メディア

車中泊に最適な「小型電気鍋」3選 小型ポータブル電源でも使える、使い勝手抜群の万能鍋【2024年4月版】

» 2024年04月20日 10時00分 公開
[haru.Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 車中泊の際に自炊する人は、調理器具をいくつかそろえているかと思います。日常的に車中泊を楽しんでいる筆者がおすすめする調理器具は、火を使わず電気での調理が可能な「調理家電」です。

フォト ハゴオギ(HAGOOGI)「電気鍋」(出典:Amazon

 その中でも、サイズが小さめの「小型電気鍋」は、収納スペースも取らず、持ち運びや取り扱いが簡単なのでおすすめしたい家電の1つ。さまざまな料理ができるので、狭い車内での調理に特におすすめです。

 今回は、車中泊歴6年の筆者が、小型ポータブル電源でも使用可能な「消費電力600W以下の小型電気鍋」を紹介します。

haru.

haru.

フリーランスライター・編集者。車中泊・バンライフ・キャンピングカー関連、生活・料理関連の記事を複数メディアで執筆中。夫婦でDIYしたバンで「休日バンライフ」として日常的に車中泊をしています。車中泊では車内でパソコン仕事をする他、料理・読書・ゲームをして楽しむ、完全なる「インドア派」。インテリア・ガジェット・ゲームも大好き。

→著者のプロフィールと記事一覧

車中泊の自炊には「小型電気鍋」が便利!

 車中泊時の食事作り、みなさんはどうしていますか。車中泊をする際、車両にキッチンが付いていない場合は、何かしらの調理器具を準備しておく必要があります。

 最近では「車内で火を使うことに不安がある」という声もあることから、車中泊用にポータブル電源と調理家電を購入する人が多いようです

フォト ハック「ちょこっと家電 おひとり様グリル鍋」(出典:Amazon

 しかし、狭い車内では自宅と同じように調理するのは難しいですよね。筆者も車内では簡単な調理で済ませることが多く、調理器具も小型でさまざまな使い方ができる「小型電気鍋」を活用するようにしています。

 小型電気鍋はサイズも小さめで1〜2人分の調理しかできませんが、その分車内での使用や収納の際に場所を取らず、使いやすいです。調理も煮る・焼く・蒸すなど万能に使える製品が多いため、車中泊の調理家電としておすすめです。

どんなポータブル電源で使える?

 一般的な3〜4人サイズの大型ホットプレートは、消費電力が1000〜1200W程度です。消費電力1200Wの家電を使用するには、定格出力が1200W以上あるポータブル電源が必要です。

 定格出力が1000Wを超えるポータブル電源は容量が多く、使い勝手はとても良いのですが、価格が10万円以上する製品が多くなっています。

フォト BLUETTI「EB3A超小型ポータブル電源」(出典:Amazon

 調理家電が1万円以下と購入しやすい価格帯であっても、それを動かすポータブル電源が高価で手が出ない、という人が多いのも事実です。

 一方、今回紹介する小型電気鍋は、一番温度が高い状態でも消費電力は600Wほどです。定格出力が600Wあるポータブル電源なら問題なく使用することができるので、ハイスペックで高級なポータブル電源は必要ありません。

車中泊におすすめの電気小型鍋:ハック「ちょこっと家電 おひとり様グリル鍋」

 最初に紹介したいのは、ハックの「ちょこっと家電 おひとり様グリル鍋」です。消費電力は260Wと、安価な小型ポータブル電源でも使用することが可能なグリル鍋です。

 鍋・プレートの直径が12cmほどと、非常に小さめサイズ。ぱっと見はおもちゃのような大きさですが、本体には鍋とプレート、ガラスぶたが付いており、焼く・煮るの2通りの使い方が可能な“万能グリル鍋”です。

フォト ハック「ちょこっと家電 おひとり様グリル鍋」(出典:Amazon

 価格も3000円ほどと手に取りやすく、気軽に購入できます。ただプレート部は本体から外れないため、ホイルを敷いて調理したり、使用後に汚れを拭き取ったりするなど、ちょっとした工夫が必要です。

車中泊におすすめの電気小型鍋2:ハゴオギ(HAGOOGI)「電気鍋」

 ハゴオギ(HAGOOGI)の「電気鍋」は、容量が1Lとたっぷりあるので、1〜2人分の調理に最適です。消費電力は600Wと、こちらも定格出力600Wのポータブル電源で使うことができます。

 価格は7000円ほどしますが、保温・低・中・高と65〜250度までの温度調節が可能なので、使い勝手抜群です。別売りの「蒸しプレート」を追加すれば、料理のバリエーションがさらに広がります。

フォト ハゴオギ(HAGOOGI)「電気鍋」(出典:Amazon

 本体に深鍋と波型プレート、ガラスぶたが付属しています。深鍋のサイズは約17(直径)×8(深さ)cmと、しゃぶしゃぶやラーメン、スープなどの汁ものも作れます。また鍋やプレート、ふたは、全て取り外して洗うことができます。

車中泊におすすめの電気小型鍋3:SOIKOI「小型グリル鍋」

 SOIKOIの「小型グリル鍋」は、温度調節が可能な丸いつまみがかわいらしい電気小型鍋です。容量は1L、消費電力は600Wとなっています。コロンと丸い本体と、くすみカラーがかわいらしいデザインです。

フォト SOIKOI「小型グリル鍋」(出典:Amazon

 鍋と天板の他に蒸し台が付属しており、煮る・蒸す・焼くの3通りの調理ができます。車内で気軽に焼肉や鍋料理、ラーメン、肉まんなどの温かい料理を作ることができます。

 こちらも、全て外してきれいに洗うことが可能。清潔に使い続けたい人におすすめです。

「グリル鍋」最新ランキングも要チェック!

1億曲以上が聴き放題!

Apple Gift Cardで、楽天ポイントがたまる・使える!

Google Play ギフトコードで、楽天ポイントがたまる・使える!

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. ワークマンの“スニーカー感覚で履けるサンダル”が優秀 フィット感抜群の蒸れないシューズは要チェック
  2. ワークマンの「汗をかいても快適なウェア」3選 980円の“ひんやりTシャツ”は、この夏のマストバイ【後編】
  3. スニーカー感覚で履ける「軽量トレッキングシューズ」おすすめ3選 長時間歩いても疲れにくい【2024年5月版】
  4. ミリタリーの定番アイテム! 「MA-1ジャケット」おすすめ4選 春から初夏に着たい薄手のモデルやCOOLMAX素材使用モデルなど【2024年5月版】
  5. 今売れている「スポットクーラー」おすすめ&ランキング 工事不要ですぐ涼しい! エアコン取り付け不可でも快適に【2024年5月版】
  6. 無印の「ペットボトル用保冷ホルダー」が優秀! 長時間ひんやりキープで夏のデスクワークもはかどる
  7. 今売れている「バーベキューグリル」おすすめ&ランキング ハイスタイルや卓上タイプなど、人気モデルをチェック【2024年5月版】
  8. 今売れているカシオ「オシアナス」おすすめ&ランキング エレガントで上質、ブルーが美しい腕時計【2024年5月版】
  9. ワークマンの「機能的なサンダル」3選 2000円前後で買える、アウトドアでも活躍する優秀アイテム
  10. 【付録】「小さめショルダーバッグ付録」3選 ナノ・ユニバースの“整理しやすい”バッグや、防水の黒バッグなど【2024年5月版】