Special
» 2010年04月01日 00時01分 公開

竜馬、海援隊内で英語を公用語にしていたことが判明?!亀山社中の秘蔵文書発見

4月1日、亀山社中の秘蔵文書が発見され、坂本竜馬が海援隊士らに「英語のみで会話せよ」と命じていたことが分かった。

[PR/Business Media 誠]
PR

亀山社中の秘蔵文書を発見!

 愛帝目出意亜大学文学部 言成 誠教授によると、『弘松家所蔵』文書内に記述されている『海援隊約規』の別巻が高知県で発見され、その文書内に海援隊内では特定の機密情報に関する意思疎通手段として、隊員が英語のみで会話することが必須とされていたことが記述されていたことが今回判明した。

坂本竜馬と海援隊士ら
海援隊約規

海援隊約規別巻

凡隊中ノ事秘匿スベキ極秘情報ニ関シテ、一切英語ノミヲ以テ疎通スル事トス。其ノ修練ニツヒテハ、亜米利加國産ロゼツタニテ日々楽シミ乍ラ、行ウ事。凡隊中修業分課ハ海外ニ遍ク目ヲ向ケ、堂々ト自信ヲ以テ英語ニテ建議シ、新時代ヲ強健ニセシメル為ニ全力ヲ尽クス事トス。

皇慶応三丁卯四月一日

(以上、「海援隊約規別巻」より今回明らかになったとされる部分を抜粋)


 この文書は慶応元年四月に起草された同約規の別巻として、今まで秘匿されてきたが、今回初めて明らかになったと同教授は発表した。同文書内で触れられている正体不明な物については、現在究明を図って調査中とのこと。詳細については、近く学会での発表が待たれる。

※4月1日はエイプリルフールです。この記事は史実とは異なります。
フリートライアルはこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ロゼッタストーン・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:Business Media 誠 編集部/掲載内容有効期限:2010年4月1日