Mobile:NEWS 2002年11月28日 09:29 PM 更新

ナムコ、裸眼立体視と高精細2D表示を両立する新技術

ナムコは、裸眼立体視と高精細な2D表示を両立させた映像表示技術を開発したと発表した。カーナビゲーションシステムやパチンコ台などへの展開を図る

 ナムコは11月28日、裸眼立体視と高精細な2D表示を両立させた映像表示技術を開発したと発表した。カーナビゲーションシステムやパチンコ台などへの展開を図る。


新ディスプレイの試作機

 ナムコが2000年7月に発表したレンチキュラー・パノラマグラム方式の裸眼立体視ディスプレイを改良。3D/2D表示の切り替えや大画面化(7型ワイド、640×480ピクセル)を図った。

 同方式は、ディスプレイパネルの前面に、断面がかまぼこ上のレンズアレイ(レンチキュラー)を配置することで立体視を実現する。レンズアレイで光が屈折することで視差を生じさせ、立体視が可能になるもので、立体写真などで比較的古くから利用されている技術だ。

 ただしレンチキュラー装着時は画素がレンズで拡大されるため、2D画像の高精細な表示は難しい。またレンチキュラー特有の細かい縦縞が発生してしまう。


新方式の構造図

 新システムではレンチキュラーと液晶パネルの距離を精密に変化させることで、高精細な2D表示を実現した。3D/2D表示は瞬時に切り替えられ、また3D表示時には5つの異なる視点を表現できる多視点化も実現。専用ハードで映像をリアルタイムに生成・コントロールすることでインタラクティブなムービーも実現できるという。

 裸眼立体視と2D表示を両立させた液晶ディスプレイでは、シャープがパララックスバリア方式を採用した製品を実用化している(9月27日の記事参照)。だが同方式では「明るさで難があり、見る位置が固定されるため多人数同時での立体視は難しい」(ナムコ)。

 新方式は多視点3D映像と高精細2D表示を両立させ、さらに瞬時に切り替えられる点で優位性があるという。またシステムに精密さが要求されるものの、「ローコストで量産可能」(同社)だとしている。



関連記事
▼ シャープ、裸眼立体視が可能なLCDを実用化
▼ 「3D液晶」が携帯に?〜シャープ、三洋(ZDNet Mobile)
CEATECのシャープブース、三洋電機ブースでは、平面に表示された画像が飛び出して見える“3D液晶”が参考展示されている。左右の目の視差を利用して、奥行きを表現する技術だ

▼ 3D液晶搭載のiショット端末「SH251iS」登場(ZDNet Mobile)
第2世代のiショット端末が登場する。シャープ製の「SH251iS」は世界で初めて「3D液晶」を採用。カメラで撮影した写真を3Dに変換することもできる。液晶は2.2型と大きく高精細で、背面にも1.2型の液晶を搭載した


関連リンク
▼ ナムコ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!