Mobile:NEWS 2002年6月17日 11:16 PM 更新

504iのハードウェアスペックを総覧する

5機種出そろった504iシリーズは、ハードウェアのスペックだけ見ても多彩。細かなハードウェアスペックを見ていこう

 すべて折りたたみ型で背面ディスプレイを搭載した504iシリーズ。形状は似ているが、各ハードウェアスペックは大きく異なる。液晶からサイズ、着メロまでまとめてみよう。

 メインディスプレイは各社2インチ以上の液晶を搭載してきた。それぞれ6万5000色以上の発色が可能で、他キャリアの最新端末と比べてもトップクラスのディスプレイだ。注目は、従来の2倍近い解像度を持つ「N504i」と(5月31日の記事参照)、輝度が高く美しい「P504i」の液晶(6月5日の記事参照)。

 またサイズはほぼ同等ながら、表示文字数が大きく異なることにも注意したい。メール表示に関しては、各社複数のフォントを用意し、使い分けられるようにしているが、Webブラウズ時の文字表示数は固定(6月6日の記事参照)。これは「ドコモからWeb時はフォントを変えないようにと指示されている。コンテンツプロバイダがページを機種ごとにレイアウトするための配慮ではないか」(端末メーカー)という理由のようだ。その結果、端末によって2倍近い差がある。

 背面ディスプレイは、有機ELディスプレイを搭載した「F504i」が秀逸(5月24日の記事参照)。各社が「デザイン時に背面の処理に苦労した」と語るとおり、504iシリーズでは赤外線、背面ディスプレイ、iモードエンブレムなどを配置しなくてはならない。F504iでは背面に透明な素材を用い、内側に有機ELディスプレイを搭載。内部から浮き上がるような表示を行い、すっきりした感じに仕上げている。また赤外線ポートも内部に搭載した。

 P504iの背面ディスプレイには、専用のiアプリを用いると画面を表示することも可能。また、アナログ時計表示が可能なのは、N504iと「D504i」だけだ。

 カラーバリエーションは、ピンク、ブラック、シルバーが多い。そんな中、F504iのサイバーブルーは目立ったカラー。またフレッシュピーチも光が当たるとピンクが緑に変化するなど工夫されている。最も独特なカラーバリエーションを誇るのは「SO504i」。それぞれつや消しを使い、レッド、ホワイトと独特のカラーを選択した(6月14日の記事参照)。

 サイズで目立つのは、P504iの圧倒的な薄さと軽さ(6月5日の記事参照)。折りたたみ型の携帯電話で最薄を実現している。また、ヒンジ部にワンプッシュオープンボタンも装備し、片手での開け閉めを可能にしている。

 着信メロディでは、N504iとSO504iがヤマハ製のFM音源チップを採用。40和音を可能にした(6月11日の記事参照)。また従来機種と比較すると、すべてがADPCM(着信ボイス)に対応している。

型名D504iF504iN504iSO504iP504i
メインディスプレイ種類半透過型TFD液晶半透過型TFT液晶半透過型TFD液晶透過型TFT液晶半透過型TFT液晶
メインディスプレイサイズ2.1インチ2.0インチ2.2インチ2.0インチ2.1インチ
メインディスプレイ解像度132×176132×176162×216128×160132×176
メインディスプレイ待受画面解像度132×160132×136160×198128×128132×144
色数26万2144色6万5536色6万5536色6万5536色6万5536色
Webブラウズ時表示文字数11×118×810×108×711×9
メール時最大表示文字数11×10・2段階11×10・2段階16×15・3段階12×9・3段階13×11・3段階
背面ディスプレイ種類モノクロ液晶有機ELモノクロ液晶モノクロ液晶モノクロ液晶
カラーバリエーションオーキッドピンク/ラピスブラック/シルバーアッシュサイバーブルー/サムライブラック/フレッシュピーチミスティシルバー/プライムブラック/レジーナピンクマットブラック/ビクトリアンホワイト/バーガンディーレッドグレイスシルバー/オニキスブラック/シルキーピンク
サイズ(幅×高さ×厚み)ミリ49×104×2650×97×2648×93×2449×96×2950×100×16.8
重さグラム11010510512099
連続待受時間500時間525時間460時間320時間490時間
連続通話時間135分140分135分130分140分
電池容量650mAh650mAh650mAh730mAh680mAh
着信メロディ32音/PCM+ADPCM32音/PCM+ADPCM32音/FM+8音/PCM+ADPCM32音/FM+8音/PCM+ADPCM32音/PCM+ADPCM

関連記事
▼ カラー化の次の流れは高精細〜NEC、「N504i」を語る
▼ ストレートより薄い16.8ミリの衝撃〜「P504i」
▼ 出そろった504i。画面表示文字数の違いをどう見る?
▼ 写真で見る「F504i」&「D504i」
▼ 「カタログインパクトより使用感」〜ソニー、SO504iを語る
▼ 504iを解剖する(2):必ずしも40和音ではない……その秘密

[九条誠二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!