メディア
製品比較
» 2021年07月27日 14時00分 公開

【ビニールプール】おすすめ5選 「空気入れ不要」がこんなに楽とは......!【2021年最新版】

おうち時間が長くなっている中で、子供たちのエネルギーをどう発散するかが課題となっている家庭も多いことでしょう。今回はおうちで水遊びができる「ビニールプール」のおすすめを紹介します。

[Fav-Log]

 おうち時間が長くなっている中で、子供たちのエネルギーをどう発散するかが課題となっている家庭も多いことでしょう。

Pecute「折りたたみプール」 Pecute「折りたたみプール」(出典:Amazon

 今回はおうちで水遊びができる「ビニールプール」のおすすめを紹介します。

ビニールプール使っても良い? 要確認

 購入前に、そもそもビニールプールを設置して良いのか確認しましょう。

 自宅に庭があるなら問題ない場合が多いですが、マンションやキャンプ場などでは使用が禁止されている場合があります。

Photo by Toni Cuenca on Unsplash Photo by Toni Cuenca on Unsplash

 また、子供は予想外の動きをすることがあります。高層階のベランダで飛び出してしまう危険がないか、騒音は大丈夫かなど、周囲の環境にも配慮が必要です。

 そして利用後の排水方法についても、大量の水を流せるのか、禁止されている事柄がないか確認した方が良いでしょう。

「サイズ」と「後片付け」を天秤にかけて

 大きなサイズのプールを設置するだけで、ワクワクしますよね。動きの自由度が格段に上がるので、子供は喜びそうです。

Photo by Aaron Burden on Unsplash Photo by Aaron Burden on Unsplash

 ただ、設置や後片付けが大変になってしまうことが多いです。また、水道代も気になるところ。

 設置が可能なサイズかだけではなく、自分が設置や後片付けができそうかも考慮した方が良いでしょう。電動エアーポンプを活用したり、排水栓付きのビニールプールにするなどの工夫もしていきたいですね。

安全に使用するために

 子供の年齢によって深さやクッションの有無などを考えましょう。製品の対象年齢を参考に、より安全に使用できるものを選択したいですね。

Photo by frank mckenna on Unsplash Photo by frank mckenna on Unsplash

 滑り台などが付いている高さのあるビニールプールは、子供の動きにも高さが出てきます。

 設置場所によっては危険なこともありますので、設置後をイメージしながら危険性がないか慎重に判断していきましょう。

「ビニールプール」設置&後片付けが簡単! 楽しい! おすすめ5選

大人気! ジール(Zeal)「ジャンボファミリープール 電動空気入れ付き」

 Amazonの「プール」売れ筋ランキングで1位となっているのが、ジール(Zeal)の「ジャンボファミリープール 電動空気入れ付き」です(2021年7月26日現在)。

ジール(Zeal)「ジャンボファミリープール 電動空気入れ付き」 ジール(Zeal)「ジャンボファミリープール 電動空気入れ付き」(出典:Amazon

 サイズは、200(幅)×42(高さ)×148(奥行)cmと、大人も足を伸ばせる大きさが特徴です。

 電源コード不要の電動空気入れ付きなのもうれしいですね。もちろん空気を抜く際にも使用できます。空気口は2気室あり、安定感があります。価格は5800円前後です。

空気入れの必要なし! インテックス(INTEX)「ミニフレームプール」

 Amazonのカテゴリ「プール」ほしい物ランキングで3位なのが、インテックス(INTEX)の「ミニフレームプール」(2021年7月26日現在)。フレームを組み立ててプールを設置すれば完成! という手軽さが人気のようです。

インテックス(INTEX)「ミニフレームプール」 インテックス(INTEX)「ミニフレームプール」(出典:Amazon

 空気を入れる必要がないのがうれしいですね。ただ、コンクリートやアスファルトに置いて使用しないようにしましょう。サイズは約122(幅)×30(高さ)×122(奥行)cm、重さは約4kg。価格は4900円前後です。

サメがかわいい! Chamsaler「ファミリープール」

 サメのデザインがかわいく、噴水が出るChamsalerの「ファミリープール」。子供が喜びそうです。

Chamsaler「ファミリープール」 Chamsaler「ファミリープール」(出典:Amazon

 空気を入れてから防水リングを取り付け、噴水器コネクターを締め付けてホースを接続すれば準備完了です。

 水圧を調節しながら水を出します。水を出しっぱなしにする場合もあるので、水道代や場所を考慮する必要がありそうです。

 サイズは約170(幅)×25(高さ)×120(奥行)cm、重さは1.33kg。対象年齢は9カ月以上となっています。価格は2000円前後です。

設置も後片付けも簡単 Pecute「折りたたみプール」

 暑い中、設置や後片付けに時間がかかるのは嫌ですよね。Pecuteの「折りたたみプール」は広げるだけですぐにプールに入れます。

Pecute「折りたたみプール」 Pecute「折りたたみプール」(出典:Amazon

 ハニカムボードが内蔵されているので、耐久性が高く安定しています。排水用キャップが大きいので、短時間で排水可能です。また、折りたたみが簡単でコンパクトサイズにして収納できるのがうれしいポイントです。

 サイズはM、L、XLがあります。Mは80(直径)×20(高さ)cm、Lは120(直径)×30(高さ)cm、XLは160(直径)×30(高さ)cmとなっています。カラーはグリーン、ブルー。価格はMが4700円前後、Lが7000円前後、XLが9000円前後です。

小さな子供に インテックス(INTEX)「サンセットグローベビープール」

 設置スペースが狭い、子供の年齢が小さいなどの場合は、小さくて頑丈なプールが最適です。インテックス(INTEX)の「サンセットグローベビープール」は、サイズが18.8(幅)×6.6(高さ)×19.3(奥行)cmと小さめで、3つのカラフルなデザインがかわいいプールです。

インテックス(INTEX)「サンセットグローベビープール」 インテックス(INTEX)「サンセットグローベビープール」(出典:Amazon

 対象年齢は1〜3歳、空気入れは付いていません。価格は1500円前後です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.