メディア

普段使いにピッタリな「大人用自転車ヘルメット」5選 日本最大の自転車フェスティバル“サイクルモード”で見つけたカジュアルなモデルを紹介(1/2 ページ)

» 2024年04月17日 11時45分 公開
[大屋雄一Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 日本最大のスポーツ自転車フェスティバル「サイクルモードTOKYO」で、ママチャリやクロスバイクに似合いそうな「大人用自転車ヘルメット」を見つけてきました。

 自転車ヘルメットの着用努力義務がスタートして1年が経ち、コーディネートしやすいカジュアルなデザインのヘルメットが増えてきましたので、ぜひ商品選びの参考にしてください。

フォト ※イメージ

大屋雄一

大屋雄一

モーターサイクル&自転車ジャーナリスト。短大卒業後、好きが高じて二輪雑誌の編集プロダクションに就職し、6年の経験を積んだのちフリーランスへ。ニューモデルの試乗記事だけでもこれまでに1500本以上執筆し、現在進行形で増加中だ。また、中学〜工高時代はロードバイクにものめりこんでいたことから、10年前から自転車雑誌にも寄稿している。キャンプツーリングも古くからの趣味の一つであり、アウトドア系ギアにも明るい。

→著者のプロフィールと記事一覧

自転車ヘルメット:オージーケーカブト キャンバス・スマート

フォト オージーケーカブトのキャンバス・スマート。サイズはM/L(57-59cm)のみ

 自転車用ヘルメットの日本最大手メーカーであるオージーケーカブトは、アーバンヘルメットの新作「キャンバス・スマート」を展示しました。キャンバスは“気軽にかぶれるスマートさとファッション性”をコンセプトとしたシリーズで、通勤通学や買い物など街乗りユーザーを対象としています。

 本商品は、眼鏡を装着したままでも使用可能なシールドを標準装備しているのが特徴。別売りのバイザーを取り付ければキャップ(帽子)のような見た目になり、よりカジュアル感が増します。

フォト カラーは全てマット系で、バリエーションは7種類

 サイズ調整のためのダイヤルアジャスターを備えるほか、後頭部には夜間の被視認性を高めるリフレクターも採用されています。7種類のカラーバリエーションは全てマット系で、ビジネススーツから普段着まで、さまざまな服装とコーディネートが楽しめます。公式サイトでの販売価格は9570円(税込、以下同)です。

自転車ヘルメット:ジェリー GBH001/002/003/004

フォト GBH001は軽量なインモールド成型を採用。キッズサイズもあり

 1949年に創業し、バイク用のヘルメットメーカーとして歩んできたリード工業が、自転車用のヘルメットブランド「CRAS」を立ち上げたのが2023年のこと。今年は、米国のアウトドアウエアメーカー「GERRY(ジェリー)」ブランドのヘルメットを4種類リリースします。

フォト GBH002はキッズサイズ(50-54cm)のみを展開

 「GBH001」から「004」まで共通するのは、ストリートファッションに似合うカジュアルなデザインであること。加えて、最も高いGBH001でも7480円、キッズ用の「GBH002」は4950円と、手頃な価格設定も魅力です。

 GBH001のみ軽量なインモールド成型で、それ以外は取り扱いやすいハードシェルタイプとなっています。いずれも頭部の蒸れを軽減するベンチレーションホールや、フィット感を調整するためのダイヤル式アジャスターを備えています。

フォト 大きなベンチレーションホールのある「GBH003」はMサイズ(54〜57cm)のみ。5280円
フォト 「GBH004」はLサイズ(57〜60cm未満)のみ。価格は5280円

自転車ヘルメット:サギサカ 帽子型着せ替えヘルメット「ここめっと」

フォト 発売予定の「ここめっと」シリーズ。厳しいテストをクリアしたSGマーク認定品

 自転車関連の製造卸販売業を営むサギサカが、「ここめっと」というオリジナルブランドを初公開しました。SGマーク認定のヘルメットをベースに、着せ替え可能な帽子型のカバーを組み合わせたもので、今回展示されていたのは全部で5種類。カバーは別売りでも用意されるとのことで、服装に合わせて着せ替えられるのがうれしいポイントです。

フォト プリーツキャペリン。フリルが首元までカバーするので紫外線対策にも

 リリースは夏ごろを予定しており、価格については7000円前後になりそうとのこと。これならかぶってみたいと思う女性は多いかもしれませんね。

フォト バケットハット、アドベンチャーハット、キャスジョッキーといったタイプも
フォト ストレートキャップ。いずれも夏ごろまでに発売予定とのこと

人気の大人用自転車ヘルメットをチェック!

自転車ヘルメット:アルピナ ブルックリン

フォト 着脱可能な布製バイザーを持つブルックリン

 1980年に誕生し、1996年から自転車用ヘルメットをラインアップしているドイツのアルピナ。「ブルックリン」は街乗り用に設計されたアーバンヘルメットで、取り外し可能な布製バイザーがポイントです。

 後頭部にはLEDのテールランプが内蔵されていますので、夜間の被視認性は抜群といってよいでしょう。カラーバリエーションは6種類で、いずれもマット系となっています。公式サイトでの販売価格は1万2100円です。

自転車ヘルメット:カーマー プレンダ

フォト アーバンヘルメットのプレンダ。サイズは2種類を展開。1万8000円

 最後に紹介するのは、韓国のヘルメットメーカー・カーマーの「プレンダ」です。サイドのプレートがワンポイントとなっており、他社とは一線を画します。これまでに紹介したヘルメットよりもややスポーティーですが、付属のバイザーを装着すると普段着にも似合うカジュアルな雰囲気へと変身します。

 見逃せないのがサイズ感です。韓国のメーカーですので、いわゆるアジアンフィットで設計されており、日本人の頭にもフィットします。もしサイクルショップなどで見かけたらぜひチェックしてみてください。

無料でお試し 音楽聴き放題!

Apple Gift Cardで、楽天ポイントがたまる・使える!

Google Play ギフトコードで、楽天ポイントがたまる・使える!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 【ワークマン】1000円以下で買える「夏を快適にするウェア・アイテム」3選 冷感素材「スムースアイス」採用のポロシャツはひんやり・サラサラ【前編】
  2. ワークマン好きが“リピ買い”した「夏ウェア」3選 2023年夏に人気だったウェアが、新モデルになって登場
  3. 6月発売の「保冷機能付き付録バッグ」3選 ディーン&デルーカの“おしゃれ付録トート”が話題
  4. 「電波ソーラーG-SHOCK」おすすめ&ランキング 無敵の実用ウォッチ! 人気モデルをチェック【2024年5月版】
  5. フルメタルの電波ソーラーブランド! 「リニエージ」おすすめ3選 精悍なオールブラックモデルをピックアップ【2024年5月版】
  6. GUの“1990円バッグ”が話題 素材・形・色すべてがカワイイ! 実際に使ってみた
  7. 今売れている「シチズン プロマスター」おすすめ&ランキング 陸海空で活躍するアウトドア&スポーツウォッチ【2024年5月版】
  8. 「スマートウォッチ」ほしいものランキングトップ10&おすすめ 1位のApple Watch SEに続いたのはHUAWEIの人気モデル後継機【2024年5月版】
  9. ワークマンの使ってよかった「足の疲れ・歩行姿勢改善インソール」3選 長時間の立ち仕事や偏平足など、悩み別におすすめを紹介【2024年5月版】
  10. ワークマンの“スニーカー感覚で履けるサンダル”が優秀 フィット感抜群の蒸れないシューズは要チェック