Mobile:NEWS 2003年1月31日 02:32 PM 更新

エプソン、「ACDT」で携帯向けカメラに参入

伸び盛りの携帯電話のカメラ部品にエプソンも参入。新型の「ACDT」センサを使い、2003年度中の量産を目指す

 セイコーエプソンは新開発したイメージセンサ「ACDT」の開発を完了し、携帯電話向けのカメラモジュール市場に参入する。2003年度中の量産を目指す。

 ACDT(Advanced Carrier Detection and Transfer Technology)は、CCDの高画質とCMOSの低電圧・低消費電力という両方の長所を併せ持つ新型のイメージセンサ。イノテックが開発した「VMIS」(Threshold Voltage Modulation Image Sensor)技術を基に、イノテックと共同で開発した。ACDTを使った映像素子は2001年のCEATEC JAPANで参考出展された。

 VMISは、CMOSセンサと同様に読み出し方式にX-Yアドレス方式を用いて消費電力を抑える。汎用のCMOS製造ラインで生産できるため、生産コストも抑えやすい。一方、画質を高めるために画素構造はCMOSと異なる新方式を使う。3-4個のトランジスタを使うCMOSに対し、VMISは1個のトランジスタとフォトダイオードという簡単な構成になっており、微細化した際も画質の劣化が少ないという。

 既に1500万を突破したカメラ付き携帯電話では、当初多かったCMOSから、画質に優れたCCDセンサへの移行が進みつつある。しかし製造法が特殊なCCDは供給メーカーも限られ高コストな傾向にあり、消費電力もCMOSの約3倍と大きい。



関連記事
▼ auの「CDMA2000 1x」が400万突破〜うち半数がカメラ付き
auの第3世代携帯電話サービス「CDMA2000 1x」利用者が400万を突破した。サービス開始からおよそ8カ月で達成

▼ 写メール端末、800万台を突破〜ムービー写メールは138万台
J-フォンの写メール端末が800万台を突破した。2002年10月に700万台を突破してから3カ月で達成した

▼ iショット端末が500万台突破
ドコモのカメラ付き携帯電話向けサービス「iショット」対応端末が500万台を突破した

▼ 携帯電話に内蔵されるカメラも本格派に──CCD型登場
シャープの「J-SH04」に続き、カメラを内蔵した携帯電話「J-SA03 」も発表された。その流れは今年さらに加速しそうだ。三洋電機の開発したCCDモジュールは、CMOS型に対して大幅な感度と画質の向上をもたらす

▼ 携帯向けに「スーパーCCDハニカム」登場
デジカメ市場で育ってきた技術が、本格的に携帯電話への進出を始める。デジタルカメラ「FinePix」に使われてきた富士写真フイルムの高性能CCD「スーパーCCDハニカム」が、携帯電話向けにも供給されることになった。同社が3日発表したもので、従来比2倍以上の高感度や信号処理による高解像度化が特徴だ

▼ 100万画素の戦いへ〜ローム、携帯向けSXGAカメラを展示
ロームはCMOSを使った携帯向け130万画素カメラモジュールをCEATECで展示した。CCDカメラモジュールの開発を進めるシャープも、高画素化に意欲的だ

▼ 携帯電話の2003年を占う
2001年が携帯Javaの年なら、2002年はカメラ付携帯の年だった。では2003年は何の年になるのだろうか。端末に目を向けてみると、1つには携帯の“OS”とも言えるプラットフォームが話題になりそうだ


関連リンク
▼ エプソン
▼ イノテック エプソンとの共同開発のリリース
▼ イノテック

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!