Mobile:NEWS 2003年4月4日 04:41 PM 更新

FOMA、契約者数目標を達成〜32万契約

ドコモの3Gサービス「FOMA」が2003年3月末の契約者数目標、32万を達成した。待ち受け時間を伸ばした新型FOMA端末の投入が効果をあげた。3月の1カ月間で13万契約弱を獲得したことになる

 NTTドコモは、3月末時点で第3世代携帯電話サービス「FOMA」の契約者数が32万を超え、目標数を突破したことを明らかにした。

 ドコモは当初、2003年3月末のFOMA契約者数を130万と見積もっていたが、昨年11月になって32万に下方修正している。しかし、2002年12月末の時点で契約者は15万2000に過ぎず、2月末の段階でも19万1500であり(3月7日の記事参照)、達成が危ぶまれていた。3月の1カ月間だけで、実に13万契約近くを獲得したことになる。

 目標達成の切り札とされていた、待ち受け時間を大幅に伸ばした新型FOMA端末の投入が、目標達成に大きな役割を果たした。「追い込みがきいた。(新型FOMAの)3機種が大きな割合を占めている」(ドコモ)。

 新型のFOMAは「F2051」が1月18日に、「N2051」が1月23日に、「P2102V」が3月15日に発売されている。

 なお、ドコモは2003年度のFOMA契約目標数などは明らかにしていない。



関連記事
▼ ドコモ、FOMAを大幅下方修正──130万から32万に
ドコモは、ついに今年度末のFOMA契約者数予想を約4分の1に当たる32万に減らした。FOMAが下方修正するなか、PHSの「定額制」の話や、50xシリーズにカメラを付ける話も飛び出した

▼ FOMA事業計画は下方修正しない――定例会見でNTTドコモの立川社長
7月26日に行われた定例会見でNTTドコモの立川敬二社長が、2002年度の見通しを明らかにした。順調な第2世代に対して、期待の“3G”FOMAは低迷を続けているが、立川氏は「FOMAの年間計画を修正するつもりはない」と強気の態度をみせる

▼ ドコモ、バッテリー強化、動画メール送信対応のFOMA〜3機種発表
NTTドコモは続待受時間が約170−180時間と向上、動画のメール送信に対応したFOMA端末3機種を発売する。12月中旬以降順次投入予定

▼ FOMA躍進。3万7000の契約増──2月契約者速報
2月の携帯電話/PHS契約数は、FOMAの躍進が目に付く。J-フォンのVodafone Global Standardも5200契約と堅調だ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!