Mobile:NEWS 2003年2月18日 01:55 PM 更新

新FOMA3機種はOMAP採用

TIの3G携帯向けアプリケーションプロセッサが、ドコモの新型FOMAには搭載されている。OMAPがアプリケーションプロセッサとして携帯電話に採用されたのは、これが初めて

 日本テキサス・インスツルメンツ(TI)は2月18日、NTTドコモの新型FOMA端末3機種、「P2102V」「N2051」「F2051」に、アプリケーションプロセッサとして同社のOMAPが採用されたことを明らかにした。OMAPがアプリケーションプロセッサとして携帯電話に採用されたのは、これが初めて。

 OMAP(オーマップ)という名前は、コアの名称および製品名として使われている。今回搭載されたのは3G向けアプリケーションプロセッサである「OMAP1510」(2002年3月の記事参照)。

 同社ワイヤレス・ターミナルズ製品事業部アプリケーションプロセッサー製品部の水上修平部長は、OMAPが評価された点として、「他社の製品ではクロックを上げて(必要な処理をして)いるため、消費電力で不利になる。携帯で必要なのは低消費電力」だと説明する。


OMAP1510が採用されたドコモのFOMA端末。左から「F2051」「N2051」「P2102V」

3Gで本領発揮。DSP+CPUのOMAP

 OMAPは第3世代携帯電話向けに本命と目されるアプリケーションプロセッサだ。携帯電話のコンテンツがリッチになっていく中、「アプリケーションCPUが必要なパフォーマンスが求められた」とワイヤレス・ターミナルズ製品事業部アプリケーションプロセッサー製品部プロダクトマーケティングのグループ長である宮畑勝則氏。

 これまでは通信処理を行うベースバンドチップの余力で、WebブラウザやJavaなどを動作させていたが、日本では3G端末の立ち上がりと共に、アプリケーションプロセッサの市場が立ち上がっている。

 既に日立製作所の「SH-Mobile」は、au向け端末をはじめ複数機種に搭載されている(2002年6月の記事参照)。Intelも、PDAで大きなシェアを持つ「PXAシリーズ」(XScaleコア)で携帯市場を狙っている(2月13日の記事参照)。

 OMAPの特徴はARMコアのCPUのほかに、DSPを内蔵していることだ。3Gで要求されるハイパフォーマンスな処理といえば、筆頭に挙がるのが動画だ。「Packet Video」や「Real Player」「Windows Media」などのプレーヤーがOMAPに移植されており、OMAPを搭載した端末はすぐに最適な動画プレーヤーを利用できる。「F2051」にもPacket Videoのプレーヤーが採用されている。

 「XScaleに比べて、半分の消費電力で2倍のパフォーマンス。ビデオのエンコード/デコードはDSPでやるのが最も効率がいい」(宮畑氏)

動画専用チップよりツインCPU

 携帯電話向けの処理で最もパフォーマンスが要求されるのは動画のエンコード/デーコード処理だ。端末メーカーの中には、アプリケーションは従来通りベースバンドチップで動かし、動画専用のLSIを組み込むところもある。

 しかしアプリケーションプロセッサを組み込むメリットはパフォーマンスだけではない。1つは設計のしやすさだ。通信部分とアプリケーション部を別々に開発できるため、開発コスト・開発期間の削減につながる。

 もう1つは、柔軟性の高さにある。「電話だけでなく、何かをしようとするとアプリケーションプロセッサがあったほうが対応しやすい」(宮畑氏)。機能強化の著しい携帯電話では、専用のチップよりも汎用的に使えるアプリケーションプロセッサのほうが応用が利く。

 なお、TIでは新しいOMAPプロセッサ「OMAP73x」「OMAP161x」シリーズにハードウェアによる暗号処理機能を盛り込む(2月4日の記事参照)。「セキュリティ、特にコンテンツのセキュリティが重要になる」と宮畑氏。この暗号処理機能は、乱数発生、DES/3DES、SHA1/MD5などのアクセラレータなどからなり、VPNなども利用できるようになる見込みだ。




関連記事
▼ TIの「OMAP」、NEC、松下、富士通が3G携帯に採用
国内でもTIのアプリケーションプロセッサ「OMAP」が第3世代携帯電話へ採用される。強力な汎用プロセッサではなく、DSPを組み込むことでマルチメディア処理性能を向上させたOMAPは、携帯電話搭載プロセッサのグローバルスタンダードを目指す

▼ ツインCPUが携帯にもたらすもの
携帯電話にアプリケーションプロセッサを搭載する、いわゆるツインCPUの時代が迫ってきた。特に第3世代端末では、ツインCPU化はもはや当たり前のことと受け止められている。ツインCPUは携帯電話に何をもたらし、今後どうなっていくのだろうか

▼ Tungsten TはTIのOMAP1510を採用〜PalmのARM対応デバイス
米PalmはARM対応の新モデル「Tungsten T」をリリースした。CPUにはTIのOMAP1510が採用されている

▼ TI、携帯アプリ高速化の新チップセット
携帯デバイス上でグラフィックスやマルチメディアコンテンツ、Javaアプリケーションの速度が8倍に高速化できるとしている


関連リンク
▼ 日本テキサス・インスツルメンツ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!