Mobile:NEWS 2003年3月3日 04:23 PM 更新

人からモノへ〜加速するKDDIの通信モジュール戦略

携帯電話市場の飽和が見える中、通信モジュールをモノに搭載することで新市場を開拓しようという動きがある。KDDIは、通信キャリア+システムインテグレータとして通信モジュール市場でのビジネスモデルを確立しようとしている

 人への提供が頭打ちといわれる中、通信キャリアが次に狙うのは、カーナビやデジタルカメラ、PCなど「モノへの携帯電話搭載」だ。

 中でも積極的なのがKDDI。トヨタの情報通信サービス「G-BOOK」(2002年8月28日の記事参照)やパイオニアのカーナビ「Air Navi AVIC-T1」(2002年9月17日の記事参照)、「ココセコム」(用語参照)端末にはKDDIの回線を使うcdmaOne/CDMA2000 1xのモジュールが使われている。

 IP.netの講演では、モジュールビジネスを担当するKDDI事業企画本部の原口英之氏が、通信モジュールビジネスのモデルと今後の見通しについて語った。


IP.netの講演に登場した原口英之氏

次は地上波デジタル市場?

 既に通信機能搭載機器のパイロットモデルとして出した車やカーナビ、セキュリティの市場では、競争が始まっている。「この秋口から来年にかけては熾烈な競争になってくる」と原口氏は見ている。KDDIの通信モジュールを採用したトヨタ、パイオニア、セコムは各業界でも最大手。そのブランド力を利用して、通信機器搭載のメリットをユーザーやサービス事業者に分かってもらいたかったのが本音だという。

 次の市場としてKDDIが狙っているのは、地上波デジタル放送だ。地上波デジタルを考えたときに、放送と通信の融合という面でキーになるターゲット市場は車、カーナビ、デジカメ、ビデオカメラ、PC、PDA、ゲーム端末など。携帯性があるものに通信モジュールを搭載することによってキャリアとしてのビジネスモデルを確立したい考えだ。「EV-DOや2000 1xのモジュールを通信に使うことで、付加価値が高められる」。

 ほかにもハンディターミナルや決済市場、テレメトリング市場にも通信モジュールが入っていけるという。例えばテレメトリング市場では、「EV-DOを使って広告をプッシュ配信すれば、自販機を広告媒体としても使える」。

モジュールビジネスではSIも担う

 通信モジュールビジネスにおいて、KDDIが担うのは「システムインテグレータ+通信キャリア」という役割。KDDIがビジネスモデルと合わせて法人やASPに通信モジュールを営業し、システム構築や通信回線、データセンタを提供する仕組みだ。

 アプリケーションの共通化を図り、モジュール開発の負担を軽減させるために、通信モジュールを開発する会社とアプリケーション開発パートナーは限定すると原口氏。これらのパートナーシップの中で、サービス提供に必要なモジュールの小型軽量化やモジュールの1チップ化、Bluetoothや無線LAN、VoIP機能の付加などを迅速に行っていく方針だ。


音声端末のモデルでは、キャリアが仕様は決めるものの、それに則ったアプリ開発は端末メーカーに任されているが、通信モジュールモデルでは、アプリ開発までをKDDIが行い、通信モジュールメーカーへの開発支援や実装までのサポートを行う。こうすることで、KDDIは自社通信インフラの特徴を活かしたサービスが提供でき、それが競合他社への強みにもなる

 通信モジュールメーカーに対しては、KDDIがアプリケーション技術を提供し、開発や実装にかかるサポートを提供するという。「販売のリスクはKDDIが負う。モジュールメーカーには開発に専念してもらって、ある一定の市場をパートナーとして享受してもらうことで収益をシェアする」。

 KDDIは、こうした通信モジュールのビジネスモデルを海外でも展開したい考えだ。CDMAキャリアのパートナーとなる国とサービスアライアンスを結びながら、製品化する上でのエンジニアリングサポートを提供するとし、海外展開に向けて動き始めているという。


世界でCDMAを採用しているのは33カ国71事業者。KDDIは、これらの通信オペレータと通信モジュールビジネスでの協業を目指す



関連記事
▼ KDDI、「Kei-Credit」用機器などを展示
CEATECのKDDIブースでは、ムービーメール端末などのほか、携帯をクレジットカード代わりにする「Kei-Credit」や、カーナビ用の通信モジュールを見ることができる

▼ 自律測位でさらに進化する、gpsOne
「GPSケータイ」に使われているgpsOne技術が2003年の年初には次のステップに進もうとしている。自律測位機能を備えると共に、安価なデータ通信専用通信方式「1x EV-DO」との組み合わせで、携帯電話以外への展開を積極的に進める構えだ

▼ 次のターゲットは“通話をしない電話”──2002年、cdmaOneの狙い
音声通話用の携帯電話は国内ではもう頭打ち。残ったパイはもう小さい。KDDIが狙うのは、非音声のデータ通信専用端末だ。自動車やPCなどへの内蔵も含めた新たな市場の開拓を狙う


関連リンク
▼ au

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!