特集
2004/05/27 07:38 更新


特集:全1回 サンのオープンソースJava統合開発環境「NetBeans」入門 (9/9)


Webアプリケーションのデバッグ

 NetBeansでは、Webアプリケーションのデバッグも可能だ。そのためには、画面28の画面で、「実行」ではなく「デバッガ内で実行」を選択すればよい。ただし、デバッグするためには次の設定をしなければならない。

1. ソースファイルのある場所をマウントする

 struts-blanks.warを展開した構造では、「WEB-INF\src\java」下にソースファイルがある。この場所をNetBeansに教える必要がある。NetBeansにその場所を教えるには、「ファイル」メニューから「ファイルシステムをマウント」を選択し、「WEB-INF\src\java」をマウントする。

 またこの時、ソースのディレクトリ構造をパッケージの構造と合致させなければならない。たとえば、sampleパッケージならば、「WEB-INF\src\java\sample」ディレクトリ下に配置する必要がある。

2. デバッグ付きでビルドする

 build.xmlファイルには、下記の項目がある。


    <!-- Normal build of application -->
    <target name="compile" depends="prepare,resources">
        <javac srcdir="src" destdir="classes">
            <classpath refid="compile.classpath"/>
        </javac>
    </target>

 ここで、javac要素にdebug="true"を指定し、デバッグ情報付きでコンパイルするようにする。


    <!-- Normal build of application -->
    <target name="compile" depends="prepare,resources">
        <javac srcdir="src" destdir="classes" debug="true">
            <classpath refid="compile.classpath"/>
        </javac>
    </target>

 上記の設定をすれば、任意の位置にブレークポイントを設定し、変数の内容なども参照できるようになる。

手軽なGUIアプリケーション作成に適している

 この特集では、NetBeansを利用したアプリケーション開発を解説してきた。総じて言えば、NetBeansの特徴は、初期設定することなくすぐに使えるという点にあるだろう。また雛形をテンプレートから作成可能なため、初心者にも優しい。

 Eclipseではプラグインが必要だったり、比較的初期設定が複雑だが、NetBeansではそのようなことがない。もちろんEclipseの方が多機能だといえばそれまでだが、NetBeansは手っ取り早くJava開発をしたい人や、IDEを初めて使う人に向いているといえるだろう。

 またNetBeansの特徴として、GUIフォームの設計機能により、JavaアプレットやJavaアプリケーションなど、Swingのユーザーインタフェースを必要とするアプリケーションに適している点が挙げられる。

 そして、Webアプリケーション開発について見た場合、開発効率で考えれば、NetBeans、Eclipseも大差ないだろう。しかしNetBeansをインストールするとTomcat 5がインストールされるため、Webサーバ周りの設定をしなくてもよい点では、事前設定が少なくてすむ。ただし、前述したように現時点ではEclipseに比べると、拡張やカスタマイズの余地が少ない。提供されているモジュール数は、Eclipseのプラグインの比ではなく、情報量が少ないという点は否めない。そのため、統合環境そのものを使いこなし、より効率良く開発しカスタマイズも重視する人には、Eclipseが適している。

前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 |      

[大澤文孝,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -