メディア
製品比較
» 2020年04月30日 18時00分 公開

テレワーク時のタスク管理に便利な「ToDo管理・メモ」アプリ7選【2020年最新版】

テレワークやリモートワークをしていると、生活リズムが狂いがちということはありませんか? こなすべき仕事や作業を時間で区切ったり、分かりやすくリスト化したりできる、ライフハック系のおすすめアプリを探してみました。

[Fav-Log]

 テレワークやリモートワークをしていると、生活リズムが狂いがちということはありませんか?

テレワーク時のタスク管理に便利な「ToDo管理・メモ」アプリ7選

 特に在宅勤務は、オフィスと同じようにアタマやタスクを切り替えるのが難しいかもしれません。こなすべき仕事や作業を時間で区切ったり、分かりやすくリスト化したりできるライフハック系アプリを探してみました。

インターバルを設けて集中力を高める「Focus To-Do: ポモドーロ技術&タスク管理」

 25分間集中して5分間休憩するという時間管理術が「ポモドーロテクニック」。集中力とモチベーションを高めながら作業するのに最適として、世界中で支持を集めています。

「Focus To-Do: ポモドーロ技術&タスク管理」 「Focus To-Do: ポモドーロ技術&タスク管理」

 iOSとAndroid対応の「Focus To-Do」アプリはそのポモドーロテクニックを実践できるアプリの1つです。「仕事」「体を動かす」「読書」といった具体的なプロジェクトを入力したら、実施する日を決め(未定でもOK)、25分集中・5分休憩のインターバルの回数と内容を設定します。

 予定のタイミングになれば、ホーム画面に表示されるプロジェクトをタップして行動をスタート。完了タスクはグラフ化されるので、達成感も得られます。

 基本機能は無料ですが、iOS版で1100円、Android版で1080円の有料バージョンなら、デバイス間の連携、データ保存、タスクの繰り返しなどフル機能を利用できます。

時間の使い方を見える化「ATracker - デイリータスクトラッキング」

 iOSとAndroid対応の「ATracker - デイリータスクトラッキング」は1日の行動を記録できるアプリです。記録(トラッキング)したアクティビティを見やすいグラフとして表示でき、1日をどのように過ごしたのか一目瞭然。時間の使い方を客観的にとらえられ、自分なりに無理のないタスク管理ができます。

「ATracker - デイリータスクトラッキング」 「ATracker - デイリータスクトラッキング」

 タスクに合わせて時間を区切れるよう、プリセットとして「ゲーム」「ジム」「家事」の3種類を用意。もちろん自分だけのタスクも追加でき、その際に30分でアラームを鳴らすという、ポモドーロタイマー的な使い方も可能です。

 タスク作成、グラフ機能、カレンダー表示などの基本的な機能は無料で使えますが、アクティビディへのメモの追加、無制限のタスク作成、データエクスポートなどは有料(610円)です。

グループで使えるタスク管理アプリ「TimeTree」

 グループでスケジュールを共有する時に便利なのがカレンダーアプリの「TimeTree(タイムツリー)」です。Googleカレンダーと連携することで、クラウドを介して自動的に共有します。

「TimeTree」 「TimeTree」

 共有したカレンダーへ誰かが予定を作成したり、作成した予定を変更したりすれば、メンバーにリアルタイムで通知。予定ごとにチャットルームが開設されるので、イベントごとに確認事項や連絡事項を整理できます。

 iOSとAndroidに対応し、TimeTreeアプリを入れていない人にもLINE、Facebook Messenger、Twitter、SMSなどで共有可能。PCからもアクセスできます。

なんでも記録しておけるノートアプリ「Awesome Note 2」

 iOS向けの「Awesome Note 2」は、スケジュールやタスクの管理、メモ、写真、手書きノートなどをすべて一元管理できる、まさに“AWESOME”なノートアプリです。

「Awesome Note 2」 「Awesome Note 2」

 ToDoリストはツリー形式で作成できるため手順書としても使え、関連項目を1カ所にまとめておけば、やり忘れを防げます。また、タスクごとに期限の設定と通知も可能なので、時間管理にも便利です。

 Googleカレンダー、iCloudカレンダーとの連携機能もあり、それらに登録済みのスケジュールがあればインポートも可能。入力はPCのWebブラウザで、確認はiPhoneアプリで、といった使い分けも便利です。

アナログ感覚でToDoを管理「付箋todoメモ帳 QuickMemo+」

 iOS向けの「付箋todoメモ帳 QuickMemo+」はコルクボードに付箋を貼り付けていくようにToDoを管理できるアプリです。

「付箋todoメモ帳 QuickMemo+」 「付箋todoメモ帳 QuickMemo+」

 1つのタスクを1枚の付箋メモとして記録。付箋の柄を変えることもできます。メモには期限を設定でき、事前に通知を届くようにすれば、やり忘れの防止にも役立ちます。

 コルクボードに見立てたスペースは10画面あり、左右にスワイプして移動可能。ジャンルごとにボードを切り替えて付箋を貼り付けていけば、頭の中も見た目もスッキリします。

ジャンル分けが便利な「ToDoリスト シンプルなやることリスト&買い物メモ」

 シンプルでありながら、ジャンルを分けてやることを管理できるiOSアプリが「ToDoリスト シンプルなやることリスト&買い物メモ」です。

「ToDoリスト シンプルなやることリスト&買い物メモ」 「ToDoリスト シンプルなやることリスト&買い物メモ」

 例えば仕事と家庭と分けてリスト管理するだけでなく、家庭のことでも「買い物」や「子供」などとさら項目を分けて、目的ごとにやることをメモしておけます。こちらも期限の設定ができるので、リマインダーとしても役立ちます。

機能も操作もシンプルな「ToDoリスト 1画面のシンプルチェックリストのメモ帳アプリ」

 やることリストをまとめて一覧したい、あまり面倒くさくないほうがいい、という人には、iOSとAndroid対応の「ToDoリスト 1画面のシンプルチェックリストのメモ帳アプリ」がオススメです。

「ToDoリスト 1画面のシンプルチェックリストのメモ帳アプリ」 「ToDoリスト 1画面のシンプルチェックリストのメモ帳アプリ」

 ToDoリストの表示はもちろん、ToDoの追加や修正も簡単。終わったら、右から左にスワイプして削除します。左から右にスワイプすれば背景色の変更も可能。期限や共有、同期などの設定はありませんが、ごくシンプルにタスクを管理することができます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.