メディア
レビュー
» 2023年12月10日 07時30分 公開

【ワークマン】“爆売れダウン”の新旧モデルを比べてみた 気になる素材感や着心地の違いとは【後編】(1/2 ページ)

今回は、その大人気ウェア「リペアテック洗えるフュージョンダウン」を取り上げます。昨年はシリーズ合計55万点を売り上げた、“爆売れダウン”です。2022年モデルと2023年モデルを比較して、どう変わったのかを紹介します。

[川崎さちえFav-Log]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 作業服や安全靴の販売でダントツのシェアを誇る「ワークマン」。最近ではデザイン性の高い製品が、幅広い世代に支持されています。その中でも、秋冬商品で大人気なのが「REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウン」シリーズです。

フォト ワークマンのウェアは高コスパ!

 今回は、その大人気ウェア「リペアテック洗えるフュージョンダウン」を取り上げます。昨年はシリーズ合計55万点を売り上げた、“爆売れダウン”です。2022年モデルと2023年モデルを比較して、どう変わったのかを紹介します。

 前編では、スタンドカラーの登場やポケットについて紹介しました。後編では、肌触りやストレッチ性について比較レビューします。

川崎 さちえ

川崎 さちえ

フリマアプリ・ネットオークションの専門家。2004年、夫が子育てのために会社を辞めたのをきっかけにヤフオク!(当時はヤフー!オークション)を始める。経験を積みながら独自のノウハウを構築。2014年にフリマアプリをスタート。NHK「あさイチ」をはじめとした多数の情報番組に出演し、経験に基づいた実践型のフリマアプリやオークションの魅力を伝えている。また節約や時短が大好きで、安くて便利なアイテムに興味あり。よく利用するのはダイソー。

→著者のプロフィールと記事一覧

ワークマンの爆売れダウン「リペアテック洗えるフュージョンダウン」の機能について

 ワークマンのウェアの“4大機能”といえば、「FLAME-TECH(フレイムテック)防融」と「耐久はっ水」、「REPAIR-TECH(リペアテック)」、「洗えるフュージョンダウン」です。その内の2つの機能、針穴がふさがる「リペアテック」と洗濯可能な「洗えるフュージョンダウン」を搭載しているのが「REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウン」シリーズです。

フォト 魔法の生地「リペアテック」

 生地に特殊加工を施すことで、針が刺さってしまっても自己修復が可能。またダウンに吸湿発熱わたを配合することで、ダウン同様の暖かさをキープしながら、ダウンの弱点である洗濯に強い仕様。自宅で洗濯できて、しかも乾きやすいので、非常に扱いやすいダウンとなっています。

フォト 「REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウン」シリーズ(出典:ワークマン

 そしてもっとも注目の機能が、裏地に施された「ブラックアルミプリント」です。ブラックアルミは、従来のシルバーアルミ(裏アルミプリント)と比較すると、約1.5倍の保温性があります。

 このような機能を搭載しながら、販売価格はアンダー4000円(税込、以下同)。筆者が昨年購入した「リペアテック洗えるフュージョンダウンフーディー」と、今年購入した「リペアテック洗えるフュージョンダウンスタンドブルゾン」ともに、価格は3900円です。

 現在さまざまな商品の価格が上がっていますが、ワークマンのダウンの価格は据え置きです。これも見逃せないポイントといえます。

Amazonで人気の「メンズダウン」をチェック!

「リペアテック洗えるフュージョンダウン」新旧比較レビュー:つや感とストレッチ性に違いが!

 2022年購入のフーディーと2023年購入のスタンドブルゾンを見比べると、生地の素材感が違うことが分かります。写真は、上がフーディー、下がスタンドブルゾンです。

フォト 生地感に違いが……(上がフーディー、下がスタンドブルゾン)

 フーディーはマットな感じ、スタンドブルゾンはつや感があります。素材を見ると、フーディーの表地にはナイロンとポリウレタンが使用されていますが、スタンドブルゾンの表地はナイロンのみ使用しています。

 また、ストレッチ性にも違いがあります。フーディーはストレッチしますが、スタンドブルゾンにはストレッチ性はありません。

Amazonで人気の「レディースダウン」をチェック!

「リペアテック洗えるフュージョンダウン」新旧比較レビュー:カラー展開がおしゃれ

フォト フーディーの新色「チャコール」(出典:ワークマン

 ワークマンのウェアは、カラー展開が豊富なのも魅力。フーディーのカラーはブラック(筆者購入)とディープグリーン、カーディナルレッド、マスタードイエローに、2023年はチャコールとキャメルが加わっています。

フォト スタンドブルゾンのフード(出典:ワークマン

 スタンドブルゾンはブラック(筆者購入)、アーバンネイビー、オレンジ、ライムイエローの4色展開です。2023年モデルのサイズ展開はS〜4Lとなっています。

フォト 左がフーディー、右がスタンドブルゾン

 実際に両モデルを着てみると、どちらも軽いダウンジャケットなのですが、よりスタンドブルゾンの方が軽く感じました。フーディーには、つば付きのしっかりとしたフードが付いているので、その分の重さがあるのかもしれません。とはいえ、どちらも非常に軽量なので、長時間着ても負担が少ないのが特徴です。

「ダウンジャケット」最新ランキングも要チェック!

メンズ

レディース

1億曲以上が聴き放題!

Apple Gift Cardで、楽天ポイントがたまる・使える!

Google Play ギフトコードで、楽天ポイントがたまる・使える!

こちらの記事も要チェック!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 【付録】自然と整理上手になれる 9ポケットの「ハーフムーンバッグ」が発売 見た目もすっきりなシンプルブラック
  2. 今売れている「ソファベッド」おすすめ3選&ランキング 快適すぎる1つあれば幅広く使える便利アイテム【2024年2月版】
  3. 予約しておきたい「付録グッズ」5選 “ヤンオル”の財布が初登場! スマートな長財布は要チェック【2024年2月版】
  4. 今売れている「G-SHOCK」ランキング 1位はフルブラック「GA-2100-1A1JF」【2024年2月23日】
  5. 今売れている「スーツケース」おすすめ製品&ランキング 機内持ち込み可能なサイズが人気【2024年2月版】
  6. 「長時間歩いても疲れにくいスニーカー」おすすめ4選 人気ブランドの定番から手頃なモデルまで【2024年2月版】
  7. 普段使いしやすい「防水スニーカー」おすすめ4選 ゴアテックス搭載モデルをピックアップ/1万円台前半で買えるモデルも【2024年2月版】
  8. 「スマートウォッチ」ほしいものランキングトップ10&おすすめ 長らくトップに君臨していたシャオミが2位に【2024年2月版】
  9. 【付録】カードの整理に便利な「付録マルチケース」が登場 財布機能も付いた、優秀ケースは要チェック
  10. 【付録】推し活がはかどる「付録グッズ」3選 通勤・通学にも便利なおしゃれバッグが登場【2024年2月版】