Mobile:NEWS 2003年3月24日 03:23 PM 更新

エイチアイ、BREW版の3Dエンジンを提供開始

ドコモやJ-フォン端末に使われている3Dエンジンが、BREW端末向けにも提供される

 エイチアイは3月24日、BREW版の「Mascot Capsule Engine Micro3D Edition」の提供を開始したと発表した。KDDIのBREW対応端末「A5304T」で動作するもので、アプリケーションとエンジンを1つのパッケージとして提供される。第1弾として、3D待ち受けコンテンツ「3Dキャラゲッター」をバンダイネットワークスと共同で提供する。

 エイチアイでは、BREW端末向けに3Dコンテンツを提供するプロバイダに対して、個別に3Dエンジンを提供する用意があるという。

 Mascot Capsule Engine Micro3D Editionは、現在携帯電話向けとして主流になっている3Dエンジン。J-フォンがJava搭載端末に標準搭載しているほか、NTTドコモの504iシリーズにも搭載されている。ただしBREW向けに提供されるエンジンは、最新のものではない。

 BREWには、あるアプリケーションから別のアプリケーションをライブラリのように呼び出して利用する「Extensionン」という仕様もある(2002年8月の記事参照)。Extension機能を利用すれば、3Dエンジンなどをいったんダウンロードすれば、さまざまなBREWアプリケーションから機能が利用できるようになる。エイチアイは「いずれはExtensionにも対応したい」と話している。



関連記事
▼ 姿を見せたダウンロード型BREW
Javaの対抗馬として、Qualcommが着々と準備を進めるアプリケーション実行環境「BREW」。国内ではKDDIが採用を予定しているが、BREW本来の力を発揮するダウンロード対応端末はまだ登場していない。クアルコムはWIRELESS JAPANでダウンロード可能なBREWアプリケーションのデモンストレーションを行った

▼ 処理をコンポーネント化する「Extension」〜QualcommのBREW戦略
2003年第1四半期からの本格展開が待たれるダウンロード型BREW。ワールドワイドな展開をにらんださまざまな仕様が盛り込まれている

▼ エイチアイら、504i端末各社に3Dポリゴンエンジンを供給
エイチアイとバンダイネットワークスはこのほど、両社が開発した3Dポリゴンエンジン「Mascot CapsuleR Engine/Micro3D Edition」を、504iシリーズ端末の製造メーカー5社に供給すると発表した

▼ プレイステーション並の3Dが携帯に〜エイチアイの新3Dエンジン
エイチアイが公開した携帯向け「Mascot Capsule」のバージョン3は、フルソフトウェアながら「プレイステーションレベル」の3D表現を可能とする。まずはアプリケーションプロセッサを中心に実装され、mobidecではデモンストレーションも行われた

▼ 各所が改良〜「A5304T」ファーストインプレッション
A5304Tに触れて最初に受けた印象は、「レスポンスが良くなった」ということ。大きな液晶と相まって、EZwebのブラウズも快適だ。BREW以外の点でも、A5304Tはなかなか魅力的な端末に仕上がっている


関連リンク
▼ エイチアイ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!