Mobile:NEWS 2002年8月26日 01:03 PM 更新

KDDI、カメラ付きムービー端末発表

KDDIは、カメラ内蔵の4機種を9月20日から投入する。最上位機種となる「A5301T」は、撮影した動画をメールで送信することもできる。また月額1200円で0.1円/パケットとなるオプションプランも提供する

 KDDIは8月26日、カメラ付きムービーケータイ「A5301T」など、カメラ内蔵の4機種を発表した。それぞれ9月20日から発売する。価格はオープンプライスだが、「春に発売したCDMA2000 1xシリーズと、ほとんど変わりない価格」(KDDIのau事業本部長・起橋俊男氏)。

機種名カメラ動画再生GPS背面ディスプレイ
A5301T31万画素CCD256色STNカラー
3015SA11万画素CCD×6万5536色STNカラー
A1013K11万画素CMOS××256色STNカラー
A1014ST11万画素CCD××モノクロ

 A5301Tが備える、撮影した動画をメールで送信する機能は「ムービーメール」と名付けられた。最大15秒の動画をMPEG-4形式で撮影、メールに添付して送信できる。同社社長の小野寺正氏は「第3世代携帯電話初となる動画メールだ」と先進性を強調。

 今回発表した4機種のうち、ムービーメールに対応するのは1機種だが、将来的なユーザーの利用は「いわゆる高機能な携帯が7割くらいになる。音声中心、メール中心でいいというユーザーが2割」(小野寺氏)とし、今後はムービーメール対応機種の種類を増やしていく方針だ。

 ムービーメールは従来の動画配信サービス「ezmovie」との互換性を重視した。ezmovie対応端末として現在40万人のユーザーが「C5001T」を利用しており、C5001Tでは受け取ったムービーメールを再生できる。基本的にはezmovie対応端末はムービーメールも再生できるようにする。。


PC向けには動画オーサリングツールも用意され、PCやA5301Tから送った動画は、C5001Tでも閲覧できる

 録画時間は5秒/10秒/15秒から選択、画像コーデックはMPEG-4、音声はQCELPを使う。ezmovieが秒間約15フレームなのに対して、ムービーメールはファイルサイズを抑えるため7−8フレームとした。撮影した動画に最大80文字のテロップを挿入したり、音声を録音し直すアフレコ機能などを備える。

 ファイルサイズは約20Kバイト。A5301Tは3Mバイトのメモリを内蔵しているほか、16MバイトのSDカードが付属しており、5秒間の動画を最高555本保存できる

静止画の送受信も進化

 発表された4機種はすべて静止画を撮影することができる。撮影した画像はメールに添付して、au、ツーカー、J-フォン、FOMAへ送信できる(フォトメール)。またサーバを経由して画像が見られるURLを相手に送信する「フォトメール便」を10月から開始する。このサービスを使うことで、iモード端末へも画像が送信できることになる。

 フォトメール便は今回の4機種に限らず、ezwebmulti・EZweb@mailに対応するau端末から利用できる。端末にはフォトメール便を簡単に出せる機能は特に用意されていないという。


フォトメール便の仕組み。カメラ内蔵端末を複数提供しているツーカーグループでも「ピクチャーメール」という同様のサービスを開始する

パケット料金割引サービスも提供

 パケット料金の割引サービス「パケット割」も10月1日から提供する。月額1200円で、800円分の無料通信料が含まれる。これまでのパケット料金は0.27円/パケットだったが、時間帯にかかわらず0.1円/パケットとなる。

 これにより、ムービーメールを1回約16円で、フォトメールが1回約6円で送信できる。「これまで着メロをダウンロードすると、20円から25円かかっていた。それに比べて、通信料はかなりお得」(KDDIのau事業企画本部プロダクト統括部長の牧俊夫氏)。


パケット割。従来の「ミドルパック」(月額2400円)よりもライトユーザーに向けた割引オプションとなる(8月21日の記事参照



関連記事
▼ au、カメラ付き端末4機種を発表
秋の新端末群は、すべて折りたたみ+カメラ+背面液晶。SDカードスロット搭載端末や、ライト搭載端末、レンズカバー搭載端末などバラエティ豊富だ

▼ au発表会に菊川怜と仲間由紀恵が登場〜竹野内豊と3人でauの顔に
au発表会に菊川怜と仲間由紀恵が駆けつけ、新端末発表に花を添えた。竹野内豊と3人で秋からauのイメージキャラクターを務める

▼ 携帯動画配信、ezmovieがちょっと優勢?
「iモーション」と「ezmovie」。2つのキャリアが2種類の動画配信サービスを開始して数カ月。立ち上がりはどんな状況なのだろうか。数多くの動画配信を手がけるソニー・ミュージックに聞いた。

▼ 3社のパケット料金を比較する
iモードの値下げ発表で、各社のパケット料金体系に注目が集まっている。各社のパケット料金を、モデルケースを使って比較してみた


関連リンク
▼ au(KDDI)
▼ ニュースリリース

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!