応 いまや当たり前となったマルチデバイス対応
いまや当たり前になりつつあるブラウザビューワ いまや当たり前になりつつあるブラウザビューワ

台数制限

 購入した本は、最大5台で閲覧可能です。利用端末の解除は、解除したい端末でアプリを起動し[設定]→[アカウント管理]からログアウトすれば、何度でも可能です。

 ところが、ログアウトせずにアプリを削除すると、その端末は登録されたままの状態になってしまいます。Webの会員サービスメニューから全利用端末をまとめて解除できますが、1年間に1回という制限があるので注意しましょう。


「登録端末」が5台ある状態では、それ以上アプリへログインできない 「登録端末」が5台ある状態では、それ以上アプリへログインできない
「アプリのご利用端末情報」から登録状況が確認できる 「アプリのご利用端末情報」から登録状況が確認できる
全利用端末の解除ができるのは、1年間に1回だけ 全利用端末の解除ができるのは、1年間に1回だけ

ビューワ機能

 購入したコンテンツは本棚アプリにダウンロードすれば、通信環境がない場所でも読むことができます。本棚を整理した状態はクラウド上に保存され他の端末とも同期されますが、最後に読んだ位置やしおりは別の端末に同期されません。

 読書機能としては、しおり、複数色のマーカー、本文検索、辞書、Web検索(Google)、文字サイズの変更、段組、文字/背景のカラー選択、ページめくりエフェクト変更などが可能ですが、Windows、Android、iOSそれぞれのアプリや、ファイル形式によっても、メニューの中身や利用できる機能が異なる場合があります。前回調査で指摘した「全般的に細々とした点がまだ行き届いていない感」は、ぬぐい去れないままです(☆-0.5)。

  • Windowsアプリ

 ビューワのスクリーンショットが撮れないため、詳細は割愛します。モバイル版では可能な、範囲選択してマーカーやWeb検索といった機能が、Windowsアプリでは利用できません。

  • Androidアプリ

 ビューワのスクリーンショットが撮れないため、詳細は割愛します。マーカーは黄色のみです。

  • iOSアプリ

 複数色のマーカーや辞書機能など、WindowsやAndroidアプリに比べると比較的高機能です。


本文表示(文字サイズ標準) 本文表示(文字サイズ標準)
中央タップでメニュー表示 中央タップでメニュー表示
カラー変更 カラー変更

「彼女がフラグをおられたら」 竹井10日、CUTEG/講談社

ページめくりエフェクトと文字サイズ変更 ページめくりエフェクトと文字サイズ変更
全文検索 全文検索
複数色マーカーと辞書・Google検索機能 複数色マーカーと辞書・Google検索機能

  • ブラウザビューワ

 前述のとおり、小説などのリフロー作品には非対応。ストリーム再生なのでインターネット常時接続環境が必要ですが、インストールなどの事前準備が不要なのですぐに読み始められます。前回調査と変わらず、しおり・目次などの機能はほぼ未搭載のまま、最後に読んでいた位置の別端末との同期もありません。コミック閲覧専用のシンプルなビューワです。


スライダー移動と拡大機能はある スライダー移動と拡大機能はある
「目次へ」ボタンはあるが、中身はない 「目次へ」ボタンはあるが、中身はない

「 かくかくしかじか」 東村アキコ /集英社

モバイル版ブラウザビューワ モバイル版ブラウザビューワ
モバイル版には拡大機能がない モバイル版には拡大機能がない
読み終わると続刊、レビュー、関連書籍などへ誘導される 読み終わると続刊、レビュー、関連書籍などへ誘導される

評点:☆2.5

総括

 7月の東京国際ブックフェアで「ケータイコミックやめました!」という物騒なタイトルの講演をやっていたコミックシーモア。フィーチャーフォンからスマートフォンへのシフトを行ってきた3年間だったと述懐していたのが印象的な講演でした。女性ユーザーが7割を占めているとのこと。

 総合書店化し、いわゆる「スマホシフト」にも成功し、読み放題の契約数も1年前に比べ1.5倍になっているそうで、ユーザーからの評価は確実に高まっているようです。あとは、文字モノの立ち読み対応をもっと増やすとか、マルチデバイスでの自動同期に対応するといった、細かな使い勝手の向上をした上で、「強み」を伸ばしてほしいものです。

「コミックシーモア」の点数 「コミックシーモア」の点数

著者プロフィール:鷹野 凌

鷹野 凌

フリーライター。NPO法人日本独立作家同盟理事長で、『月刊群雛』と『群雛ポータル』の編集長。ITmedia eBook USER、INTERNET Watch、ダ・ヴィンチニュース、マガジン航、DOTPLACEなどに寄稿。ブログ『見て歩く者』で、主に電子出版、ソーシャルメディア、著作権関連の記事を執筆。著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』は弁護士福井健策氏の監修。

Google+][Twitter][Facebook


電子書店完全ガイド 電子書店完全ガイドはこちらから
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.