特集
2004/05/27 07:38 更新


特集:全1回 サンのオープンソースJava統合開発環境「NetBeans」入門 (6/9)


Actionを作る

 同様にしてActionクラスを作成する。ここでは、次に示すSampleAction.javaファイルとする。


package sample;
import org.apache.struts.action.*;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;
public class SampleAction extends Action
{
    public org.apache.struts.action.ActionForward execute(
      org.apache.struts.action.ActionMapping actionMapping, 
      org.apache.struts.action.ActionForm actionForm, 
      javax.servlet.http.HttpServletRequest httpServletRequest,
       javax.servlet.http.HttpServletResponse httpServletResponse) {
        // Actionの処理
        SampleForm form = (SampleForm)actionForm;
        // 本来はここで入力フォームの処理をするが、ここでは省略
        return actionMapping.findForward("success");
    }
}

 上のリストでは、executeメソッドをオーバーライドしている。NetBeansでは、「ツール」メニューから「メソッドのオーバーライド」を選択すると、画面22のようにオーバーライドできるメソッドの一覧が表示され、選ぶだけで簡単にオーバーライドの雛形ができる。この機能は、Strutsを始めとするフレームワークを使った開発など、継承を多用するアプリケーションの開発で役立つはずだ。


メソッドのオーバーライドは、「Ctrl」+「I」キーで起動できる。

fig22.gif

画面22■メソッドのオーバーライド


前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 | 次のページ

[大澤文孝,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -