メディア

コスパが良い&人気の「アウトドアブランドのリュック」4選 ノースフェイスやコールマンを通勤・通学などのタウンユースに【2023年1月版】

» 2023年01月11日 16時50分 公開
[屋内あきFav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 機能性とデザイン性を両立させた「アウトドアブランドのリュック」は、アウトドアシーンのみならず、日々の通勤・通学といったタウンユースでも活躍します。

コールマン 「ウォーカー 33」 コールマン 「ウォーカー 33」(出典:Amazon

 容量が大きいものや収納力が高いものが多く、使い勝手が良いです。また、耐久性も高く、長く使い続けられるため、コストパフォーマンスも良いといえるでしょう。ここでは、「アウトドアブランドのリュック」の中でも特に人気の高いリュックを紹介します。

屋内あき

屋内あき

Fav-Log編集部員として、主に調理家電やキッチンアイテム、初心者向けのアウトドアグッズなどの記事を担当しています。面倒くさがりなので、「時短」「ラクラク」アイテムが大好き。趣味はお酒、食べること、手軽なアウトドアです。

→著者のプロフィールと記事一覧

おすすめの「アウトドアブランドのリュック」:ザ・ノース・フェイス「シングルショット」

 デザイン性が高く、幅広い世代から根強い人気を誇るブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」。その定番リュック(デイパック)とも言えるものが「シングルショット」(NM72203)です。容量約20Lの小型サイズです。

ザ・ノース・フェイス「シングルショット」 ザ・ノース・フェイス「シングルショット」(出典:Amazon

 フロントに縦型のファスナーダブルポケットを設けているのが特徴。メインコンパートメントにはスリーブを設けて効率的に荷物を詰め込めるようにし、第2コンパートメントにはオーガナイザーを設け整理整頓をしやすくしています。

 背面は通気性を確保しながら、快適なフィッティングで設計し、背負い心地を追求。また、ポールループ2カ所と、取り外しできる簡易ウエストベルトが付いており、アウトドアに持ち出しても便利です。本体サイズは約30(幅)×44(高さ)×19(奥行き)cm。販売価格は1万円前後です。

おすすめの「アウトドアブランドのリュック」:コロンビア「スターレンジスクエアバックパック2」

 米国生まれの老舗アウトドアブランド「コロンビア(Columbia)」の「スターレンジスクエアバックパック2」(PU8198)は、ビジネスシーンでも使いやすいスクエア型デザイン。容量は約22Lです。

コロンビア「スターレンジスクエアバックパック2」 コロンビア「スターレンジスクエアバックパック2」(出典:Amazon

 コロンビア独自の撥水機能「オムニシールド(OMNI-SHIELD)」を施しているため、急な雨でも安心です。

 メインコンパートメントの内側にはオーガナイザーポケットと取り外しできるキーフック付き。前面にはマチのある大きなファスナーポケットを上下に配置。使用頻度の高いものの収納にぴったりです。背面側にはパッド付きのパソコンスリーブ(15インチ対応)があり、パソコンを衝撃から守ります。

 本体サイズは約27(幅)×44(高さ)×16(奥行き)cm。公式通販サイトでの販売価格は1万4300円(税込、以下同)です。

おすすめの「アウトドアブランドのリュック」:コールマン 「ウォーカー 33」

 米国のアウトドアブランド「コールマン(Coleman)」の「ウォーカー(WALKER) 33」は、容量約33Lと大容量のバックパック。通勤・通学はもちろん、登山や旅行にも活躍します。

コールマン 「ウォーカー 33」 コールマン 「ウォーカー 33」(出典:Amazon

 収納力の高さが魅力です。フロントには縦・横にファスナーポケット付き。また、フロント収納スペースにはペンホルダーやキーフック、オープンポケットがあり小物整理に便利です。本体両サイドには500mlペットボトルを収納可能。ステッキホルダーも付いています。

コールマン 「ウォーカー 33」 コールマン 「ウォーカー 33」(出典:Amazon

 撥水加工を施した生地を使用。見た目もおしゃれで、カラー展開も豊富なのがうれしいポイントです。本体サイズは約34(幅)×51(高さ)×22(奥行き)cm。公式通販サイトでの販売価格は8690円です。

おすすめの「アウトドアブランドのリュック」:カリマー「トリビュート 25」

 英国発祥のアウトドアブランド「カリマー(karrimor)」の「トリビュート(tribute) 25」は、シンプルなデザインながら豊富なポケットを備えているリュック。容量は約25Lです。

カリマー「トリビュート 25」 カリマー「トリビュート 25」(出典:Amazon

 フロント部分にはペンや小物を収納できるオーガナイザーがあります。バッグ内部には他にも、起毛生地を採用したパソコンポケットや、財布などの収納に便利なハングポケット、キーフックなどが付いています。外側にはサイドジッパーポケット付き。

 チェストストラップも付いているので、リュックを安定させられ、動きやすいです。本体サイズは約30(幅)×47(高さ)×22(奥行き)cm。公式通販サイトでの販売価格は1万6500円です。

最新「バックパック・リュック」の人気ランキングをチェック!

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 【ワークマン新作】レビュー1400件以上の大人気「スクエア真空ハイブリッドコンテナ」の保冷力がすごい! 従来モデルから進化した点は?
  2. 今売れている「ポータブルクーラー」おすすめ3選&ランキング キャンプや車中泊でも涼しい! 1万円台で買える高コスパモデルなど【2024年7月版】
  3. 【付録】リトルミイの「カワイイ付録グッズ」3選 ゴールドのリトルミイが上品なバッグは要チェック
  4. 防水「ゴアテックスレザースニーカー」おすすめ3選 カジュアルからビジネス向けまでピックアップ【2024年7月版】
  5. アウトドアブランドの「サンダル」おすすめ5選 街中からオフィス履きまで使えるスニーカースタイルのモデルをピックアップ!【2024年7月版】
  6. セイコー「プレザージュ」のおすすめモデル4選 機械式腕時計と日本の伝統工芸が融合【2024年7月版】
  7. 今売れているカシオ「プロトレック」おすすめ&ランキング 登山やキャンプで活躍するアウトドアウォッチ【2024年7月版】
  8. 今売れている「アウトドアテーブル」おすすめ&ランキング キャンプの食事やお茶タイムに活躍!【2024年7月版】
  9. 今売れている「サウンドバー」トップ10&おすすめ3選 Dolby Atmosや独自技術の立体音響を搭載したモデルをピックアップ【2024年7月版】
  10. 「トレッキングシューズを普段履きしてもいいの?」よくある質問に元アウトドアショップ店員が回答 注意点は?