Mobile:NEWS 2002年7月3日 11:07 PM 更新

写真から推測する――FOMA内蔵PDAの機能

N+Iで稼働するハードが参考出展されていたFOMA内蔵PDA。残念ながら現時点でスペックなどについてはコメントできないという話だったのでデモ機をベースに推測してみた

 N+Iで参考出展されたFOMA内蔵PDA(7月3日の記事参照)。しかし、ハードのスペックや搭載ソフトなどについては現時点でまだ正式なコメントをできないというドコモの話だった。そこでデモ機を説明員に見せてもらいながら、可能な範囲でそのスペックや機能を推測してみることにした。

 まずサイズ縦横がは実測でそれぞれ135×85ミリ。重さは500グラムぐらいというところ。


ハンドセットは本体の横幅とほぼ同じサイズ


タバコの箱と比較。持った感じは女性の手のひらより少し大きいぐらい

 内蔵カメラは静止画や動画の撮影および保存ができるようだ。撮影した静止画は手書きで書き込みをしたり、スタンプを押すといった加工が行える。

 撮影および保存可能な画像や動画のフォーマットは公表されていないが、画像はJPEG、動画はASFか。ASFはドコモの動画配信サービス「M-stage visual」でも使われているフォーマットだ。


静止画撮影の際に設定できる項目。右隅に撮影可能な枚数と思われる403枚という数字が


撮影した画像はLibraryというエリアに登録されるようだ。ムービーや音楽、テキストなど6種を保存可能


撮影した画像には文字を入れたりスタンプを押したりできるようだ


アイコンは地図作成に役立ちそうなものが入っていた


描画色の設定画面


内蔵カメラで撮影した動画を再生するインタフェース


動画フォーマットはASF形式のようだ

 PDAにはFOMAで利用可能なiモードや通話、テレビ電話などの機能と共に、Webブラウザ、インターネットメール、スケジューラが搭載されていた。ただインターネットメールの添付ファイルがどのような扱いになるのかは不明。一般的なPDAに付属するWordやExcelの簡易ビューワといったソフトも、参考出展されたハードを見た限りでは見当たらなかった。


メールのインタフェース。インターネットメールとiモードメールは分けて送受信できるようだ


iモードに接続する際に現れる半透明の表示


iモードメニュー画面もアイコンで表示される


携帯電話向け以外のWebサイトにもアクセスできる。iモードのように画面メモの作成ができるようだ


Webブラウザのインタフェースは見ることができなかったが、JavaScriptやSSLには対応しているようだ


スケジューラのインタフェース


通話機能の設定項目。普通の通話、テレビ電話はここから切り替えるようだ

関連記事
▼ ドコモ、FOMA内蔵PDAをデモ〜NetWorld+Interop 2002 Tokyo
▼ ドコモ、新型FOMAから“一見FOMA”まで
▼ ドコモ、FOMAのPDA端末を展示――シャープが有力?
▼ シャープのIMT-2000端末。そしてモバイルカメラはどこへ行く?
▼ ドコモもGPSケータイを準備──ドコモ関西副社長
▼ FOMA端末、年内にはiモーション対応、来春にはPDA型も

関連リンク
▼ NETWORLD+INTEROP 2002 TOKYO特集ページ

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!