携帯でFlashを再生できるエンジン──エイチアイとキヤノンが開発

携帯電話でFlashコンテンツを再生する組み込み向けプレーヤーが開発された。現状の2G端末で15fps以上で表示可能だ。

【国内記事】 2002年4月24日更新

 エイチアイとキヤノンは4月24日,「Macromedia Flash」で作成したコンテンツを携帯電話上で再生・実行できるプレーヤーエンジンの開発に成功したと発表した。エイチアイは,同社の組み込み向け3D画像表示エンジン「マスコットカプセルシリーズ」のオプション機能として,本年夏より出荷を開始する。

 このプレーヤーを利用することで,Flashコンテンツを現状の第2世代携帯電話でも毎秒15フレーム以上で再生・表示することが可能。特別なハードウェアを必要とせず,ソフトウェアのみで動作する。Macromedia Flash Version 4のサブセットをサポートしているほか,今後,アクションスクリプト機能についてもサポートする予定。

 「既に開発は終了しており,現在アクションスクリプト機能などを追加している」(エイチアイ)


Symbian OSを搭載した,NOKIAのGSM端末「9210 Communicator」での動作例。9210は,ARM9ベースのCPUで動作しており,「速度は,第2世代の携帯電話とそれほど変わらない」(エイチアイ)という(クリックでムービーが見られます。【MPEG-1・850Kバイト】

 このプレーヤーエンジンは,オーストラリアにあるキヤノンの研究開発会社,キヤノン・インフォメーション・システムズ・リサーチ・オーストラリア(CISRA)が開発した画像処理エンジン「TCIE(Thin Client Imaging Engine)」に,エイチアイの「マスコットカプセルエンジン」の技術を融合することで生まれた。

 エイチアイの3D画像表示エンジンは,J-フォン向け携帯電話に組み込まれ,「3Dポリゴンエンジン」として3次元キャラクターを動作させるのに使われている。

 また,キヤノンは3月26日付でエイチアイに出資した。キヤノンの持ち株比率は10.75%。今後,両社は3D画像や今回のプレーヤーエンジンに留まらず,マルチメディアに関わる部分で交流を図っていく。

関連記事
▼ Java搭載携帯でFlashを再生しよう!──KLab,「K-tai Flash」
▼ バンダイネットワークスとエイチアイ,3Dポリゴンエンジンの最新版をJ-フォンの2.5世代端末に実装
▼ エイチアイ,携帯の待ち受け3Dキャラが作成可能なツールを無料配布
▼ J-フォンの3Dポリゴンはいかにして誕生したか――moobidec 2001
▼ J-フォン,携帯電話上で動く3Dポリゴン技術を発表──6月の新端末から

関連リンク
▼ エイチアイ
▼ キヤノン

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!