Mobile:NEWS 2002年10月2日 05:09 PM 更新

100万画素の戦いへ〜ローム、携帯向けSXGAカメラを展示

ロームはCMOSを使った携帯向け130万画素カメラモジュールをCEATECで展示した。CCDカメラモジュールの開発を進めるシャープも、高画素化に意欲的だ

 携帯電話に内蔵するカメラの画質競争は来年はさらに激化。メガピクセルの勝負になりそうだ。CEATEC JAPAN 2002の電子部品ホールで注目を集めていたのが、携帯電話向け130万画素CMOSカメラモジュールを展示したローム。

 同社は現在CIF(10万画素)、VGA(31万画素)のCMOSカメラモジュールを開発中で、来年2月には量産の予定だ。5ルクスでの撮影が可能な高感度型で非球面2枚レンズにより、歪みの少ない画像を実現する。

 そして2003年中をめどに開発を進めているのが、SXGA(130万画素)のCMOSモジュールだ。サイズを12.5×12.5×9.1ミリに抑え、レンズはF2.8の3枚組。


左は130万画素のカメラモジュール。右は撮影した映像を会場のモニターにリアルタイムで映し出しているところ。メガピクセルを超えると、デジカメ代わりの用途にも幅が出てくる

 VGAサイズのモジュールは各社厚みが7ミリ程度だが、SXGAでも厚みは9ミリに抑えた。課題の1つは消費電力だ。CIFサイズが31mW、VGAが75mWなのに対して、SXGAは「まだ300mW程度」(説明員)。

 STマイクロエレクトロニクスもSXGAのCMOSセンサを展示。こちらもWebカメラや携帯電話をターゲットとしているが「センササイズが2分の1インチと大きいので、国内の携帯電話は難しいだろう」と説明員。主に海外向けを狙う。VGAサイズのモジュールは、来年頭には出荷予定だ。


「来年はメガピクセルの勝負」〜シャープ

 CMOSに対して、高画質化の流れの中で主流になりつつあるCCD陣営もメガピクセルに意欲的だ。これまでCIF/VGAのCMOSカメラモジュールを携帯に搭載していたシャープは、VGAサイズのCCDカメラモジュールを展示した。


シャープのVGAサイズCCDカメラモジュール。同社の「SH251i」「J-SH09」「J-SH52」などに搭載されている

 CMOSの高画質化を進めていたシャープだが、昨年末までにCCDに方向転換。消費電力が増しても、高画質化が図れるCCDに開発の主軸を移した。5分の1型のCCDを使い、モジュールサイズは11.2×8.9×7.45ミリ。VGA・CMOSのモジュールよりも小型化されている。

 シャープが目指すのも高画素化だ。開発状況は明らかにしなかったが、「来年はメガピクセルの勝負」と担当者。130万画素・SXGAが次の画素数の目安となる。

 しかし高画素化には問題も多い。1つは消費電力だ。「CMOSからCCDにした時点で、消費電力は3倍以上になった」(同社)が、高画素化によってさらに消費電力が増してしまう。それでも画質を上げることが端末メーカー、キャリア、そしてユーザーからは求められている。

 もう1つの課題はレンズだ。プラスティックレンズを1枚、あるいは2枚使う場合が多かったが、メガピクセルではどうか。ガラスレンズを使うこともありえそうだ。

 特許などの関係もあり、CMOSに比べてCCDの製造メーカーは限られる。携帯向けではシャープや三洋電機などが有名なところ。既にデジカメの出荷台数を抜くまでに普及したカメラ内蔵携帯だが、端末メーカーからはカメラモジュールの品不足を懸念する声も聞かれる。2003年は端末メーカーもモジュールメーカーも、カメラは高画素化をめぐる戦いになりそうだ。



関連記事
▼ 2002年度、携帯出荷の半数はカメラ内蔵〜矢野経済研究所
矢野経済研究所は、端末メーカーなどへのヒアリングから、2002年度に出荷される携帯電話の約半数はカメラ内蔵型になると予測する。カメラ機能はハイエンド/スタンダードに2極化すると見ており、予想スペックなども示された

▼ 携帯向けに「スーパーCCDハニカム」登場
デジカメ市場で育ってきた技術が、本格的に携帯電話への進出を始める。デジタルカメラ「FinePix」に使われてきた富士写真フイルムの高性能CCD「スーパーCCDハニカム」が、携帯電話向けにも供給されることになった。同社が3日発表したもので、従来比2倍以上の高感度や信号処理による高解像度化が特徴だ

▼ シャープのIMT-2000端末。そしてモバイルカメラはどこへ行く?
シャープがCEATECで参考展示したIMT-2000端末は、イメージモックながらリアルなデザイン。モバイルカメラの今後や、メモリ容量のロードマップなども展示された。

▼ 携帯電話に内蔵されるカメラも本格派に──CCD型登場
シャープの「J-SH04」に続き、カメラを内蔵した携帯電話「J-SA03 」も発表された。その流れは今年さらに加速しそうだ。三洋電機の開発したCCDモジュールは、CMOS型に対して大幅な感度と画質の向上をもたらす。

▼ 携帯テクノロジー関連記事
カメラ、Java、BREW、アプリケーションプロセッサ……。そしてGPSや赤外線、非接触ICまで、携帯を大きく変えようとしている新型テクノロジーを総覧する

▼ 特集:CEATEC JAPAN 2002
有機EL、新世代ビデオレコーダ、光ピックアップモジュール、VoIP――。情報と通信を融合した総合展示会「CEATEC JAPAN 2002」が開幕。3回目となる今回は“ブロードバンドの先に次が見える。”をテーマに、最先端の技術や製品、サービスが多数展示されている

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!