新プロファイル登場で新市場目指すBluetooth(2/2)

【国内記事】 2002年2月28日更新

前のページ

注目の“自動車向け”プロファイル

 数多くの新プロファイルの中でも,「Bluetoothの牽引役」(酒井氏)として期待されるのが自動車向けのプロファイル。自動車は台数が多く,また母体の価格も高いため,家電ほどBluetoothを搭載することによるコストアップが問題にならないからだ。

 同日カンファレンスを行ったデンソーのITS開発部鈴木邦一主任は,Bluetoothの車載応用例として,「携帯に組み込まれた個人情報をもとに,車に乗るとシート位置やミラーなどを自動的に調整する。また駐車場やファーストフードの料金を支払うこともできる」(鈴木氏)といった使い方を挙げた。

ハンズフリーハンズフリー通話
ユーザーインタフェースの転送携帯のメニューやPDAのスケジュールなどを車載機器のディスプレイに転送
車のパーソナル化ラジオ選曲,シート位置,ミラーの設定など
遠隔操作キーレスエントリー
車載電話との連携携帯のSIMカード情報を転移
車位置情報の転送位置情報のやりとり
車外環境とのコミュニケーションデジタルキオスクやハイウェイ料金所
診断とプログラミング車両のコンピュータのアップデート

 現在策定中のプロファイルは,ハンズフリーやSIMカード情報の転移など。車両診断やパーソナライゼーション,車両インタフェースなどの機能は,現在プリプロファイルとして検討・作成中だという。

Bluetoothも家電ネットワーク規格に名乗り

 もう1つ,期待される新プロファイルがPersonal Area Networking(PAN) Profile。基本的には,小さなイーサネットネットワークを構築するためのものだ。従来でもLAN Access Profieを用いて,イーサネットに接続できたが,PAN Profileはシンプルで高スループットなのが特徴。

 主に情報家電などの間のデータ転送にBluetoothを使うためのもので,「家電は台数が多い。広がればインパクトが大きい。マイクロプロセッサが使われている家電にはすべてBluetoothが載ることを期待したい」(酒井氏)

 LAN Access Profileでは,RFCOMからPPPを使ってTCP/IPネットワークに接続していたが,PAN ProfileではBNEP(Bluetooth Networking Encapsulation Protcol)という独自のプロトコルを採用。「BNEPは(PPPを使わず)直接パケットで上位層とやりとりできるため,高速」(同日カンファレンスを行ったACCESSの基盤開発本部第二基盤開発部の渡辺一弘係長)


従来のDUN/LAP ProfileとPAN Profileのスタックの違い。Bluetoothが標準的にデータ転送に使うRFCOMに替わり,BNEPが使われる

Bluetooth普及,「最後の最後」のチャンス

 毎年毎年期待を裏切ってきたBluetoothだが,「今年こそ,1年後には立ち上がることを期待したい」と酒井氏は言う。低空飛行に見えるBluetoothも,製品数自体は順調に数を増やしており,「新プロファイルは急速に市場を立ち上げる」(酒井氏)と期待しているからだ。


酒井氏が提示した,Bluetooth最終製品の月別のロゴ登録件数推移。2000年6月から2001年12月にかけて右肩上がりに伸びている

 携帯電話への搭載は,到底,順調とはいえない,そんなBluetoothにとって,自動車と家電は,残された数少ない“大市場”。Bluetooth関連企業にとっては,これが「最後の最後」(酒井氏)の望みの綱となりそうだ。

関連記事
▼ PCを音楽サーバに──ケンウッドのAV Profile搭載Bluetoothヘッドホンシステム
▼ Bluetoothの成否は“日本の携帯”が握る
▼ Bluetoothの夢と現実

前のページ | 2/2 | 最初のページ

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!