メディア

ズボラさんにおすすめな「マグカップ型ケトル」3選 マグカップで調理も保温もできる優れもの【2024年1月版】(1/2 ページ)

» 2024年01月26日 11時39分 公開
[haru.Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 電気で保温するだけでなく、湯沸かしや調理も可能な「マグカップ型ケトル」。自宅やオフィスでの使用だけでなく、出張や旅行時、車中泊・キャンプなどのアウトドアシーンでも手軽に使用することができることから、最近人気を集めています。

フォト エレコム「マグカップ型電気なべ COOKMUG」(出典:Amazon

 今回の記事では、マグカップ型ケトルのおすすめを紹介します。温かい飲み物や軽食を手軽に作れるマグカップ型ケトルは、さまざまシーンで活躍すること間違いなし。気になる人はぜひチェックしてみてください。

haru.

haru.

フリーランスライター・編集者。車中泊・バンライフ・キャンピングカー関連、生活・料理関連の記事を複数メディアで執筆中。夫婦でDIYしたバンで「休日バンライフ」として日常的に車中泊をしています。車中泊では車内でパソコン仕事をする他、料理・読書・ゲームをして楽しむ、完全なる「インドア派」。インテリア・ガジェット・ゲームも大好き。

→著者のプロフィールと記事一覧

調理もできるマグカップ型ケトルが人気!

 ドリンクを入れて飲むだけでなく、保温や加熱もできる「マグカップ型ケトル」が人気です。本体を電源コードで直接繋ぎ、お湯を温めたり、沸かしたりできます。

 容量も350〜450ml程度ある製品が多く、カップ1杯分のコーヒーや紅茶を入れられるのはもちろん、ミニラーメンやリゾット、スープなどを手軽に作ることができます。

フォト Focustar「マグ・電気ケトル 2in1」(出典:Amazon

 いずれも小型で消費電力も低め。自宅やオフィスなどで使用するだけでなく、車中泊やキャンプなどのアウトドアシーンや、出張時などにも最適です。

 ただ、本体に電源コードを接続する必要があるため、「丸洗い不可」となっているものが大半です。外側の接続部分をぬらさないように、内側を洗う必要があります。

おすすめの「マグカップ型ケトル」1:サンコー「おひとりさま用マグケトル」

 最初に紹介するのは、サンコーの「おひとりさま用マグケトル」です。

フォト サンコー「おひとりさま用マグケトル」(出典:Amazon

 サイズは、約13(幅)×14(高さ)×9.5(直径)cm(ふたと持ち手含む)。重さは約375gとなっています。容量は350mlあり、コーヒーや紅茶ならたっぷり1杯分。少量のリゾットやミニラーメン作りもできます。

 消費電力は300Wと、一般的な電気ケトルの約3分の1以下。定格出力300Wの小型ポータブル電源でも、問題なく使うことができます。車中泊やキャンプなどに最適です。

 加熱の温度は45、60、100度の3段階から設定ができ、お湯を沸かすだけでなく、冷めたドリンクを温め直したり、牛乳を適温まで温めるなど、シーンに合わせて使い分けが可能です。

 さらに、本体には茶こしが付属しているので、いつでも気軽にお茶を楽しめます。公式サイトでの販売価格は5480円(税込、以下同)です。

おすすめの「マグカップ型ケトル」2:エレコム「マグカップ型電気なべ COOKMUG」

 エレコムの「マグカップ型電気なべ COOKMUG」は、タッチ操作が便利なモデルです。スイッチは「Boilモード(沸かす)」と「Stewモード(煮る)」の2種類あり、タッチ操作で簡単に好みの温度に切り替えることができます

フォト エレコム「マグカップ型電気なべ COOKMUG」(出典:Amazon

 こちらも同じく、容量は350ml。加熱の際には45、60、100度の3段階から温度を設定することが可能。設定温度まで加熱した後は、自動的に8時間の保温に切り替わるため、加熱のしすぎや空だきの心配はありません。

フォト エレコム「マグカップ型電気なべ COOKMUG」(出典:Amazon

 消費電力は300Wなので、小型のポータブル電源でも使用することができます。

 カラーはホワイトとミント、ピンクの3種類。リニューアルモデルはコードが1.5mと長めに作られているので、キッチンなど広い卓上でも使いやすいでしょう。販売価格は5000円前後です。

おすすめの「マグカップ型ケトル」3:Focustar「マグ・電気ケトル 2in1」

 おしゃれなマグカップ型ケトルが欲しい人におすすめなのが、Focustarの「マグ・電気ケトル 2in1」です。

フォト Focustar「マグ・電気ケトル 2in1」(出典:Amazon

 容量は450mlとたっぷりあるので、用途はさらに広がります。自宅でリモートワークをする際などに半日分のお茶を入れておき、冷めたら温めなおす、なんてこともできます。

フォト Focustar「マグ・電気ケトル 2in1」(出典:Amazon

 スープやリゾットだけではなく、お湯を沸かしてゆで卵を作ることも可能です。茶こし付きなので、茶葉からおいしいお茶を入れることもできます。

 消費電力は300W。カラーはグリーンとピンクの2種類から選ぶことができます。持ち手やふたのデザインがおしゃれなので、デスク上に置いておくだけでも気分が上がります。価格は4000円前後です。

最新「保温マグカップ」ランキングも要チェック!

1億曲以上が聴き放題!

Apple Gift Cardで、楽天ポイントがたまる・使える!

Google Play ギフトコードで、楽天ポイントがたまる・使える!

こちらの記事も要チェック!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 【付録】ファミマで買えるスヌーピーの「とってもコンパクトになるエコバッグ」が登場 必要な時にさっと取り出せる!
  2. 安いけど“使える”「スマートウォッチ」おすすめ4選 1万円台以内の高コスパモデルをチェック!【2024年6月版】
  3. 今売れている「電動自転車」おすすめ3選&ランキング クロスバイク型のカッコイイタイプから、6万円台で買えるコスパ優秀モデルまで【2024年6月版】
  4. 今売れている「トラックボール」トップ10&おすすめ エルゴノミクスデザインのハイエンドモデルをピックアップ!【2024年6月版】
  5. 今売れている「シチズン プロマスター」おすすめ&ランキング 陸海空で活躍するアウトドア&スポーツウォッチ【2024年6月版】
  6. 安いけど“使える”「G-SHOCK」おすすめ4選 1万円台以下で買える電波ソーラーモデルに注目!【2024年6月版】
  7. 疲れにくい「カジュアルなサンダル」おすすめ3選 愛用者増加中の“疲労回復”できるシューズをチェック【2024年6月版】
  8. 今売れている「スポットクーラー」おすすめ&ランキング 工事不要ですぐ涼しい! エアコン取り付け不可でも快適に【2024年6月版】
  9. ワークマンの「汗をかいても快適なウェア」3選 汗でべたつかない“1000円台ブラウス”は要チェック【前編】
  10. 【付録】宝島チャンネルで「最大半額セール」開催中 チャムスの「ビッグトート」が半額!【6月23日まで】